ガイアの夜明け 感想

『新素材で作る!魔法の服と靴』【今日の「ガイアの夜明け」感想】

今日のガイアを3行で

  • 新素材による靴や新たな機能の服について
  • 三井化学のヒューモフィットが靴の未来を変えそうです
  • ハップの新素材の熱中症対策な服が面白かったです

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

驚きの新素材が登場

世の中が一変するかも知れない素材が色々と出てきました。

洋服の未来は劇的に変わる!なんて話が。

そんな素材があるのかと。
あれに使えそうだなぁとか素人ながらに考えながら見ていました

ワコールのブラ

ワコール人間科学研究所の一室を訪ねました。
モニターの女性によるブラの試着テストが行われていました。

サイズが大きめなのか浮いているように見えました。
しかし女性がブラにしばらく手を当てていると…

「キュンとフィットした感じがある」

胸の形にフィットしていました。

「今までつけたブラで一番フィット感がある」

とろけてバストに馴染むブラ

出産後に使うブラだそうです。

「産後バストが張っているときもあれば授乳後はボリュームダウンしてしまう
 それに対して1日中ジャストフィットする」

これ凄いですねぇ。

カップに使われているのが新素材でした。

三井化学のヒューモフィット

ブラに使われている素材は三井化学が開発しました

どんな物なのか製造現場を見せて貰ってました。

白いシートが作られていました。

他にはない特徴

「このシートに人肌で触れていると、自分の手の熱が伝わり柔らかくなる」

28℃で柔らかくなり始める
数秒で手の形にぴったりとくっつく

人肌で柔らかくなりフィットする新素材です。

HUMOFIT(ヒューモフィット)と言います。

新製品開発リーダーの西川氏が見出しました。

原料はアブソートマーというプラスチックの原材料です。

元々はバンパーなどに使う素材で
衝撃吸収性を強化するプラスチック原料です。

それをシートにしてみたら体温で柔らかくなる事を偶然発見

「衝撃を受けた。今まで私が触ったプラスチックとは別物の感触
 何か新しい物に使えるのではと直感」

まだブラにしか使われていないのでもっと多くの製品で役立つと考えていた。

2月幕張メッセ

大規模な展示会がありました。
三井化学のブースに西川氏
必死で売り込みます

「新素材で用途を色々探している」

ヒューモフィットを知ってもらおうと触って貰います
「世の中に役に立つ!良い使い道がある!」と探ります

自社でも開発

三井化学本社

プロトタイプのサンプルが届いた

自らも試作品を作っていました

ヘッドフォン

耳に当たる部分に使いました

「キツくしなくてもフィットする。音漏れしにくい」

ベルト

人肌で温めると伸びる

「飯を食べてお腹が膨らむ。そのときも体の形に合わせて変化してくれる」

ゴルフクラブのグリップ

手に馴染みます

他にも腕時計のバンドなど色々とトライしていました。

「全く新しい世界を提供出来る可能性がある」

その思いだけです。


そんな中、大阪市にヒューモフィットに目をつけた人が。

アパレルブランドをいくつも展開する
クロシェホールディングスの沼部さん

大手銀行を退職後27歳で起業しました。
アパレルブランドをいくつも起ち上げた注目女性実業家です。

そのブランドの1つ婦人靴 ファルファーレ


靴にヒューモフィットを使いたいと言うのです。

どんな靴が欲しいかアンケート

「昔から一緒。足が痛くない靴が欲しいの一点張り」

意見を見ると。
・足が痛くなりにくい
・足の形に合う物
・外反母趾に響かないもの

8割が履き心地の良い靴が欲しいという意見。

「全員足の形が違うのに1つの足形で作るのが靴の業界。
 どうしたら皆に会う靴が作れるのか」


2月神戸にある沼部さんの会社(クロシェHD)
三井化学の西川氏が呼ばれて行きました。

こんな形で販売してると靴を見せます
自社で企画するパンプスでした。

「ヒューモフィットを使って理想の靴にしたい」
「よりフィット感を出せないか」

ヒューモフィットなら作れるのではと言う期待感がありました。
それを聞いた西川さん

「現行のヒューモフィット厚み0.5mmで試作を」

二人三脚の痛くない靴作りが開始となりました。

「靴業界で誰も世界中で出来なかったことが出来るのかも」

2月中旬 神戸市長田区

K-PLAN

靴を製造する会社の葛原社長の元にヒューモフィットが届きました。

靴型に合わせて切ります。

靴の生地に貼り付けると言うが問題が発生します

「貼り合わせようと台紙から外した途端から変形が始まる。
 意外と使いにくい」

熱で柔らかくなり使いにくいのです。
苦労しながら全体に貼ってました。

数日後試作品が出来ました。

全体的にヒューモフィットを使った

早速試着してみますが、
「履いた瞬間固いなと思った」

課題1:体温が伝わる前のヒューモフィットの硬さ

しばらく歩くと更に難点が

「履いた感じで行くともう少しホールドして欲しい」

課題2:暖まると靴全体が柔らかく脱げやすくなった

2つの難題をどう解決するのか

3月上旬袖ケ浦市

三井化学袖ケ浦センター

西川さんヒューモフィットの改良に取り組む

履いた瞬間の硬さの改善

原料を様々混ぜてみて適度に柔らかくなるのを探します。
色々な素材を色々な比率で混ぜて物性測定したそうです。
50以上試したそうでして。
配合した素材を特殊機械に投入してシート状にしていく
すぐに手触りをチェックするという作業。

「かなり柔らかくなる」

改良後では伸びが違ってました。
素材そのものが柔らかくなっている証拠です

4月上旬長田区
靴職人の元に改良版ヒューモフィットが届きます


「従来品よりも足当たりが良くなる」

もう一つの課題

履いてしばらくすると脱げやすくなるのをどうするか

ベテラン職人の腕の見せ所です。

そして完成した靴を松下奈緒さんが見に行きました

早速履いてみます
「中がふわふわのようです。足入れた瞬間いつもと違う」

肌触りが良くなっていました。

「下から持ち上がってくる感じ。中敷きが分厚い」


低反発と高反発のソール上にヒューモフィットがあるそうです。
靴の中にヒューモフィットがありました。

「解けていく」と表現してました。

歩いた時に脱げそうになるのは?

「滑ったり脱げそうになるのは感じない」

「7cmヒールがあると前に滑るが、ヒューモフィットをある部分だけに入れる事で前滑りを抑えられる」

靴職人の葛原さん
ヒューモフィットを使う場所を変えたそうです。

全体に使っていたのを、足が痛くなりやすい親指と小指限定に。
さらに芯材を使ってホールド性を高めました。


足への負担をヒューモフィットを使う使わないで比較

ヒューモフィットを使う方が履きやすくなってたのでした。

素材作った西川さん
「我々素材メーカーは物づくりは出来る。
 実際に使って笑顔を見せてもらえるのは開発者としては感無量で嬉しい」

6月21日婦人服アルファーレ

ヒューモフィットパンプスが並んでました
10890円

客の反応が楽しみです

「履いて貰うと全然違うというのを早く実感して欲しい」

客にPRをします

「段々履いていくと自分の足形になる」

近くで働く会社員の女性が来ました。
反応が気になります

「ソールが気持ちいい肉球みたい」
「段々自分の足の方に変わって行くので履きやすく感じる」

そして女性2人組が購入し1人は履いて帰るという事態に。

「立ち仕事で辛いから履いて変える」

気に入ったのかそのまま履いて帰る事になったようです。
2名様がお買い上げ

客が望んでいた靴を実現しました

ネットでも販売しており評判上々
ラインナップを増やす予定です

三井化学本社では

西川さん会議室に何かを運び込んでました
デザイナーと組んで形にした試作品

ソファーの試作品

座る素材にヒューモフィットを張ったソファーです

そこに来たのはオフィス家具大手イトーキ担当者

早速座って貰います

「このソファー体温で柔らかくなり形に合わせて沈み込むのが売り」

イトーキの担当者がチェックしてました。

可能性はありますか?


「課題はある。椅子の強度試験は厳しいので
 やってみないと分からないがやりようはありそう」

と評価を貰っていました。


更に攻める西川さん意外な企業に出向きます。

サンプルが既にありました

「手の丸みに沿って吸い付くような感覚」

アートネイチャーでした。

ヒューモフィットをカツラの裏地に使えないかと言うのです

 ウィッグは頭の上にずっとつけて生活する
 ヒューモフィットは頭の上にぴったりフィットで動かない
 すぐに使いたいなと」

ヒューモフィットはその可能性が大きく広がっていました。

「世界中の人に使って貰えるような、素材へと育成していきたい」
「十分そのポテンシャルは持っている素材だと信じている」

驚きの新素材

生活を変えるが生まれようとしてました。

一見すると同じに見えるグレーのTシャツ

綿のシャツと特殊加工のTシャツです。
汗を掻いたりすると汗染みが気になります
色が変わって目立つからです。

しかし新素材のTシャツは水をかけても染みになりませんでした。
汗が拡散してシミになりづらい素材です。

そして触れるとひんやりしているそうです。

接触冷感

もう一つ実験

醤油をたらして汚れました

水に入れて軽く振ってみると
汚れが結構取れました

セルフクリーニング

驚くなかれこの素材
・汗染み軽減
・接触冷感
・急速速乾
・セルフクリーニング
・UVカット
・透け防止
・抗菌効果
・抗花粉
・消臭
・光触媒

この10種類の機能がつけれます。
機能は自由に組み合わせ可能です。

その名もカバロスウィザード

魔法と名の付いた新素材の服が生活を変えます

カバロスウィザードの使い方

東京巣鴨
人気の居酒屋があります
全員お揃いの白いユニフォームを着ていました

ユニフォームにはカバロス…10の機能を持つ新素材が使われていました

マネージャーの押田さん
洗い物に追われていました
醤油の汚れとかが付いてました

閉店後

汚れたユニフォームハンガーに掛けて霧吹きで水をかけてました。

翌日

干しただけのユニフォームは?

ほぼ真っ白になってました。
でもなんか汚い気がしちゃいますよね

匂いは?

「元々の生地の匂いと変わらない
 魚の臭いとかは一切しない」

クリーニング代は半分になったそうです。

ハップ:カバロス作った会社

東京日本橋
カバロス作った会社がありました

ハップ

2006年創業社員22人のアパレルメーカー

自社ブランドの服も手がけています。
ハップには様々な企業が来ます。

セレクトショップ「SHIPS」バイヤー

ハップの担当者が取り出したオリジナル商品ジーンズを見てました

レディースで細身です。

しかし体格の良い男性がズボンの上から履きだしたのでした。

「倍は伸びる」

そのアピールをしていたのがハップ社長 鈴木 素さん

新素材カバロス機能をアピール

撥水性は水がたまになるほど

セルフクリーニングは汚れが水で落ちます

「完全に汚れが浮いてきている」

10の機能を同時につけることが可能で組み合わせも自由のも売りでした。

鈴木さん 繊維商社に7年間勤務

快適な服を作れないかと15年前に起業しました。

「ファッション性は非常に重要だと思っている
 ただ毎日着る服なので快適性を追求していく」

カバロス

既に40社以上が採用
ナノユニバースなど

製造現場 ユケンケミカル

今治市 ユケンケミカル

およそ200種類の化学物質が並んでいました
生地に機能をつけるところだそうです。

シリコン系の物質や水を弾く撥水
キシリトールは冷感

使う物に緒は拘りが

「果物の100%天然由来
 環境や体に少しでも良い物を選んでいる

混ぜ合わせて多くの機能をつけていくそうです。
お互いの機能を消し合わない絶妙なバランスが大事

独自ノウハウ

調合が終わると専用機械に生地と投入して行き渡らせる

既製品の服に後から加工を出来るのも強みだそうです


「まねができない
 今から10年経っても作れない自信がある
 だから特許は取らない

新たな素材探し

鈴木新たな素材を手に入れようとしていた

3月下旬どこかに向かう鈴木さん

付き合いの長い町工場へ行きました

三機コンシス

新たな素材が出来上がってました
良く見ると細い糸が付いていた
その糸中心が空洞になっている糸でした

水を通すことが出来る糸となっています。

ストロー代わりに使って見ると使える程度
側面にも小さな穴が開いていて水がしみ出してくるそうです

「これもう冷たい」

冷たくなる特長を活かして何に使うのか

「熱中症対策とか色々な場で活用していけるのでは」

夏本番心配なのは熱中症

この糸とカバロスを組み合わせて熱中症対策の服を作ろうとしていました。

4月下旬ハップで試作開始

汗染み軽減のカバロスを素材とします
それに水を通す糸をつけて行きます。

胸元、首の周りなど
冷やす効果が高い部分に貼り付けます。

胸元の吸水口から水を入れると
糸をお通り水がしみ出す仕掛け。

水を吸って拡散するカバロスで拡散して
気化熱で冷やす仕組みです。

水を流してみるが…
Tシャツから水が染み出し始めました

水が多すぎたか吸水拡散機能が追いつかなかったようです。

「難しいのかも」

5月下旬ユケンケミカル

「できるだけ水を広げて冷やしたい
 乾きを早くしたい」と鈴木さんが意欲を燃やしてました。
すぐに作業が始まった

多くの水分を吸い込むよう吸水拡散物質を3割増
抗菌消臭機能なども付加

効果を打ち消さないように慎重に混ぜて行きます

すると吸収拡散が早くなりました。

「これは凄いかも知れない」

しかし…
「最大どこまで早くなりますか」

鈴木さんはもっと機能を上げたいと考えています
夏はもうすぐですが妥協はしません。

信州大学繊維学部

日本で唯一の繊維学部がある
企業と最先端の繊維を研究してます。

鈴木さん早速吸水拡散を強くしたTシャツを持ち込みました。
実証実験です
水が染み出す糸は胸元、肩、肩甲骨の上に縫い込みました。

人工気象室

温度と湿度を自由に設定可能

この部屋で実験を行います。

5ccの水を注入すると効果が45分続きます

鈴木さんは汗びっしょり。
実験者は
「ちょっとずつ冷たくなってきた」
「さっきよりは冷たい」と感想を述べてます

サーモで見ると水通ったところは冷えてました

以前は注入した水が生地にしみ出したが、改良の結果
水がどんどん蒸発していく形となり染み出さなくなりました。

しかし体温が下がるかどうかが重要です。

「解析が終わったので結果をお見せします」

「温度が低下して行く結果が得られました」

結果

「市販の冷感シャツは体温は0.4℃上昇
 新素材は1℃下がりました」

上條教授は結果に
「体温が1度下がると言うことは大きい熱中症の時に効果的かなと思います。」

太鼓判が得られました。
今年は100着を限定発売

改良して量産を目指します

福岡県中間市

この日の気温は32℃以上
公園で元気に遊ぶ親子がいました。

母親が
「お水入れます」

そう言って服に水を注入します

子供は
「冷たい」と言ってました。

親子が来ていたのはハップの服

父親も
「大分冷たい」といってました。

九州大学研究センターと中間市の健康寿命延ばす研究
医学住宅に採用されたのです

子供から大人まで着ることで健康でいられる服の第一歩です。

それを見つめる鈴木さん
その目は更なる未来を見据えていました

「これから洋服の未来は劇的に変わる
 朝昼晩体調替わる。生まれたときから老いるまで
 健康にアシストするような服を目指している」

まとめ

ヒューモフィットはかなり面白い素材だなぁと思いました。
フィットさせたい素材…
チャイルドシートとかにも良いのでは無いかなと。
赤ちゃん結構落ちそうで怖いのでフィットした方が良いかなと。

ハップの謎の服は…水入れるの面倒そうだなと思いましたが面白そうではありました!



タイトルとURLをコピーしました