Winning Post10 2024

スポンサーリンク
ウイニングポスト10 2024

アグネスタキオンの活躍と自家生産馬勢の活躍と 2001年攻略【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回のあらすじ2000年クラシック世代では、フクスオロワンペが牝馬三冠を達成し、フクスチュプニレが菊花賞で勝利しました。古馬世代ではフクスエムシがスプリンターズSとマイルCSを制し、フクスカムイラムが古馬王道完全制覇を達成しました。新馬世代...
ウイニングポスト10 2024

圧巻の古馬王道完全制覇!自家生産馬とアグネスタキオンなど競走馬たちの激闘と栄光 2000年攻略【Winning Post 10 2024プレイ記】

前回のあらすじ1999年はクラシック世代の奮闘と古馬の激闘が光りました。フクスカムイラムが秋古馬三冠を達成し、年度代表馬に選ばれました。多くの期待馬が誕生し、来年の飛躍に期待が高まります。 2000年の日本競馬テイエムオペラオーが快進撃を見...
ウイニングポスト10 2024

サイレンススズカとグラスワンダーの挑戦と栄光の記録 1999年攻略 【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回のあらすじ1998年はフクスエムシが日本ダービーを制し、フクスシリカが牝馬三冠を達成しました。グラスワンダーは欧州で数々の三冠を制覇し、サイレンススズカも国際的な強さを発揮しました。フクスカムイラムが秋古馬三冠を達成し年度代表馬に輝きま...
ウイニングポスト10 2024

グラスワンダーの九冠と、サイレンススズカの変わらずの活躍1998年攻略【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回のあらすじサイレンススズカの驚異的な活躍に注目が集まります。 この名馬は、弥生賞、皐月賞を制し、イギリス・アイルランドの2000ギニーを連覇。 さらにセントジェイムズパレスステークスを勝利し、欧州牡馬マイル三冠を達成しました。 国内に戻...
ウイニングポスト10 2024

神駆けサイレンススズカの伝説 1997年競馬界に燦然と輝く【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回のあらすじ目覚ましい活躍を見せた馬が多数いました。クラシック戦線ではフクスカムイラム(父イージーゴア、母フクスジェーン)が皐月賞、神戸新聞杯、菊花賞に勝利し、エアグルーヴ(父トニービン、母ダイナカール)は牝馬三冠に加えてエリザベス女王杯...
ウイニングポスト10 2024

エアグルーヴからマヤノトップガンなど古馬、新馬まで活躍が目立った1996年 【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回のあらすじ前回はウマ娘にも出て来た馬たちの活躍を紹介しました。 マヤノトップガンは二冠馬に。フクスポロウシリは牝馬三冠を達成しました。 ナリタブライアンは古馬王道を完全制覇。 サクラバクシンオーは短距離・マイル戦線を総なめにしました。 ...
ウイニングポスト10 2024

ナリタブライアン、マヤノトップガンらの活躍に迫る!競走馬たちの記録に残る年(1995年攻略) 【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回のあらすじ史実の三冠馬ナリタブライアンとビワハヤヒデの対決が実現! ナリタブライアンは三冠を制覇するも、ジャパンカップではビワハヤヒデに敗れる。 一方のビワハヤヒデは古馬三冠を達成し、有馬記念でも圧勝。二強の直接対決に世間は注目が集まっ...
ウイニングポスト10 2024

史実の三冠馬ナリタブライアンvsビワハヤヒデの激闘!【1994年攻略】【ウイニングポスト10 2024】

前回までのあらすじ 【熱き血統が戦う!クラシック界の至宝】 クラシック界の至宝、ビワハヤヒデとフクストゥラシリの熱い戦いが繰り広げられた。 ビワハヤヒデは菊花賞を制覇し、古馬になってからは宝塚記念、ハリウッドダービーでも圧勝。一方、フクスト...
ウイニングポスト10 2024

熱き血統が燃え上がる!クラシック界から古馬路線まで白熱の一年 1993年攻略【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回までのあらすじ1992年は名馬トウカイテイオーが古馬王道を完全制覇し、年度代表馬に輝きました。一方で、メジロマックイーンは凱旋門賞やBCターフを制覇する快挙を成し遂げ、「ターフの名優」の異名を獲得しました。 スプリンターのサクラバクシン...
ウイニングポスト10 2024

メジロマックイーン×トウカイテイオーな名馬達の活躍と新たな挑戦 – 1992年のレース回顧 【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回までのあらすじ三冠を逃したトウカイテイオー、最強古馬に 史実を上回る活躍を見せたトウカイテイオー。 重賞総なめの3歳時に柔軟性を身に付けゲームでは三冠馬となりました 香港カップでも海外の強豪を退け、来年のメジロマックイーンとの一騎打ちへ...
ウイニングポスト10 2024

【衝撃】トウカイテイオーの史実とは違う大活躍に世界が恐れおののく! 1991年攻略【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回までのあらすじ1990年はクラシック路線から古馬GI路線まで、様々な名馬の活躍がありました。 【クラシック路線】 メジロマックイーンは日本ダービーで三冠を逃しましたが、菊花賞で横綱相撲を獲得。一方のトウカイテイオーは行きっぷりを手に入れ...
ウイニングポスト10 2024

【驚愕】ウマ娘にもなった名馬たちの活躍に歓喜の声続出!三冠馬の逸話に涙が?1990年攻略【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回までのあらすじ 1989年の主な活躍馬は、サンデーサイレンス、イージーゴア、フクスダッチャン、エレクトロアート、オグリキャップ、スーパークリーク、フクスパンター、イナリワン、フクスポリリズム、アグネスフローラでした。 サンデーサイレンス...
ウイニングポスト10 2024

勝負の年 -サンデーサイレンス、イージーゴア、オグリキャップらの活躍 1989年攻略 【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回までのあらすじオグリキャップは弥生賞を制覇し、その後ダートに路線を切り替えました。不来方賞、ジャパンダートダービー、JBCクラシック、チャンピオンズC、東京大賞典と立て続けにGI重賞を勝利。 ダート三冠を獲得しました。 スーパークリーク...
ウイニングポスト10 2024

オグリキャップ、スーパークリーク、イナリワンの共演 1988年攻略 【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回までのあらすじ1987年は、イナリワン、フクスギア、ダイナガリバーといった牡馬たちと、メジロラモーヌ、フクスストーム、フクスパンターといった牝馬たちが活躍しました。 イナリワンは皐月賞、日本ダービー、菊花賞、有馬記念を制し、年度代表馬に...
ウイニングポスト10 2024

Ver1.0.3へのUpdateと、イナリワン、メジロラモーヌ、ダイナガリバーなどの活躍な1987年攻略【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

Ver1.0.3へのUpdateVerが上がりました。 以下の内容が更新されたようです。 機能拡張/調整 オンライン対戦に新機能「オンラインミッション」を追加ウイニングランの新演出(3冠達成時に3本指を立てるポーズなど)を追加知人が特別な新...
ウイニングポスト10 2024

ウイニングポスト10 2024プレイ記録攻略情報まとめ【随時更新】

2000年の日本競馬史実ではテイエムオペラオーが快進撃を見せた年でしたエアシャカールが惜しくも三冠馬になれませんでした年度代表馬は、テイエムオペラオー最優秀4歳牡馬はエアシャカール、最優秀4歳牝馬はチアズグレイスゲームではクラシック戦線はア...
ウイニングポスト10 2024

シンボリルドルフと三冠馬/牝馬三冠馬の輝かしい1年 1986年攻略【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回までのあらすじ1985年のプレイでは、フクイブレイバーがクラシック三冠を制覇し、ハリウッドダービーでも勝利するなど大活躍を見せましたが、早熟のため短期間で引退となりました。 一方、フクスストームはダート路線で活躍し、JBCレディスクラシ...
ウイニングポスト10 2024

シンボリルドルフの年 – 競馬ブームと新旧名駒の活躍 1985年攻略 【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回までのあらすじ1984年は本当に素晴らしい年となりました。 三冠馬のシンボリルドルフが無敗で有馬記念まで制しました。 ミスターシービーとの有馬記念は世紀の一戦となり、シンボリルドルフが僅か3馬身差で勝利を収めました。 フクスバカラは牝馬...
ウイニングポスト10 2024

無敵のシンボリルドルフと無敵のミスターシービーの争い 1984年攻略【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回までのあらすじ1983年は様々な名馬の活躍を目にすることができました。 無敗三冠馬のミスターシービーや、牝馬三冠を制したダイナカールの活躍には感動もの。 フクスエアフォースが香港トリプルクラウンを獲得したのも大きな驚きでした。 一方で自...
ウイニングポスト10 2024

アンバーシャダイの引退とミスターシービーとダイナカールの三冠達成 1983年攻略【ウイニングポスト10 2024プレイ記】

前回までのあらすじ1982年にはフクスエアフォース、シンボリフレンド、アンバーシャダイ、サンエイソロン、ミスターシービー、ダイナカール、フクスジェーンといった優秀な競走馬達がが活躍しました。 特にシンボリフレンドは短距離戦線を制覇し短距離戦...
スポンサーリンク