続々と現れる三冠馬…テイエムオペラオー、モンジュー、グラスワンダー(1999年後半) 【Winning Post 9 2020】プレイ記[011]

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9 2020(Winning Post 9 2020) をプレイ

この記事はウイポ9 2020のプレイ記録です。

前回までのプレイ

テイエムオペラオーとモンジューが三冠馬寸前まで到達。
有力2歳馬も続々と登場して賑やかになってきました。

WP9 2020プレイ記-0053

アグネス勢が来年の肝になりそうです。

モンジューのアイルランド3冠とテイエムオペラオーのクラシック三冠

国内ではテイエムオペラオーに勝てるレースがないモンジュー

WP9 2020プレイ記-0055

アイルランドへ武者修行に行っていました。

アイルランドセントレジャー

何とか5馬身差で勝利を収めてくれてしっかりとアイルランド3冠を達成しました。
モンジューの強さを見せてくれましたね
欧州適性がありそうです。

ブリーダーズカップ

これならブリーダーズカップを勝てると思いましたが…
古馬勢には勝てませんでした。
やはり厳しいですねぇ。古馬の壁

テイエムオペラオーは…

セントライト記念

菊花賞トライアルを1馬身差でギリギリ勝利。
相手はうちのフクステースト。
うちの馬だから仕方ないですかねぇ。

菊花賞

こちらは大差での勝利となりました。
距離が長いと適性が重要ですからねぇ。
圧勝しtけうれました。

ハリウッドダービー

ジャパンカップ、有馬記念は他の馬に譲る為海外挑戦。
見事に勝利となりました。
ここからどれだけ海外で勝てるかという勝負です。

サイレンススズカのラスト

ラストイヤーのサイレンススズカ

WP9 2020プレイ記-0056

最後の有志は海外挑戦でした。

イギリスチャンピオンS

5馬身差の勝利となりました。
見事に逃げ切ってくれました。

マイルCS

日本に戻ってきてのマイル戦。
勿論負けるわけも無く8馬身差。
強いですねぇ…

香港カップ

ラストレースは香港カップ。
まだまだ勝てそうな勢いはありますが。
あまり長く使うのも…なので種牡馬として活躍してもらいましょう。
サイレンススズカの血を残して貰いましょう!
それがやりたくてやっているので。

グラスワンダーの秋古馬三冠

グラスワンダーは秋古馬三冠に挑戦です。

天皇賞(秋)

エアジハードをおさえて優勝となりました。
6馬身差という大差となりました
フクスエンスコンスも頑張ってくれました。

ジャパンカップ

スペシャルウィークにかなり詰められましたが勝利。
距離的に結構厳しい状況ではあるのでギリギリです。

有馬記念

こちらも相手はスペシャルウィーク。
本当にギリギリの勝利となります。
首の皮一枚という感じでした。
闘志があったのが勝因でしょうか。
距離的性的には微妙なので…ギリギリでしたねぇ。

ファレノプシスの海外挑戦

フラワーボール招待S

牝馬限定レースなら圧倒的勝利を収めます。
海外でも全然負けませんからねぇ。

エリザベス女王杯

国内でも勝っておかないとと言うことで。
そろそろ元気がなくなってきたかも知れませんね…
圧勝とまでは行きませんでした。
相手はフサイチエアデールでした

メートリアークS

アメリカGIでは8馬身差の圧倒的勝利。
相手が弱いとこうなりますよねぇ。

ファレノプシスも順調に勝利を積み重ねていました

2歳馬とメイショウドトウと

2歳馬勢も順調に勝ち星を積み上げました

WP9 2020プレイ記-0057

アグネスデジタル

アグネスデジタルは田中勝騎手を背に活躍していました。

サウジアラビアロイヤルC

アグネスフライトを2.5馬身差で負かしました。
ちょっと可哀想なことをしてしまいました。

デイリー杯2歳S

こちらはレジェンドハンターを相手に5馬身差勝利です。
安定した強さを見せてくれています。

ホープフルS

そして2000メートルGIレース。
エア社カールを相手に7馬身差の勝利となりました。
来年の軸になりそうです。

メイショウドトウの挑戦は…

晩成馬のメイショウドトウ
クラシック戦線では全然活躍できませんでした。

神戸新聞杯

アドマイヤベガに完敗しました。
距離的にも適性はありそうでしたが…

アルゼンチン共和国杯

こちらは何とか勝利しました。
相手はステイゴールドでした。
圧勝できませんねぇ。まだまだ成長しきっていません

ステイヤーズS

ステイヤー気質はあるので出して見ましたが2着。
牝馬に負けてしまいました。

芙蓉S

2歳馬フクスティーチング

父:ティンバーカントリー 母:ミルレーサー

芝の適性も少しはあるみたいですが。
ダートで輝きを見せてくれるように。

JBC2歳優駿

地方のダート重賞。
ここでまさかの重賞初勝利となりました。
ダート適性を見せてくれたのです。

全日本2歳優駿

そして2歳のGIレースに出走となります。
見事なGI初勝利を飾りました。
まさかダートで強さを見せてくれるとは。
微妙に期待が高まります。

その他の馬と結婚と

WP9 2020プレイ記-0058

朝日杯FS:アグネスフライト

アグネスフライトは朝日杯FSに出走。
見事な勝利を収めました。
相手はイーグルカフェでした。
これでアグネス勢は2頭ともGI馬となりました。


2歳新馬:フクスページ

父:ナリタブライアン 母:パリスロイヤル

牝馬ですが9馬身差をちぎる勝利。
新馬戦ですからというのもありますが。
今後に少し期待です。

北陸S:サンシャワーキッス

うーん…という感じの4歳牝馬。
ネーム馬ですが強くはないですからね。
OPギリギリ行けるか行けないかでしたね。

そして結婚へ…

今回は金髪のネーちゃん(青葉エリカ)と結婚することにしました。
34歳…? 姉さん女房ですねぇ。
ステータスが高めだったのでいいかなと。
どんな家庭になるのかが楽しみですね?

1999年の総決算

ということで1999年を振り返ります。

WP9 2020プレイ記-0059

国内戦はそこまで出走していないので…そこそこという感じの勝ち星に。
最優秀馬主はゲットしました。

年度代表馬は無敗三冠:テイエムオペラオー

来年は古馬覇道完全制覇を狙います。

引退馬はサイレンススズカとサンシャワーキッス。

勿論サイレンススズカは殿堂入りします。

影なき逃亡者という称号を得ました。

GIは16勝ということで勝ちに勝ってくれました。
23戦20勝。3着までには必ず入ると言う成績でした。

ありがとうサイレンススズカ!
君の血をしっかりと残すよ…

ウインドインハーヘア購入

皆さんご存じのこの牝馬。
あの馬を作る準備は整いました!

閲覧ありがとうございました。

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
タイトルとURLをコピーしました