レビュー記事

「VOICEROID + 結月ゆかり EX」へのアップグレードと使い心地

結月ゆかりがEXにアップグレード

入力文字読み上げソフトのVOICEROID+結月ゆかりがEXになりました!
AH-Software(公式サイト):http://www.ah-soft.com/voiceroid/yukari/
どうやら旧版を持っているとアップグレード版でお安く買うことが出来ると言うことで早速購入しました。
アップグレード版は2678円で、Vectorからの購入となります。
・・・Vectorは情報漏洩問題で偉い目に遭わされたので、二度と使いたく無いのですが。
今回はカードは使わずに購入しましたよ。勿論。

それはさておき、ファイルサイズは1.09GByteでして、かなりファイルサイズが大きいので注意が必要です。

早速インストール開始となります。(権利云々とかがあったらあれなので目線を隠しました)


特に手間が掛かることはなく。
「アクティベーションコードってなんだ!?」となりましたが、メールで送られてきていたアドレスの先に出ていました。
てっきりシリアルナンバーだと思っていたのがアクティベーションコードでした。

それ以外は特に問題なく旧バージョンからの辞書コンバータなどもインストールできました。

結月ゆかりEXの使い心地

インターフェースがかなり変わったなぁという印象。
調整ウィンドウがすでにくっついていますね。(上が旧、下がEX)


そして新たに「音量」「話速」「高さ」「抑揚」という調整項目が増えていました。

いつも通りのイントネーションだけでの調整も可能ですが、更に細かく設定出来るようになったというのがEXのようです。

さて、なぜ「関西弁」の「なんでやねん」があるのかといえば。
先日Twitterで結月ゆかりの喋らせ方談義をしていたとき「関西弁は難しい」という話をしていまして。
お題が「なんでやねん」だったのです。

私は関西圏ではないので正直イントネーションが分からないのですけれども。
テレビなどで聴く感じの「なんでやねん」と調整してみますが確かに難しいなぁと。

EXになったら調整出来るのかというのを試してみたのです。

作ってみた「なんでやねん」pass:[password2]
dfltweb1.onamae.com – このドメインはお名前.comで取得されています。


・・・良いんだか悪いんだかは分かりませんが。
イントネーション部分で細かくぶった切ってそれぞれに値をいれていくという感じで調整していきます。

それぞれの項目の設定

音量

それぞれのポイントごとに音を大きくしたり小さくしたりできます。がらっと印象が変わることも。

話速

それぞれのポイントごとに喋るスピードが速くなったり遅くなったり。ここら辺は関西弁に効くんじゃないかなぁと。

高さ

・・・それぞれのポイントごとの音の高さが変わります。弄りすぎたらおかしくなるので難しい・・・

抑揚

・・これが難しい。
抑揚・・・語句を読み上げる際の音程の振れ幅。数値が高いほど感情豊かに読み上げ、数値が低いほど無感情に棒読みに近い状態で読み上げます。
引用元:ユーザーマニュアル
うーん。うーん。弄ってもなんというか・・・難しいとしか^^;

と、言う感じでそのフレーズごとに弄りそれを保存しておく事が出来るので定型句なんかを色々作っておいて使っていくのがいいかもしれません。

最後に雑感

いや~。久々色々やって楽しんでました。標準語だったらバッチリですよ。
若干手間が掛かるんですが、それを惜しまなければかなり完璧な音声になる可能性も!?
京都弁も難しいヨーなんて話をしていたので作ろうと思ったんですが、そもそも京都弁を知らないという。
Youtubeとかで検索しても変なのしか出てこないので分からないですし。

何にしても、こういうの手に入れちゃうと動画作りたくなりますよねぇ。
何か面白い動画作れないかな・・・。
タイトルとURLをコピーしました