CITIES in MOTION

CITIES in MOTION (シティーズインモーション)~プレイ記(5)~

※画像は、クリックでオリジナルサイズになります。若干見易くなると思います。

【第5回 その1 シナリオ6:ウィーンをグリーンに(2004-2009)】

ウィーンのシナリオとなります。ぐっと近代の話となりまして。
環境意識の高まりが出ているシナリオです。

環境に優しい交通機関を作るというのが大目的です。



この怪しげな科学者っぽい人が今回のパートナーです。
またクセのありそうな方です。


最初のクエストは、バス、鉄道路線を撤廃するということです。
このシナリオでは電車がとても使いづらい。
なるべく使わずにクリアしようというのが目的ですね。

ほいほいと鉄道やバスを撤去すると。


怪しげな協会から反発を食らいます。
そりゃそうでしょうねぇ。代替手段も作らず撤廃したら誰でも怒ります。

そのため路線を作るのは「路面電車(トラム)」中心となります。
たまたまMOBな列車がいっぱい走っていたのでカシャッと取りながらトラム路線の図を。


何でもかんでもトラムだらけで構成していくので路線数が凄い事になります。
整理しなければと路線に名前をつけて整理。


結局トラム9路線。水上バス1路線作成してシナリオクリアとなりました。


トラムは環境に…優しいんだなぁというのはわかりました。
意外と数を走らせれば利益も出ます。かなりシビアですけど。
1路線に10輌とか20輌とか走らせてトラム渋滞してたりしましたし。
じゃないと不満度が上がっちゃうので。それが難しいシナリオでした。

【その2 シナリオ7:ベルリン再統一(1988-1991)

またドイツに戻ってきます。
ベルリンの壁が崩壊しましたヽ(゚▽゚)ノ


またこのオッサンが出てきます。
ネットワークを復興しようという物です。


ベルリンの場合は、「地下鉄中心」となります。
建設コストがかかるのですが、それを補えるだけの集客が見込めるので。

一番でかいクエストは「ベルリンをカバーせよ」60%カバーする路線を作りましょうというものです。


順調にやっていけばそう難しくありません。
ちまちまとクエストをこなしながら路線を拡張していきます。
すでにあった路線は放置したままどんどん拡張していく感じで。


と、ワタワタ路線を作っていたらまた終わってました。
なぞです。6割カバーしたんだろうか…。


どうも、いまいち釈然としないまま終わってしまうこともありますが。
クリアできたのですから、「ま、いっか」みたいな感じで終わりました。

今回の2つのシナリオで学んだのは、「好き勝手出来ない縛りがあるとキツイ」ですね。
電車禁止ってのは、収益の柱がなくなるから無駄に時間がかかったんですよね^^;





コメント

  1. 火車風 より:

    自分も今ウィーンのシナリオをプレイしているのですが、最初に出てくる鉄道路線1を壊しryという条件がなぜかクリアできません・・・。どのようにすればクリアできたか、詳細を教えていただけると助かります・・・。すっかり手詰まりで・・・。

  2. Fuchs より:

    コメントありがとうございます。

    ただ申し訳ありません。
    ゲームなのでご自身で解答を見つけた方が^^;

    今後こういう問い合わせきても答えられませんし(ーー;
    ネタバレはゲームをつまらなくしてしまう可能性があるので…

    と、いつもなら言いそうなんですが。
    一番最初のクエストですぐ試せましたのでヒントだけ。

    >鉄道路線1を取り壊し、新しい路線を築く

    路線を取り壊すだけではクリアにならず。
    新しい路線を築くのが大切なようです。
    もちろん路線を「取り壊さなければ」ならないので…。

    という感じでどうでしょうか?

    ゲームの攻略方法とかあまり書いちゃうと、見た方もつまらなくなるかもしれませんし。
    (私自身ネタバレ嫌いなんで…)
    さすがにおおっぴらには出来ないなと直接的な回答は自重させて頂きます。
    その点はご了承ください。

  3. 火車風 より:

    ありがとうございました。どうやら両方の取り壊しをやっていなかったようで・・・。それと新規路線が路面電車でなかったのもクリアできなかった要因の一つだったようです。おかげでこのシナリオはクリアし、以後も順調に進めることができました。本当にありがとうございました。

  4. Fuchs より:

    再度コメントありがとうございます。

    曖昧な回答になってしまい、気になっていたのですが。
    少しでもお役に立てたのであれば幸いです^^

タイトルとURLをコピーしました