信長の野望・創造

『毛利の野望(20) 大友攻略(続)』信長の野望・創造プレイ記

【初回記事リンク】『毛利の野望(01) スタート』
『毛利の野望(01) プレイ始めました』信長の野望・創造プレイ記
信長の野望・創造プレイ記始めます

12/12に発売となりました、信長の野望・創造。
雪にも負けず何とか本日届いたのでプレイを始めました。

ファーストインプレッションとしては
「戦がいまいちな気が?」
「内政重視かなぁ…でも...


※ネタバレがありますので注意して下さい。
【前回のあらすじ】

ついに九州へと上陸を果たす毛利軍。電撃戦で次々と大友の城を食い尽くしていくのでした。


(続きを読むが出ていたらそちらから)↓





【サブの戦国伝を次々達成】

まず最初は、「南蛮貿易を推進せよ」
港の数はかなりあるのですでに達成していました。
残すは立花山城か石山御坊を手に入れるだったのですがそれが達成できました。


立花山を落とした勢いで、次は「岩屋」「秋月」を狙います。
ついでに城井谷と杵築を落とします。3方面作戦なかなか忙しいです。


岩屋はハッキリ言って楽勝です。立花山を落とした軍勢に補給をしそのまま攻めさせます。


杵築は二軍レベルの武将が多いのですが何とか落としてくれたので、そのまま府内館、臼杵への進軍を開始します。


とかやっていたら「灰吹法」の戦国伝を達成しました。
鉱山支配下に置く…すっかり忘れていました。


秋月へは、立花山、鷹取山、小倉など落とした城からの兵を当てます。
勿論、岩屋を落としたら一軍も向かわせます。
島津は龍造寺との戦いに忙しいようです。


府内館へは山口館よりも兵を拠出しそれなりの陣容をととのえました、。


意外と粘る府内館。結構強いですからねぇ。秋月は陥落寸前。


それでも島津に取られてなるものかと一気に2方面へ攻めに行きます。


島津に取られる前になんとか府内館を落とします。臼杵城は更にその手前に落としていました。
殆ど抵抗らしい抵抗もなくおわりました。


九州平定をするかどうかを悩むところ

今回はこの辺で・・・

タイトルとURLをコピーしました