「業界新聞の記者に聞いた狭い業界トップニュース2018」【がっちりマンデー感想】(2018/12/16)

がっちりマンデー『業界新聞の記者に聞いた狭い業界トップニュース2018』を見て

早朝に起きれたら「がっちりマンデー」という番組を見ています。
日曜朝の7:30からTBS系でやっている経済系の番組です。

今週は、狭い業界トップニュースの特集でした。

毎年の恒例行事ですね。

業界のプロたちが注目するとんでもないニュース。
1年間の総まとめです。
編集部の記者が今年一番凄い特ダネを厳選してくれます。

2週にわたってのタイプです。記者6名登場しました。

朝雲新聞という…
自衛隊専門25万人の隊員に向けての新聞とかもあるようで
それは次週だそうです。

横浜植木株式会社の「たねナッピー」

山梨県甲府市

日本種苗新聞

「世開初!真上を向いて咲くひまわり!」
「小玉スイカ。種が食べられる!」

とか苗や種の最新情報を扱っている新聞です。

五味顧問が紹介してくれたのは…

世界初!あれが無いピーマン誕生!

静岡県菊川市にある横浜植木株式会社の研究所へ。

見た目は普通のピーマンですが…

種が全く入らないピーマン。種なしピーマン。タネなっぴー!!!

「なっしーにすると、パクりかなと」

…某キャラクターへの配慮でした。

普通は種がぎっしりピーマンですが、タネなっぴーはない。全部無い…訳ではなくて1個入ってたりとかはあるそうです

ピーマンに種がないと何が良いのか

奥様のお話ですと

「楽です。種有りだと、切って種を出して。
 意外と中に残りがち。」

小さいから取り除くのが大変です。

「家族が多いので量を使うので楽」

種のお悩みは解決できる訳です。

ピーマンを使う食品工場に朗報です。
大量のピーマンの種を取る手間が減ります。
人件費も浮きます。

そして、あの料理にも大きな変化が…

ピーマンの肉詰め

縦に切るとお肉とピーマンが分離します。
種なしだとへたを切ってそこに肉を詰めるだけ。
そのまま焼けば分離しないそうです。

便利で味もおいしいそうです。

種のないピーマンをどうして開発できた?

20年ほど前にピーマン育ててたら花粉が出ない株があった

受粉して、種が大きくなり身が大きくなるのがピーマン。

しかし偶然花粉がないピーマンが出来ました。

花粉がない⇒受粉できない

ただ種が出来ない分身が小さいピーマンでした。

花粉がなくても実がつく形質を探して何百の素材を
掛け合わして。
受粉無しで身が大きくなるピーマンを探しをしました。

あらゆるピーマンを交配していくなかで、ジャンボピーマン
のとある品種に見つかったそうです。

ある品種を掛け合わせると、花粉がなくても身が大きく
なるタネなっぴーが出来ました。

開発者の方
「ピーマン嫌いになることはないが、花粉症になりました」

…大変な仕事ですね。

株式会社ピュアダイヤモンド:グロウンダイヤモンド

山梨研磨宝飾新聞

山梨県は日本で最も宝石産業が盛んでして。
そこで宝石関係者が目からうろこの情報を扱う新聞です。

ワンルームでたった一人で切り盛りしています。
朝日編集長。

ジュエリー業界を揺るがす一大事

どこを踏んだらどうなるかは。踏んだら爆発
上手く回避できれば進む。地雷原です。

グロウンダイヤモンドが開発され製造されている

ヤバイ…予測不能。宝飾業界の資産が暴落する可能性!

かなり恐ろしいニュースでした。

宝石業界の地雷原 グロウンダイヤモンド開発成功

グロウンダイヤモンドを手がけている。
株式会社ピュアダイヤモンドという会社へ

今回がテレビ初潜入でした。

担当の方
「やっとできた。業界ひっくり返る」

何が凄いダイヤ?

天然のダイヤモンドを科学的な一緒なものを人工的に作れる

天然と同じダイヤを人工で作れるようになりました。

天然と同じ炭素から作ります。

炭素から出来ているし、同じ硬さと輝きがあります。

通常の人工ダイヤはジルコニアを使っていたり。
工業用ダイヤモンド堅いけど透明度がなかったり。

そんな感じでしたけど。
素材も見た目も同じグロウンダイヤモンドができました。

5カラット、天然だと4~5000万のものも人工的に。

レッドダイヤモンドも作成可能

天然だと希少性高く、年間に1個出るかどうかのもの。
1億円以上のレッドダイヤモンドも作れます。

天然ダイヤモンドも天然で色がつきますが。
そのプロセスを再現して同じ色を作ります。
世界にも数十個しか存在しないやつです。

レッドダイヤモンドすら作れるのです。

期間はどれくらいかかる?

「1週間くらい。0.2カラットが1日」

価格は?

「同じ大きさの天然ダイヤの4割~半額ぐらい」

製造方法は4年前に確立したそうです。
アメリカで。
日本で手がけているのはピュアダイヤモンドだけです。

一番気になるのはどうやって作るのか?

ダイヤモンドは地球のマントルの中で高温高圧の環境下で
出来ます。
その環境を人工的に再現しているそうです。

5万5000気圧1300℃での製造。

120kmのマントルの中、超高圧超高温を再現しました。

これまでの機械では上下2方向しか圧力をかけられません
でしたが、6方向からが可能に。
それにより美しいグロウンダイヤモンドが作れるように。

莫大な活を生む凄すぎ技術。
技術者は人前に出られないそうです。

「物凄い技術なので技術者の顔が出るとあの手この手で
 情報を取りに行く」

ヘッドハンティング、ハニートラップなども。

狙われているためトップシークレット

ダイヤモンドを作る技術は恐ろしいものでした。

価値があるのか念のためプロの鑑定士に見て貰います。

「めちゃくちゃ綺麗なダイヤモンド。」

ダイヤモンドテスターという測定器で、熱伝導率を確認。

ダイヤモンドとして判定される

本物ダイヤと鑑定されます。

しかし最後のチェック。
紫外線の透過度合い

これでばれました。
人工で作ったものは透過しちゃう

綺麗すぎて天然ダイヤモンドの可能性が低い

グロウンダイヤモンドは透明すぎます。
天然ではあり得ないものと判定できるそうです。

不純物がない故、見分けがつくという。

恐ろしいですね…。

本格的に販売は?

「百貨店から話は来てる」

ダイヤモンドの価値が変わるかもしれません。
グロウンダイヤモンドが日本で本格的に販売されるそうです

天然真珠⇒養殖真珠でも同じ闘いがあったようで

完全に潰される可能性も。

ちなみに養殖真珠は受け入れられ天然真珠が暴落しました

ヤーマン株式会社:メディリフト

東京赤坂にあるヌーヴェルエステティックスパ

年4回発行年間8万部。

「ミストタイプのファンデーションが発売」
「とげとげのローラー発売」とか美容情報満載。

玉利編集長が教えてくれます。

発売1ヶ月で完売した美顔器

効果も凄いそうです。

1ヶ月で完売!10分黒いあれをつける美顔器

東京江東区にあるヤーマン株式会社という会社

メディリフト

顔の下半分につけるマスク型美顔器が売れているそうです

5月発売。1ヶ月で完売。

数が少なかったから?

「そんなことないです」とのこと。

美顔器はローラータイプが主流ですが「面倒くさい」

メディリフトは10分で顔下半分の筋肉が引き締まります。
2万5000円です。

10分つけるだけで効果出るそうです。

1回でも?

ということで、AD大野に試すことに。

1日に何食も食べるようになりふっくらしたAD大野の挑戦。

マスクをつけると怪しい見た目…
10分で効果が出るのか。

ボタンを押して調整すると…

「なんか凄い」そうです。
「電気が刺激をくれる。動かさない筋肉が動く」

10分後見て見ると…

顔がスッキリしてる感じが。
ちょっと上がってるようで引き締まってました。

若干顎廻りスッキリしてるという効果が。

仕組み

「どの筋肉にどういった周波数のEMSを当てたら良いかと
 突き詰めた」

EMS

筋肉に電気を流して運動したのと同じ効果を出すもの。
腹筋につけるヒット商品がありますが。

それを顔に応用しました。
ありそうで無かったアイデアです。

どのくらいの電気が効果的かのノウハウがヤーマンは
持っているようで、それがぎっちりつまってるとのこと。

効果だけでなく、両手が空いているというのも大きくて。

料理も出来る、別の作業をしながらも出来るのが売り。
その為品薄状態とのこと。

スタジオでは森永さんで試すという暴挙に出ていました。

化粧水をジャブジャブつけて装着すると。

「おぉぉぉ」

と変な声。
「フェイスマッサージ受けてるよう」とのこと。
「見た目は弱いボクサーみたい」と酷評されてましたが。

終わった後、森永さんの目立っていた皺が消えました。
口の周りとか。化粧水のおかげでお肌もつるつるでした。

効果はあるようです!



コメント

タイトルとURLをコピーしました