三冠馬が三頭?ゼンノロブロイ、アドマイヤグルーヴ…(2003年後半) 【Winning Post 9 2020】プレイ記[019]

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9 2020(Winning Post 9 2020) をプレイ

この記事はウイポ9 2020のプレイ記録です。

前回までのプレイ

クラシック戦線。

ゼンノロブロイとアドマイヤグルーヴが三冠挑戦権を得ました。

WP9 2020プレイ記-0090

ゼンノロブロイ距離的に大丈夫かなという心配もありましたが。
取りあえずやってみなければ始まらないのでチャレンジです!

クラシック戦線

クラシック戦線は2頭の主役が頑張っていました。

WP9 2020プレイ記-0094

三冠馬ゼンノロブロイ

ゼンノロブロイはしっかりと走りきりました。

神戸新聞杯

ネオユニヴァースに迫られましたが辛勝。
中々ギリギリでした。
休み明けでしたしねぇ。

菊花賞

本番の菊花賞は圧勝しました。
3000メートルは苦にしませんでしたねぇ。
リンカーンに3.5馬身差でした。

ハリウッドダービー

ジャパンカップと有馬記念は回避してこちらへ。
海外適性を見てみましたがまずまずでしたかね。
1馬身差で勝利しました。

三冠馬アドマイヤグルーヴ

アドマイヤグルーヴも順調に走りきりました。

ローズS

秋華賞トライアル。
スティルインラブ相手に勝利しました。
良い雰囲気ですね。

秋華賞

本番の秋華賞も相手はスティルインラブ
しっかりと勝利しました。
ローズSの再現になりました。

エリザベス女王杯

こちらは相手がファインモーションになりました。
それでもしっかり3.5馬身差の勝利になりました。

アメリカンオークス

そして海外初挑戦となりましたが。
こちらも勝利しました。
強さを見せつけてくれる牝馬となりました

古馬勢の三冠馬

古馬でも三冠馬が生まれました。

WP9 2020プレイ記-0095

三冠馬シンボリクリスエス

秋古馬三冠をゲットしたのはシンボリクリスエスでした。

天皇賞秋

ダイヤモンドビコー相手に大差の勝利。
寄せ付けませんでした。

ジャパンカップ

シンボリクリスエスが出るのでゼンノロブロイは回避してます。
こちらも8馬身差の圧勝でした。

有馬記念

グランプリレースもエアエミネム相手に4馬身差。
国内では負け無しという感じになりました。

しかし彼はここで引退となりました。
お疲れ様でした

ヒシミラクルの挑戦

地味に頑張っているヒシミラクル。

アイルランドCS

こちらは惨敗しました。
海外挑戦しますが結構ハッキリ勝ち負けします。

香港ヴァーズ

相手もお手頃だったので勝利となりました。
ホッと一息ですね。

ブリーダーズカップターフ

ここは負けるかなぁと言う感じでした。
相手は外国産馬ですがしっかり勝利。
1.5馬身差ではありましたが勝ったことに意味がありました。

地味に走り続けるヒシミラクル。
どこまで勝ち星を上げられるか!

2歳勢

2歳馬も頑張っています。

WP9 2020プレイ記-0096

フクスケンタッキー
(父:ハンセル 母:パリスロイヤル)

芙蓉S、アルテミスS

オープン戦を7馬身差の勝利で飾ったケンタッキー。
そのままアルテミスSも勝利してくれました。
なかなかの強さを誇る牝馬となっています。

阪神JF

そしてその強さのまま阪神JFだしましたが…
3馬身差で勝利してくれました。
クラシック戦線も行けるかも!?

フクスソート(父:サイレンススズカ 母:サンシャワーキッス)

サイレンススズカの血がたぎる!

前々で勝負するうまとなっています。

新馬は圧勝しました。
ファンタジーSでも何とか逃げ残りました。
ここでこれだけ厳しいと上は難しいかな。
サイレンススズカの血を残してほしいものです

キングカメハメハ

何も言うことはありません。
デイリー杯2歳Sを勝利し。
ホープフルステークスも4馬身差の勝利を見せました

史実場には敵いませんね

その他の馬たち

その他はこんな感じで

WP9 2020プレイ記-0097

フクススーツ(父:アフリート 母:アグネスフローラ)

マイルCS

まさかのGI勝利をしてくれました。
ここで勝てるとは思っていませんでした。
2.5馬身差の勝利です。

スプリンターズS

短距離なら行けるかと出して見たら勝ちました。
まさかでしたねぇ。
新たなGIウィナーが現れました。

フクスシャルダン

こちらも4歳馬。

府中牝馬SとターコイズSを勝利しています。
GII位までなら何とかなるという実力でした。

フクスキール(父:サンダーガルチ 母:アグネスフローラ9

こちらはGIIIくらいが限度かなと。
ダート馬ですしねぇ。
チャンピオンズカップは流石にアドマイヤドンに勝てませんでした。

その他のイベント

お決まりのイベントですね

WP9 2020プレイ記-0098

ついに娘が生まれました
ゲームの中ですけどね。
名前は適当に付けました。

そしてランクが10となりエンディングを迎えました。
あっさりとしたものですけども。
やっとここまで来たなという感じでした。

年末処理

年末の処理を行います

WP9 2020プレイ記-0099

振り返り

振り返ってみると…緑だらけになりました。
出せば勝てるという状態になってましたねぇ。
オールグリーンとなれば良いんですけど。

ライバル対決

シンボリクリスエスとファインモーションの争いでした
特に競ったわけでは無い気がしましたけど。

年度代表馬

三冠馬のゼンノロブロイになりました。
シンボリクリスエスでも良い気がしましたけどね。

引退馬

フクスシャルダンと、シンボリクリスエス、レディブロンドが引退です。

シンボリクリスエスなんか称号付くかと思いましたが
何もありませんでした。

名無しの金の像でした。

意外にも結構な数のGIを取れた年となりました。
来年の古馬軸はゼンノロブロイとアドマイヤグルーヴ

クラシックはフクスケンタッキーとキングカメハメハとなりそうです。
楽しみですねぇ。

と、いうことで…

閲覧ありがとうございました。

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
タイトルとURLをコピーしました