Winning Post10

スポンサーリンク
ウイニングポスト10

クラシックの結果とニシノライデンの古馬王道完全制覇(1986年攻略-2) 【Winning Post10】

前回までのあらすじクラシック戦線では驚異の成長を遂げたフクスデルタとダイナアクトレスが思いも寄らぬ形で1冠を手中に収めました! 秋戦線に向けてしっかりと休養を取りながら彼らの燃えるような情熱と共に挑戦を続けてもらいます。 まさに熾烈な戦いの...
ウイニングポスト10

シリウスシンボリや自家生産馬の活躍とニシノライデンの春古馬三冠(1986年攻略-1) 【Winning Post10】

前回までのあらすじ1985年はまさに競馬界の至宝とも言える2頭の馬が引退を迎えました。 まず私たちを魅了し続けたのは負け無しの20戦20勝を成し遂げた伝説的な存在シンボリルドルフです。 その完璧な走りには競馬ファンだけでなく世界中の人々がた...
ウイニングポスト10

シリウスシンボリのクラシック挑戦結果とシンボリルドルフの古馬王道完全制覇(1985年攻略-2) 【Winning Post10】

前回までのあらすじ皇帝シンボリルドルフはまさに驚異的な力強さを発揮しまるで風のように負け知らずの連勝街道を駆け抜けています。 古馬王道完全制覇は目前でした。 一方、カツラギエースやニシノライデンなどの古馬勢も日々精進し皇帝の脇で精一杯頑張...
ウイニングポスト10

シリウスシンボリのクラシック挑戦とシンボリルドルフの古馬王道への道のり(1985年攻略-1) 【Winning Post10】

前回までのあらすじ1984年はなんと言ってもシンボリルドルフという驚異的な存在が皇帝のように威厳を放ち圧倒したのが印象的でした。 彼の走りはまさに鮮烈でそのスピードと力強さはまるで神秘的な風のようでした。観る者全てを興奮の渦に巻き込んでくれ...
ウイニングポスト10

シンボリルドルフのダブル三冠とヒカリデュールの古馬王道完全制覇 (1984年攻略-2) 【Winning Post10】

前回までのあらすじクラシック戦線はシンボリルドルフの圧倒的な強さによって熱狂の渦にありました。 その鮮やかな走りはまるで神秘的な風景を描く画家の筆のように人々の心を捉えて離しません。 しかしそれだけではありません。二番手として名を馳せるニシ...
ウイニングポスト10

ヒカリデュールの春古馬三冠とシンボリルドルフのクラシック(1984年攻略-1) 【Winning Post10】

前回までのあらすじアンバーシャダイは強さを見せつけるように勝利し続け古馬のトップを決定づけました。古馬王道制覇を達成! しかしながら去年で引退となりました。 カツラギエースは菊花賞は勝てませんでしたがハリウッドダービーを勝利。 距離をしぼれ...
ウイニングポスト10

アンバーシャダイの古馬王道制覇とカツラギエースのクラシック(1983年攻略-2) 【Winning Post10】

前回までのあらすじクラシック戦線においてカツラギエースが壮絶な戦いを見せ皐月賞と日本ダービーの2冠を獲得しました。 距離適性から考えて菊花賞は厳しいかもしれませんが希望はあるので彼に三冠に挑戦してもらいます。 彼の持久力とタフさを信じていま...
ウイニングポスト10

カツラギエースのクラシック挑戦とアンバーシャダイの春古馬三冠(1983年攻略-1) 【Winning Post10】

前回までのあらすじフクスベータやカツトップエースの引退が大きな話題となりました。 フクスベータはその圧倒的な強さと美しさで多くの人々を魅了し続けました。 同様に、カツトップエースも、その卓越した能力と瞬発力で我々の心を掴みました。 この2頭...
ウイニングポスト10

アンバーシャダイの秋古馬三冠と名馬の引退(1982年攻略-2) 【Winning Post10】

前回までのあらすじ期待していたタカラテンリュウが思うような成績を残せず、フクスシータもクラシックに勝てるレベルの馬ではありませんでした。 全体的に若駒達が不発でした。 しかし古馬たちは地味に頑張ってくれていました。 とはいえ香港トリプルクラ...
ウイニングポスト10

タカラテンリュウでクラシックを狙う(1982年攻略-1) 【Winning Post10】

前回までのあらすじフクスベータは、競馬界において圧倒的な強さを誇る存在となり古馬王道完全制覇を成し遂げました。 次世代につながるGIを勝てるような後継馬として期待されていた若手馬たちは、GIでの勝利に至ることができずフクスベータを超える存在...
ウイニングポスト10

ハイセイコーの子だけが頑張る秋競馬(1981年攻略-2) 【Winning Post10】

前回までのあらすじハイセイコーの血を引くフクスベータは、古馬王道完全制覇を目指し、勝利に向けて日々猛特訓を積んでいます。しかし、彼らの挑戦の道のりにはジャパンカップという難関が待ち受けています。このレースは、国内外のトップレベルの競走馬たち...
ウイニングポスト10

自家生産馬の春古馬三冠とカツトップエースのクラシック攻略(1981年攻略-1) 【Winning Post10】

前回までのあらすじ1980年はフクスベータとハツシバオーの年でした。 この2頭でほぼ全ての勝ち星を挙げてくれました。 ハツシバオーは引退となりましたので今年はフクスベータに引っ張って貰いますが。 この子もいつまでという状態ではあります。 ...
ウイニングポスト10

ダートキングハツシバオーの引退とフクスベータの年度代表馬(1980年攻略-2) 【Winning Post10】

前回までのあらすじダートキングのハツシバオーがダート戦線で勝利を重ねてくれています。 フクスベータも自在の脚を使ってGIを好走しています。 ただクラシック勢が思うように活躍出来ず。 タマモコトブキがやっと桜花賞を取ってくれたぐらいでした。 ...
ウイニングポスト10

ハツシバオーと自家生産馬の活躍 (1980年攻略-1) 【Winning Post10】

前回までのあらすじ去年はテンポイントが大活躍してくれました。 まさかの凱旋門賞勝利というのもあり。 なんだかんだでGI20勝という快挙を成し遂げました。 テンポイントの年だったなぁと思います。 今年のスター候補はハツシバオー…フクスベータ...
ウイニングポスト10

テンポイントの凱旋門賞挑戦 (1979年攻略-2) 【Winning Post10】

前回までのあらすじ自家生産馬フクスベータがそこそこ活躍してくれました。 三冠馬になって欲しかったですけどどうやっても皐月賞取れませんでした。 菊花賞を狙えるかどうか。 テンポイントは相変わらず弾けていますが6歳までとなるでしょう。 後に続...
ウイニングポスト10

テンポイントの香港トリプルクラウンと自家生産馬のダービー(1979年攻略-1) 【Winning Post10】

前回までのあらすじテンポイントが順調に勝利と賞金を稼いでくれているなか、フクスアルファ、フクスベータという自家生産馬がGIを勝利しました。 上記に続く馬も欲しいので奮発して金のお守りを利用。 手駒を若干増やしました。 今年はフクスベータが三...
ウイニングポスト10

テンポイントの海外挑戦と自家生産馬の活躍(1978年攻略-2) 【Winning Post10】

前回までのあらすじテンポイントがGIを11連勝するという事態になっていました。 健康もプラスとなっていてまだまだ元気です。 そしてもりもり稼いでくれていました。 序盤攻略にはかなり必要な馬であることは間違いありません。 これだけGIを勝て...
ウイニングポスト10

テンポイントの海外挑戦と序盤攻略(1978年攻略-1) 【Winning Post10】

前回までのあらすじテンポイントは充実した1年を送っていました。 古馬王道完全制覇をゲットしGIも連勝中。 どんどん成長していきパワフルになっています。 日本レコードをバンバン出してお金もじゃんじゃん稼いでくれました。 今年は怪我だけ注意しつ...
ウイニングポスト10

テンポイントの古馬王道完全制覇による序盤攻略(1977年攻略-2) 【Winning Post10】

前回までのあらすじテンポイントが春古馬三冠をゲットして春競馬を締めくくりました。 彼の強さやスピードは、まさに競馬史に刻まれるべきものであり、彼を超える競走馬が現れることを待ち望む声も聞かれました。 しかし元気そうな候補がいないというのが事...
ウイニングポスト10

テンポイントの春古馬三冠(1977年攻略-1) 【Winning Post10】

前回までのあらすじ1976年はテンポイントがGI2勝してくれたのは大きかったです。 菊花賞と有馬記念を獲得しました。 来年は春古馬三冠を目指します。 今年はテンポイント中心となりそうですが。 クラシック勢は期待ができません。 唯一の3歳馬...
スポンサーリンク