Cities: Skylines

小さな港っぽい何かの作り方 / アセット紹介:建物・プロップ・乗物 – Cities: Skylines プレイ記[446]【SunsetHarbor】

Cities Skylines プレイ記 (SUNSET HARBOR)

小さな港っぽい何かの作り方

色々と教えて貰ったアセットを利用して漁港的な小さな港を作れるようになりました。
少しは見栄えがするようにはなっていると思います。

その作り方や使ったアセットなどを紹介いたします。

港を作る為に用意したアセット

QWall


Docks


Concrete slab series


JP Breakwater 防波堤セット


小さな漁港の作り方

まずは平地を造成します。
平坦化を利用して標高は79.5~80.0ぐらいに設定します。
79.5だと水被る事多いので80.0ぐらいが良いかも

Cities_Skylines-2300

ただそのまま作ると崖になります。
絶壁過ぎるとゆがんで盛り上がり平地になりません。

Cities_Skylines-2301

そこでなだらかツールを利用して少しならします。
これで大分平地を作りやすくなります。

Cities_Skylines-2302

平地が出来たら次はQWallの出番です。
今回はQW10mを利用します

Cities_Skylines-2303

これで平地に沿うように。
交わるところは重ならないように配置して行くと、ゆがまずに壁用の部分が作られます。
説明は難しいんですが水辺と陸地の間に、自動的に平坦な陸地が造られる感じ。

Cities_Skylines-2304

なので水の方に膨らんで指定します。
その後に防波堤を設置します。
防波堤は、JP Breakwater防波堤セットを利用します。
ネットワークタイプなので使いやすいです。

Cities_Skylines-2305

際を造った後にMove It!で調整を賭けます。
水の中に沈んでるのを持ち上げて位置を調整して行きます

Cities_Skylines-2306

防波堤を設置しない側はDocksを利用して岸壁を造ります。

Cities_Skylines-2307

これは1個1個が独立したアセットになっています。
サーフェスタイプなので手で配置して行くしかないですかね。
ピシッと作るのは難しいです。

時を動かすと沈む

地形弄るとこんなことになりますよね。

Cities_Skylines-2308

穴の開いた部分もDocksのパーツで埋めていきます。
1つ1つ手作業なので結構怠いです。

Cities_Skylines-2309

大体埋め終わるとこんな感じになります。
向かって右側をどうするか悩みましたが埋める事にします
その前に防波堤を作ります

Cities_Skylines-2309

海の中に沈めて建設してMove Itで浮上させるという手段。
これによりさくっと防波堤が作れます。

Cities_Skylines-2309

Docksによる穴埋め作業を続けます。
便利ですが1個1個手作業で埋めるのも面倒ですねぇ。
あと下は水なのでたまに水没します。

Cities_Skylines-2309

最終的には埋め立てました。
最期に仕上げとして、Concrete slab seriesを利用してコンクリにします。

Cities_Skylines-2309

完成した景色

Cities_Skylines-2309

小物配置はまだまだですがこんな景色となりました。

最終的には

Cities_Skylines-2309

少し建物を造るとまた違って見えますね。

アセット紹介:建物・プロップ

今回は2種類紹介させていただきます

Fish factory

SunsetHarborが必要です。
魚の加工工場のアセットです。
こういう感じの建物は結構汎用性高いですね


Cities_Skylines-2309

JP Ice Storage 製氷貯蔵庫

製氷貯蔵庫のアセットです

Cities_Skylines-2309

魚を運ぶには重要な氷。
それを造る施設…ですよね。
漁港には必要不可欠なパーツですね!

ということで、今回はここまでと致します。

最近若干ネタ不足なので古いものとか海外系が多くなるかもしれません。

皆様素晴らしいアセットありがとうございました!

※画像はクリックでオリジナルサイズ
※このページでは、Paradox,Colossal Orderが権利を所有する画像を利用(引用)しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました