ディープインパクトのデビューと三冠馬3頭(ゼンノロブロイ、キングカメハメハ他)【Winning Post 9 2020】プレイ記[020]

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9 2020(Winning Post 9 2020) をプレイ

この記事はウイポ9 2020のプレイ記録です。

前回までのプレイ

クラシック戦線は、キングカメハメハとフクスケンタッキー(自家生産馬)が三冠を狙います

WP9 2020プレイ記-0100

そしてゼンノロブロイが古馬王道完全制覇を狙っていました。

ゼンノロブロイとヒシミラクル

まずはヒシミラクルから

WP9 2020プレイ記-0104

バーデン大賞

ドイツのGIレースですが、結構圧勝してくれました。
ここに来て本格化してしまいましたねぇ。
そろそろ引退するはずだったんですが…

凱旋門賞

ここは勝てないだろうとだした凱旋門賞。
するとあれよあれよと抜け出して4馬身差での勝利をしました。
強かったですねぇ…ヒシミラクル。
こんな強さがあるとは思いませんでした。

香港カップ

凱旋門賞勝ったんだから勝てるだろうと思っていた香港カップ
まさかの2着敗戦となりました。
そろそろ引退が見えてきていたので分かりますけどね。

ゼンノロブロイの古馬王道完全制覇

ゼンノロブロイも強かったです。

アイルランドCS

結構高額賞金が貰えるレースで秋競馬スタート。
しっかり勝利を収めてくれました。
美味しいですねぇ。

天皇賞(秋)

ここからが本番。まずは1冠目は天皇賞秋。
ダイワメジャー相手に4馬身差の勝利でした。

ジャパンカップ

2冠目はジャパンカップとなります。
世界の名馬との戦いとなりますが…圧勝しちゃいました。
何が起こったのかという感じの勝利でした。

有馬記念

最後は有馬記念でした。
相手はなんと…フクスケンタッキーでした。
3歳牝馬に1馬身差まで迫られました。
ケンタッキーが強かったですね。
それでも1馬身差の勝利でした。

ということで無事古馬王道完全制覇達成しました!

ディープインパクトのデビュー

ということで2歳戦。
ディープインパクトがついにデビューとなりました。

WP9 2020プレイ記-0105

結構遅めのデビューとなりました。
勿論最初は圧勝します。強すぎますからねぇ。

葉牡丹賞

2週明けての突貫挑戦。
勿論ここでも大差での勝利となります。

ホープフルステークス

葉牡丹賞挑戦はこのレースに出させる為。
また2週明けての挑戦となりましたが…
ストーミーカフェ相手に5馬身差勝利となりました。

ディープインパクトは本当に強い馬です。

フクスナシュワンの挑戦

自家生産馬フクスナシュワン。
父:Nashwan 母:マンファス

海外な血統となっています。

サウジアラビアロイヤルC

札幌2歳Sでは2着敗戦したのですが。
ここではギリギリ勝利しました。
あいてはペールギュントです。

阪神JF

ここで勝てるかどうかは賭けでした。
そこまで強い馬ではないので。
何とかギリギリ頭差で勝利しました。
ギリギリセーフ!

クラシック戦線

クラシック戦線は、フクスケンタッキーとキングカメハメハ

WP9 2020プレイ記-0106

まずはフクスケンタッキーから
父:ハンセル 母:パリスロイヤル

紫苑S

三冠挑戦となりました前哨戦は自家生産馬フォックスシラギクに3.5馬身差で勝利します。

秋華賞

本番の秋華賞。
結構厳しい戦いになりまして。
騎手を岡部にチェンジ。
これで1.5馬身差の勝利になりました
(一回やり直しました)

エリザベス女王杯

アドマイヤグルーヴに負けてしまいました…
アドマイヤグルーヴは本当に強い馬ですねぇ。
レコード出されたら勝てません。

ロデオドライヴS

アドマイヤグルーヴの成績もちょこっと。
ちょっと落ち目と言うことで勝てませんでしたが。
初めての敗戦でちょっとガッカリです。

キングカメハメハの三冠挑戦

キングカメハメハは圧倒的強さでした。

セントライト記念

しっかりと前哨戦は勝利となります。
5馬身差でハイアーゲームに勝利します

菊花賞

そして本番の菊花賞。
これは結構厳しい戦いとなりました。
距離適性はないので中々勝てません。
相手はスズカマンボです。

何回かやり直してやっと勝利しました…強かった。
騎手を武豊にしたら勝てました。

ハリウッドダービー

アメリカに飛んでのレースはしっかり勝利です。
全然問題無く海外適性もあったようです
これで3歳戦は終了となりました。

その他の馬達の挑戦

フクスソートの挑戦

WP9 2020プレイ記-0107

短距離戦中心に頑張っているフクスソートですが。
中々厳しい戦いです

スプリンターズS

2着でした。
デュランダルには敵いません

府中牝馬S

牝馬限定なら何とかという感じですね。
相手が弱ければなんとかまだ勝てるんですが。

阪神カップ

牡馬混合となるとやはり勝てないという戦が。
それでも12番人気を2着に持ってくる江田さんは凄い

ブラックタイド

ブラックタイドも走ってくれました。
まさかGI勝つとは…

マイルチャンピオンシップ

イーグルカフェに勝利となりました。
勝てるとは思っていなかったので嬉しかったです!

中日新聞杯

こちらもしっかりと勝利を収めました。
3歳馬ですがまだまだ伸びそうです。

フクスキール

ダート戦で強さを見せ始めたフクスキールです。

レディスプレリュード

地方のJPNIIですがしっかり勝利しました。
ハナ差なのでかなりギリギリでしたけど。

ブラジルカップ

ここは4馬身差であっさりの勝利でした。
重賞じゃないですからねぇ…

年末処理

ということで年末処理へ…

WP9 2020プレイ記-0108

今年は結構GIを埋め尽くしました。
デュランダルがやっかいでしたね。
もうすこし取れた可能性はありましたが…

最優秀ライバル対決

ゼンノロブロイとイーグルカフェの試合となりました。
そこまで競った戦いではありませんでしたが。

年度代表馬

古馬王道完全制覇のゼンノロブロイとなりました。
キングカメハメハになるかなと思ったんですけどね。
凱旋門賞勝ったヒシミラクルが3位に

欧州年度代表馬

こちらにヒシミラクルが登場しました。

引退関連

ヒシミラクル、フクススーツ、フクスキールが引退となります。
他は大した活躍してないので。

ヒシミラクルは悩んだんですけどねぇ
引退させちゃいました。

まとめ

結局は、牡馬牝馬ともクラシック制覇
古馬王道完全制覇のゼンノロブロイ
そしてディープインパクト

色々と目白押しな1年となりました。

来年はディープインパクト中心に進む事になります。

閲覧ありがとうございました。

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
タイトルとURLをコピーしました