競馬予想

七夕賞とプロキオンSを予想してみた(2024/7/7)

競馬予想コーナー

主に日曜日に行われる重賞レースの競馬予想をしています。
個人の予想なので当たらないことの方が多いとは思いますが、
2023年の印予想ワイド的中率は85.7%
※6頭選びその6頭でワイド当たりが作れれば的中とする
回収率は76.27%となりました。
その実績をひっさげ?予想をしていきます。

七夕賞(GⅢ) 7/7 福島競馬場 芝2000m

七夕賞(GⅢ)は福島競馬場で行われる2000メートルの芝レースで、ハンデキャップ競走です。
2023年のレースでは13番人気の馬が3着に入り、高配当決着となりました。
過去10年で多くの高額配当が出ており、波乱含みの一戦です。

前走成績

前走で5着以内だった馬は3着内率が31.5%と好成績です。一方、前走で14着以下だった馬は全て4着以下に敗れています。前走の単勝人気も重要で、8番人気以内の馬が3着内率29.1%と優れています。

  • 5着以内: 3着内率31.5%
  • 14着以下: 全て4着以下
  • 8番人気以内: 3着内率29.1%

年明け以降の戦績

過去10年の3着以内馬のほとんどは、前走が国内で、前走の単勝人気が8番人気以内でした。前走の成績が悪い馬は苦戦する傾向があります。年明け以降の戦績も重要で、同年に11頭以上のレースで3着以内に入った経験がある馬が好成績です。

  • 前走が国内かつ8番人気以内: 3着内率29.1%
  • 同年に11頭以上のレースで3着以内: 好成績

キャリア

過去5年の3着以内馬は、通算出走数が21戦以内の馬が多く、22戦以上の馬は苦戦する傾向があります。キャリア22戦以上の馬は、GⅠレースで12着以内の経験がある馬のみ好成績です。負担重量や前走の距離も重要で、53キログラム超の馬が優勝しやすいです。

  • 21戦以内: 3着内率27.9%
  • 22戦以上でGⅠレース12着以内: 好成績
  • 負担重量53キログラム超: 優勝しやすい

負担重量と前走距離

優勝馬の傾向

過去10年の優勝馬は全て負担重量が53キログラム超で、前走の距離が2400メートル未満でした。軽い負担重量や前走が今回より400メートル以上長い距離の馬は勝ちにくいです。

  • 負担重量53キログラム超: 優勝馬
  • 前走の距離が2400メートル未満: 優勝馬
  • 前走が今回より400メートル以上長い距離: 勝ちにくい

七夕賞予想

馬番:馬名
11:キングズパレス
4:レッドラディエンス
3:ボーンディスウェイ
10:リフレーミング
15:セイウンプラチナ
×7:ノッキングポイント

予想のポイントやまとめ

本命:キングズパレス

本命はこの子キングズパレス
前走は重賞の新潟大賞典2着
この子も安定した成績を残しています。
特に2000だと1着2回2着4回と4着以下がないと言う。
安定感だとこの子ですねぇ。
福島の戦績がないと言う所だけが気になるポイントか。


対抗:レッドラディエンス

荒れるレースなので上位人気を選んでも…なんですけど。
最近の安定した成績、福島でも2着がある。
前走が2400メートル。
前走が2番人気
前走が2着。
直近5戦連対しているというところもありこの子を対抗に。

単穴:ボーンディスウェイ

福島民報杯2着からの参戦。前走は5番人気。
福島は2着2回、3着1回という感じ。
2000での戦績もそこそこ残していますし福島の実績もある。
重賞経験もそれなりに積んでますので三番手くらいかなと。


連下:リフレーミング

前走は新潟大賞典5番人気で5着
福島で2勝している福島が得意な子
ただ21戦以上しているというところで重い印は打てないけど…
抜かすと怖いという感じの子
なので入れておきます。

連下:セイウンプラチナ

前走ドゥラメンテCを勝利でしたが8番人気。
負担重量は55kg、福島での勝利経験あり。
キャリアは14戦と。
まずまずのポイントが当てはまる感じなのでここに入れておきます。

穴:ノッキングポイント

前走新潟大賞典8着単勝人気は9番人気でした。
斤量57.5は気になりますがダービー5着、新潟記念勝利の実績あり
人気はしてないですが狙って見ても面白いかなという一頭

プロキオンステークス(GⅢ) 7/7 小倉競馬場 ダ1700m

ダート路線で活躍する馬が集結。小倉でのレースは波乱が多く、注意が必要。
小倉開催時、単勝人気別成績では5番人気以内が有利。近年は人気薄が絡むことも多い。

小倉開催時は一筋縄ではいかない

  • 過去10年の優勝馬は延べ10頭中9頭が5番人気以内。
  • 小倉開催年は波乱が多く、2021年は9番人気が勝利し3連単190万円超の大波乱。
  • 2022年も2着と3着に2桁人気馬が入り、波乱が警戒される。

JRA重賞で大敗していた馬の巻き返しに注意

  • 過去10年の3着以内馬30頭中16頭は前走がオープン特別で3着以内。
  • 地方のレースから臨んだ馬が3着以内6回。
  • 前走JRA重賞組で3着以内に入った4頭中3頭は小倉開催年の好走馬。

前走での位置取りに注目

  • 夏の小倉開催のダート1700メートル戦では、4コーナーを10番手以下で通過した馬は〔1・0・1・46〕。
  • 先行するか、直線に入るまでにポジションを上げておく必要がある。
  • 前走の4コーナーを3番手以内で通過していた馬は好走率が高い。

父とコース実績をチェック

  • 2021年と2022年において、サンデーサイレンス系種牡馬の産駒は苦戦。
  • 優勝馬はいずれも小倉・ダート1700メートル戦で勝利経験あり。
  • サンデーサイレンス系以外の種牡馬の産駒でコース実績のある馬が狙い目。

プロキオンS予想

馬番:馬名
11:ヤマニンウルス
9:ハピ
5:スレイマン
14:ブラックアーメット
13:ブルーサン
×3:ゲンパチルシファー

予想のポイントやまとめ

本命:ヤマニンウルス

データ分析から行くと微妙なんですよ。
サンデーサイレンス系ですし重賞は初めてですし。
人気はしそうなのですけど前走は3勝クラスですしねぇ。
それでも本命にするのは、ヤマニン補正(私はヤマニンを応援してます)と、4連勝中、小倉勝利実績ありという所でしょうか。
でかい馬がドスドス走るのは楽しみですね!
無事にゴールしてください!

対抗:ハピ

裏本命という感じではあります。
前走は平安Sを2着。天皇賞春など芝の成績は置いといて。
ダートでは安定した戦績を出しています。
経験も豊富ですし普通であればこの子が本命では。
ヤマニンウルスは普通に危ない本命です。

単穴:スレイマン

前走は平安Sを10着大敗。
ただそれ以前の4走は安定した成績だしてます。
小倉ダートでの実績もありますし充分上位狙えそう。
前の方で競馬出来そうですしね。

連下:ブラックアーメット

前走吾妻小富士Sを勝利。3番人気でしたね。
小倉ダートの実績もあります。
外から差しが決まれば…かな。
展開によっては勝てるかもという感じ。

連下:ブルーサン

3歳馬が挑戦しています。
前走鳳雛Sを2着
雲取賞を勝利してます。
古馬相手に…というのはあるので重いのは微妙ですが面白いかなと

穴:ゲンパチルシファー

穴と言うことで。
直近の成績みてたらないわー…何ですけど。
小倉得意なんですよね。
もしかしたらの一発があるかも

結果追記2024/07/07 16:02

※予想的中=印つけた6頭でワイド的中が構成出来たら的中としてます

七夕賞結果

結果馬番:馬名
1着4:レッドラディエンス
2着11:キングズパレス
3着7:ノッキングポイント
予想的中
買い目的中
払い戻し / 賭け金2010 / 500

プロキオンS結果

結果馬番:馬名
1着11:ヤマニンウルス
2着5:スレイマン
3着1:マリオロード
予想的中
買い目的中
払い戻し / 賭け金400 / 500
回収率(払戻合計/賭金合計)102.78 % (19530 / 19000)
予想的中率(的中数/予想数)78.94 % (30 / 38)
買い目的中率(的中数/予想数)55.26 % (21 / 38)

七夕賞

レッドラディアンスが差し切りました。
前半1000で57秒台でしたっけ。早すぎましたね。
そりゃ差しが決まりますよという感じ。
レッドラディアンスが抜け出して、キングズパレスも大外から頑張ったんですが2着という結果になりました。
3着争いはノッキングポイントが制してそこそこ美味しい配当に。

そして私も見事に予想的中したので美味しい配当頂きました。
ありがとうノッキングポイント!

プロキオンS

私の注目レースはこのレースでした!
そりゃぁ…ヤマニンウルスが出るんですから。
ヤマニン冠は私が生涯応援し続ける冠なので。はい。

スタートも良い感じで出てすっと5番手。
揉まれない位置に入りまして淡々と流して3番手まで上げて。
3コーナー回ったあたりからぐっと伸びてきて4コーナーではトップに。
そのままでかい体で着差付けての勝利となりました。
馬格が立派だから格好いいですよね。
周りの馬と比べても違いますし。

かっこいいなーと眺めてました。

2着はスレイマンが粘り込み。
11番人気のマリオロードが3着に来ると言うなかなかの波乱となりました


コメント

タイトルとURLをコピーしました