ガイアの夜明け 感想

『知られざるアパレル戦争』~今日の「ガイアの夜明け」感想~

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • 異業種からのアパレル参戦について
  • ワークマンの新たな商品開発に密着してました。
  • 他にも異業種参戦する企業の紹介がされてました

ワークマンのファッションショー

2019年9月
東京新宿のファッションショー

大量の水が上から噴き出してました。
土砂降りの中をモデルが登場します。
全身で雨を受け止めます。

観客の目は釘付け…

強風も吹き荒れます…何これというファッションショー
こんな奇想天外なショーを仕掛けたのはワークマン。

大勢の女性を招待していました。

ワークマン過酷ファッションショー

高い機能性をアピールする場所です。
元々ワークマンは作業服専門。
2018年一般向けアパレル市場に本格進出。
「高機能」「低価格」が大人気となりました。

「商品をマネキンに着せてライトを当てればあアウトドアブランド
 スポーツブランドやカジュアルの大手とどれだけ勝負できるか」

ワークマンは売上高右肩上がりで1220億円
勢い増すばかり。
人気が出たことで新たな壁が

有名ブランドと比べられ高いデザイン性を求められるように

モンベルや、ザ・ノース・フェイスを使ってる人からは

「結構良いが…普段着おしゃれ着としては着ない」

なんて意見も。

「ロゴが最高にださい」なんてネットの意見も。

経営陣は危機感を覚えました
ビッグ4に緊急指令を出します。
ビッグ4がタッグを組むのは女性達でした

躍進続くワークマン

躍進を続けるワークマン。
意外なユーザーが機能に着目し着始めたことが切っ掛けでした

溶接工の作業着

火花が飛んでも燃えにくい綿100%
火の粉が入らないように二重の袖になってます。

その機能を気に入り若い女性キャンパーが着るように。
沢山入るポケットも便利だそうです。

作業用防寒着

防水機能も完備。工事現場でも活躍しています。

それにバイクのライダーが目を付けました。
行列が出来るほどでした。

厨房用作業靴

滑りやすい床でも安全な靴です
転ばないところで妊婦が注目しました。
雨の日でもグリップするので転倒しづらいシンプルで人気。

高い機能性と共にヒットに繋がったのは価格
1991円だそうです。

防寒着は6800円(上下セット)
厨房用は1900円

一般向けアパレルとしては経験が浅いワークマン。
苦手克服のため新たな挑戦が始まりました。

ワークマンの商品会議

東京上野に東京本部が入るビルがあります、。

ある会議が開かれていました。

製品への不満ブランドにもの申すというものがあり。
それを見ていました

「ネットでかなり言われている」
「物は良いけどデザインジッパーだけ目立つ」


作業着からアパレルに入った事で、高まったデザインへの要求

会議でお偉さんが女性社員に何気なくした質問

「どうなの?」と

ここから厳しい答えが

「あまりワークマンばれしたくない。男性はいいけど…」

偉い人
「これは大変なことで、初期的な成功に甘んじずちゃんと
 やらなきゃいけない」


東京本部に全国から100人の営業が集められた
新商品説明会

そこに現れたのは、商品開発生産までを取り仕切るビッグ4

この人達でワークマンの売上の9割で稼ぎ出してるそうです。

「インナーの貴公子」
「作業靴の探求者」
「アウターの匠」
「撥水の魔術師」

謎の二つ名が付いていますが…
そのビッグ4の一人「アウターの匠」八木さん
レインウエアやヤッケなどを作ってます

「シャリ感のあるサラサラとした着心地の良い生地…」
新商品はレインスーツ:3900円

背中のファスナーを開けると大きく広がるそうで。
リュックを担いでいても上から羽織れば雨を防げます。

従来発売前の商品説明会は社外秘だが…
会場の一角に関係者では無い人たちがいました。

スマホで自分の姿を映しながら品定めする人。
かなり会議から浮いてる人たち。

「バックパッカーに勧めたい」と語るのはユーチューバー「うめのさん」

呼ばれていたのはワークマン利用した事のあるブロガー、ユーチューバー

新商品の感想を聞くために招集しました。

「ファスナーが素材感やデザインに合ってない。色が黄色だし」
「着たいと思う場面が思いつかない」
「なんでトロピカル柄なんだろう」

容赦ない駄目出し

今回このユーザーと商品を共同開発するそうです。
彼女たちの意見で決まります。

「作業服は39年で知ってるがアウトドアウエアは知らない
 こうしたらいいを取り込んで作る」
ユーザー参加型の開発

ビッグ4とブロガーの共同開発が始まりました

アウターの匠と組むのは、キャンプブロガーのサリー氏

「作業服と言うよりはアウトドアの人が格好いいから買ってみたいと思える…

サリー氏は、ブログ「ちょっとキャンプ行ってくる」を運営

ブログで様々なグッズをリポートしている
月100万人以上が閲覧することも

ワークマンはお気に入りだが…

「お洒落でもなんでもないwww」なんて辛辣な意見も。

どんなイメージの物が欲しいかという質問に。

「ざくっと羽織れてたき火を楽しむ
 キャンプをする人が来てみたいと思える商品」

そこで匠が出したのは…
「綿の被りヤッケ」

溶接工向けに作ったヤッケ

そいれを見たサリーさんは

「来やすくて前が開いてアクセントに大きめなボタン…」

デザインの大幅変更を提案しました。

「ちょっと考えていきましょう」

どんな機能を盛り込むかを積めていきます…


「ポケットはあった方が…」

機能面に関してはワークマンが得意なところ。

「ペン差しは付いてる方がいいか?」

八木さんは左側のペン差しを使ってるそうです。
ペンを探すのは左で。

するとサリー氏は

「ワークマンはペン刺しが好きですよね
 キャンプでは使わないので無くて良い」

全く勝手が違う商品開発。
これもユーザーを代表する声です


匠は、多くの作業服を手がけました。

レインウエア

作業着としてだけでは無くてバイク乗り、釣り人にも人気
ワークマン最大のヒット商品
レインウエアでストレッチの機能を持たせた商品は当時無かった

4900円だそうですが年間12億円売上げるそうです。

しかし実績に奢ること無くサリーさんの要望に応えようと必死。

10月下旬
試作品チェック

「イメージが可愛らしい感じに!」

最終作品のサリーさんのジャッジは

「羽織りやすい。楽です」

好感触です。

「すごくいいですね」

新たなアイデアを盛り込んでいました。

「テントを立てるときに使うハンマーループを付けてみた」
「これは便利だと思う」

流石アウターの匠
要望を聞いただけでは無くペン差しをなくしハンマーさせるループを追加
懐中電灯がはいるランタンが入る大きいポケットも
沢山入るポケットも好評でした。


静岡県のキャンプ場

サリーさん出来上がった試作品を試すことに。

「ハンマーもペグもいれられる」

男女兼用で夫にも意見を貰います

「これ便利かも」

という好感触でしたが、気になる点も

「転ぶと大変」

固いハンマーで怪我をする可能性も。
改善して貰う事に。

作業靴の探求者は…

別のブロガーとの共同開発。
アウトドアブロガーの方
登山愛好家で自らアウトドア用品を使い評価するサイトを作っている

町歩きから軽い登山まで出来るハイキングシューズ


ワークマンには無かった商品です。
気をつける部分が違います。

「存在しない知識を補完してもらいながらより良い商品を作りたい」

「クッション性が気になる…」

など登山についての知識靴作りの技術をぶつけながら試作

埼玉県棒ノ折山で試作品を試す姿が。

「狙ったとおり凄く感触が良い」

沢に沿って岩場を登る難所も
撥水と防水をしているから少々の水も大丈夫。
安全靴で培った技術も活かされている。

「ここまでできれば上出来のレベル
 要望を掬い取り僕がうんとと言えるレベルまで盛り込んでくれたのは凄い」
ワークマン発のアウトドアシューズは1900円で秋に発売予定

一方ヤッケも工場生産へ


中国大連 2019年2月。商品開発はゴール間近

海外アウトドアブランドも手がける技術に定番があるところに依託。
ワークマンは閑散期を狙い発注しています。
安く請け負って貰うことで生産コストを落としてます。

工場ラインを回りサンプル通り作られているか確認。
共同開発者の要望も聞き入れました。

ハンマーループなどお尻の位置に。
良い感じになっていました。

縫製チェック

特にハンマーループ・ポケットは念入りに

「重い物いれるから力がかかる」

しかし…「ビリッと言った!

ポケットの縫い目がほつれたのです。
工場のスタッフが慌てて走り出します。

「当て布して塗ってみよう…」

再び確かめます
力がかかる場所の裏地に当て布をすることで解決。

キャンプブロガーサリー氏

開発中の商品についての記事をブログにアップ。
今までも商品開発の過程を公開してきていた
これには狙いがありました

「私のブログでしか見れないようなワークマンの秘密を
 掲載することで読者がこの商品に親近感を持って貰えたら」

ワークマンプラステラスメール松戸

オリーブ、ブラウン、キャメル

3色出しました。2900円です。

コットンキャンパー

キャッチコピーは「キャンプで街で自由でタフに」

サリーさんは報酬は貰いません
ただサリーさんのブログを見れるQRコードが…
読者を増やそうとしてました。

早速女性達が商品に目をとめる

「色可愛い」

趣味キャンプの男性

「前からネットで評判になっていたので買いたいと思っていた

 サリーさんのブログを見て」

サリーさんのブログ効果

色違いで買ってました。

タッグを組んだ商品がワークマンに道を。

「うれしいあんな下手な落書きからここまで」

「ワークマンは苦手だったのでその部分でのアドバイス
 自分には無いセンスが色々と教わったのが役立った」
「これで終わりじゃないですよ」

ワークマンの快進撃はどこまで続くのか

株式会社オアシス

異業種からの参入が他にも。

アバハウス原宿店にあるお洒落なスーツでした。
上下絵合わせて3万円程
ワークウェアスーツという物でした


「めちゃめちゃ使いやすいと思います」

価格だけでは無い動きやすく様々な機能が付いてる

ジェミーズ

高級中古車販売店。
洗車の男性が来てるのもワークウェアスーツ

水が飛んでびしょびしょですが…払うと水が取れます。
撥水性が高く水が染みこみにくいそうです。
洗車をしていて客の来店があったらそのまま出れます。
作業着に着替えなくて良いのです。
業務の効率化に一役買っていた。

作ったのは、中村さん
オアシススタイルウエアという会社です。

アパレルとは関係の無いマンション向け水道工事の会社。

給水管清掃の会社です。
そこの人事担当が中村さんでした。

現場の作業に付きたい若手が非常に少なくて採用に苦戦
そこで作業着のデザイン変更を発案

洗える ストレッチ 形状記憶 …

ワークウェアスーツ

入社希望者 作業着のリニューアル前の3倍に増加。

「作業着なの?かっこいいねという声も」
「これだけ反響があればもっと広がる可能性があると感じた」


あまりにも好評だったのでスーツを分社化。
中村さんは社員から社長に

山形川西町にワークウェアスーツを愛用している人が

トラクターから降りてきたのは斉藤さん

斉藤さんはファッションが好きで昔からスーツを着て農作業していた。・

「2年前ワークウェアスーツを知って喜んだ」

普通のスーツを着ていて動きづらさ汚れたになるのはモヤモヤし得るポイントだった

「この商品が出た時友達農家に教えて貰った
 これはお前の言ってた物じゃないかと。
 待ちに待った賞品がついに誕生したと思った」

気に入っているのは洗濯機で洗えること
洗って脱水まで下が皺になっていないのです。

「かなり嬉しい」

部屋干しで3~4時間で乾く。

「毎日洗ってきています。」

300社以上で導入されました。
年間3億円を売り上げてます。

元々アパレルのプロではない所からのスタート。

「ニッチなところを目指している」

ダイワ:釣り業界もアパレルへ

意外なノウハウが旋風を巻き起こします。

東京・東久留米の会社創業は1958年

しなやかに曲がる棒を作っていました。

それは釣り竿

ダイワは日本一の釣り具メーカ
最先端技術で圧巻していた。
虎視眈々と狙ったのはある分野でした。

表参道ヒルズに店をオープン。
それがディーベック東京エクスクルーシブ

釣具屋さんのイメージがない場所でした。
来たくなる感じの商品も。

釣り具メーカでは?

暑い寒い風の中でも釣りをする培った技術。
裏地に釣り糸と関係するモノフィラメントを使っている

透湿防水で雨に強く軽く出来る

水かけても弾きます。

カーボン竿の技術を使った傘も。とても軽いそうです。
ポータブルアンブレラ12100円

表参道にお店を作りました。

「今は世界の表参道。原宿がある
 このような活動をすることでダイワや釣りのステータスがあ がったり
 客に親しまれることでブランドや釣りの価値上昇に繋がれば」

アパレルチャレンジの釣り具のダイワが新たなチャレンジ。

「今日のウェアはどんな感じ。
 すごくらく柔らかくて疲れない」

釣り人の意見を聞いているのはダイワの人
釣りウェア開発一筋の方でした。

ダイアのウェアは意外な場所にポケットがあります。

「釣りは指先使うのでポケットに入れて暖めることが多い
 防寒は当然。寄り快適な可能性を」

釣り業界には厳しい現実がありました。

釣り人口

1998年2020万人が2018年は620万人に。

ファッションの分野から風穴を開けようとブランド開発
目指すはダイワが得意な釣り用ウェア
ディーベック両方を組み合わせた新ブランドを

他ブランドの影響は?

「ワークマンの安いレインウェアが出て来た
 客が流れている」

ダイワのリールを愛用する客も

「ウェアはワークマンで買っている
 釣りをしているときは水が弾きが良く暖かければ」


協力相手を目処にどう仕掛けるか。
大胆なことを考えていました。

2月下旬原宿

ビームスを訪れました

1976年に発症した日本代表したセレクトショップ
そのビームスとタッグを組みます
機能性とファッションの融合


「ファッションのノウハウをそのまま持って行ければ
 新しい物がダイワに提案できることはすぐ感じた」

我々も行けるなとビームスにやって貰えるのはありがたいこと

ビームスの名前は表には出さないように。
ビームス以外のショップで展開することが狙い

ビームスの狙い

今後はコンサルにも手を出すようで。
商品開発をコンサルティングをする第一歩に

「ビームスが小売りでは無い形でどう言うビジネスを成り立てていけるか
 僕ら自身もトライ」

東京・青山
新ブランド商品展示会

黒田さん待望の釣りが出来る街着が出来ました。
全国セレクトショップバイヤーが来ました

注目の的

透湿撥水のガウン

ポケットが取り外せるようになっている
釣りの時は色々な小物をいれるので。

「普段の生活の中で収納がある
 鞄を持たないスタイルが多いので…」

多くのバイヤーを驚かせたのはベスト

変な位置のポケット。

「何故考えられ無かったのかこのアイデア
 ありそうで無かったアイデア」

ジャーナルスタンダード表参道店

念願のセレクトショップ展開

「釣り生まれのブランドとして中々置いて頂くのは夢だったので楽しみ」

異業種からの参入
それぞれの強みを活かした闘いは続く

ワークマンは私もずっと気になってるんですよね…

タイトルとURLをコピーしました