競馬予想

菊花賞を予想してみた(2022/10/23)

競馬予想コーナー

主に日曜日に行われる重賞レースの競馬予想をしています。

個人の予想なので当たらないことの方が多いとは思いますが、
去年の回収率はワイドのみしか買わずに9割近くとなりました。
その実績をひっさげ?予想をしていきます。

菊花賞(GI) 10/23 阪神競馬場 芝3000m 出走する注目馬

ガイアフォース

セントライト記念勝利馬。
最内枠を確保しましたね。
春シーズンは骨折により活躍出来ませんでしたがここで復活を見せつけるかも知れません。
キタサンブラックは菊花賞勝ってますしね。
その血が入っているのなら…

アスクビクターモア

セントライト記念2着。
ダービー3着という結果。
セントライト記念ではガイアフォースに目標とされて差されたので力は上位か。


ジャスティンパレス

神戸新聞杯勝利馬。
皐月賞、ダービーはいまいちでしたが潜在能力はある模様。
長い距離がどこまで行けるか。


今回はGI馬がいないという状況。
かなり難しい予想になりそうです。

データ分析:菊花賞 今週の注目レース JRA

10番人気以下は苦戦

これは当日にならないと分かりませんが。
10番人気以下は苦戦するようです。
人気薄は消しても良さそうですが今回はどうでしょう?

前走に重賞出走してきた馬

重賞を踏んできた馬が中心となりそうです。
神戸新聞杯が最有力
セントライト記念も良さげ。
2勝クラスからは微妙という結果。
前走が重賞以外は微妙かも知れません。

前走3着以内

前走3着以内というのも重要となりそうです。
それ以外だとかなり苦戦してそうです。

クラシックの戦績(クラシックで5着以内)

クラシックで6着以下の馬を選ぶよりはクラシック初挑戦の方が良い傾向があるとのこと。
クラシック初挑戦が多いので困りますね。

前走重賞で単勝3番人気以内

該当馬はガイアフォース、アスクビクターモア、ヴェローナシチー、プラダリア

菊花賞予想

馬番:馬名
1:ガイアフォース
12:ヴェローナシチー
14:アスクビクターモア
3:プラダリア
13:ディナースタ
×5:ヤマニンゼスト

買い目は◎からワイドで他の印へ流してます

予想のポイントやまとめ

本命:ガイアフォース

キタサンブラック産駒だから菊花賞も大丈夫でしょう。
最内枠というところで良い位置で競馬も出来そう。
出が悪くなければ全然大丈夫かと。
3着には入るんじゃないかと。

対抗:ヴェローナシチー

神戸新聞杯では5着でしたが距離が伸びてもよさそうなのはこの馬じゃないかなと。
他の予想サイトとか見て確認しまして。
安定した戦績でもありますし対抗にしてみました。
エピファネイアも菊花賞勝っていますしね。

単穴:アスクビクターモア

ディープインパクト産駒
あまり長い距離はどうなんだろうというイメージがあり単穴まで。
あっさり勝ちそうな気もしますが負けそうな気もする。
何とも微妙な感じがあるので3番手評価

連下:プラダリア

ディープインパクト産駒
こちらの方がアスクビクターモアより距離が行けそうな気がします
とはいえ直近の戦績が戦績なので4番手評価。

連下:ディナースタ

ドゥラメンテ産駒。
ドゥラメンテ産駒なので距離大丈夫か?と言う感じではあります。
ただ札幌日刊スポーツ杯(2600m)で勝利してたりするので札幌の洋芝長距離で勝てるならという感じで5番手に。

穴:ヤマニンゼスト

いやぁ…クラシックにヤマニンが出るって嬉しいですね。
思い入れがある分感慨深いです。
ヤマニンは無条件で応援しているので…というのもありますけど。

前走も良い競馬していて。
あれよあれよと伸びてきてえぇ!?という驚きも沸きましたが。
その辺は武豊騎手の手腕もあると思いますし。
一度乗ってもらって癖とかも分かったことでしょう。
距離適性としては微妙かも知れないんですけど。
3着までに入ってくれないかなぁと。
シンボリクリスエス産駒ってのも燃えますよね。

結果追記2022/10/23 16:33

※予想的中=印つけた6頭でワイド的中が構成出来たら的中としてます

菊花賞結果

結果馬番:馬名
1着14:アスクビクターモア
2着4:ボルドグフーシュ
3着17:ジャスティンパレス
予想的中×
買い目的中×
払い戻し / 賭け金0 / 500
回収率(払戻合計/賭金合計)79.94 % (26860 / 33600)
予想的中率(的中数/予想数)79.41 % (54 / 68)
買い目的中率(的中数/予想数)38.23 % (26 / 68)

いやぁ…1番人気来ませんねぇ。
ガイアフォース全然伸びませんでした。
距離適性なかったですかねぇ。
最後の直線で完全に足止まってました。

前々で動いていたアスクビクターモアがしっかり残したのが凄い。
ボルドグフーシュのあの伸びを制した最後の叩き合い。
しびれる争いになりましたねぇ。

というか、最初にセイウンハーデスがぶっ飛ばしちゃったから残せる馬が少なくなったイメージが。
あれでペース崩れたというかなんというか。

それで結果残せた馬たちが強かったということかなと。

私の予想はことごとく切った馬が来るという展開で。
久々に大外れとなりました。
距離こなせないだろうと切って言ったんですけど。
駄目でした。

ヤマニンゼストはなんと6着に来ました!
おめでとうございます!
出走奨励金がそれなりに入るはずなので嬉しいですね

最後それなりに伸びてたのでもう少し距離が短くなって相手が弱ければ重賞取れそうですねぇ。
と、ヤマニンゼストの事だけ考えて現実逃避してました。

タイトルとURLをコピーしました