ウイニングポスト9 2020

日米年度代表馬米国4冠馬の誕生! / サイレンススズカ血統の繁栄【Winning Post 9 2020】プレイ記[036]

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9 2020(Winning Post 9 2020) をプレイ

この記事はウイポ9 2020のプレイ記録です。

前回までのプレイ

2012年は米国三冠馬が生まれました。

WP9 2020プレイ記-0182

フクスグラス

この馬が米国ダートクラシックを賑わせていました。
遠征で米国三冠馬となり更にその力を増してました。

ダートと言えばゴルトブリッツも相変わらず元気。
古馬ではルーラーシップが大活躍していました。

ゴルトブリッツ 父:スペシャルウィーク 母:レディブロンド

ゴルトブリッツは主にアメリカを攻め続けていました。

WP9 2020プレイ記-0184

ホイットニーS

ゲームオンデュードが強いんですよねぇ…
それでも何とか3馬身差で勝利してくれました。

BCクラシック

ここでも相手はゲームオンデュード。
かなり迫られましたけども何とか抑えてくれました。
強いですねぇ。

クラークH

ここでもしっかり勝利を収めます。
突き放しての勝利は無い物の地味に勝利を重ねてました

フクスグラス 父:グラスワンダー 母:マンファス

米国三冠馬のフクスグラス。
更にもう一つ勲章をゲットしました。

トラヴァーズS

3歳牡馬のダート船です。
ここでも3.5馬身差を離しての勝利となりまして。

米国4冠となりました。

これも重要レースだったんですねぇ。
何の気なしに出したんですが。
歴史に残る名馬となりました。

ジョッキークラブGC

しかし古馬との闘いで初めて土が付きました。
このレースでした。
相手は、ゲームオンデュード
失敗したなぁと思ったんですけどね…。
負けてしまった物は仕方ありません。

BCマイル

クラシックはゴルトブリッツに任してマイルに出走。
しっかりと勝利を収めました。
7馬身差も付けるという完璧な勝利でした。

チャンピオンズカップ

日本に凱旋してチャンピオンズカップもあっさりとりました
国内勢に負けるほどやわではないですからねぇ。
これで年度代表馬も見えてきました

サイレンスズカの血統

サイレンススズカがかなり頑張ってくれてました

WP9 2020プレイ記-0185

フクスジェニー 父:サイレンススズカ 母:レディブロンド

この組み合わせが強いんです。

紫苑S

秋華賞トライアルですがしっかり勝利。
重賞タイトルをゲットしました。

ターコイズS

流石にGIは勝てませんが重賞で地味に活躍という感じ。
ターコイズSで古馬相手に勝利していました。

フクスフロード 父:サイレンススズカ 母:ファインモーション

こちらもサイレンススズカ勢です。

オペラ賞

フランス遠征でしっかり結果を残しました。
牝馬戦ですからねぇ。負ける訳にはいきません。
海外競馬でも強さがあります。

エミレーツS

豪州戦です。ここでもしっかりと勝利してくれました。
とはいえ年齢も年齢なので徐々に厳しくなってきました。

フクスクウェイカー 父:サイレンススズカ 母:フクスキール

サイレンススズカの子でダートを走る子が生まれました。

JBC2歳優駿

地方競馬ですがJPNIIIをしっかり勝利。
重賞ウィナーとなります。
牝馬の裕利も少し会ったかも知れません。

全日本2歳優駿

日本ダートの勇が集まるレースです。
2歳馬ダート王を見事にゲット出来ました。

フクスジョンヌ 父:サイレンススズカ 母:ファインモーション

こちらは惜しいレースが多かったのですが。
何とかGI1勝してくれました。
大勝ちはしないですけどねぇ。

フクスイルティス 父:サイレンススズカ 母:レディブロンド

重賞鉄板の配合です。
取りあえずは新馬戦を勝利してくれました。
ここからどのように成長するかが楽しみです。

ルーラーシップ 父:キングカメハメハ 母:エアグルーヴ

イギリスフランスと欧州競馬で頑張っていました。

WP9 2020プレイ記-0186

KGVI&QES

勝てるかどうか微妙でしたけども。
しっかり勝ちきってくれました。まさか勝てるとは。
ルーラーシップの強さですね。

インターナショナルS

ここでも勝つことが出来ました。
というかぶっちぎりの勝利でした。
かなりの賞金を獲得してくれるので嬉しいですねぇえ。

凱旋門賞

最高峰のレースとなる凱旋門賞。
ここで勝利できるかどうか…。
ただ相手に強そうなのがいまいちいなかったのでいけるかなと。
オルフェーヴルはおりましたが…あっさり勝利でした。
ここまで強いとは。

香港ヴァーズ

引退レースとなったのは香港ヴァーズでした。
もう少し続けても良いかと思ったのですが。
史実ではこの年に引退ということで引退となりました。

強い馬でしたねぇ。ルーラーシップ。
ありがとうございました。

フクスゴーグル 父:ディープインパクト 母:エアグルーヴ

クラシックに参戦したフクスゴーグル。
皐月賞では負けてしまいましたが。
ダービー馬です。

セントライト記念

菊花所トライアルは順調に勝利。
皐月賞…失敗したなぁ。ジャスタウェイ出さない選択もあったのに。

菊花賞

菊花賞はどうだろうなぁと思いました。
距離的には厳しそうな感じではありましたので。
ゴールドシップに鼻差。
ほんとギリギリ勝利してくれました。

皐月賞失敗したぁと後悔してもしたり無い感じでした。
三冠馬を失ったんですからねぇ。
これ以降はパッとしない成績でしたけど。

フクスフォールド 父:キングカメハメハ 母:エアグルーヴ

古馬となったフクスフォールド。
GIは勝てないだろうなぁと思っていた馬です。

天皇賞秋

オールカマーで天皇賞に出れるとなりまして。
それなら出して見ますかねーと送り出したところ…
見事に天皇賞で勝利を勝ち取りました。
相手は内のフクスバウンドでしたが…
有力馬があまりいなかったのが大きいと思います。

2歳勢

2歳馬勢の成績です

WP9 2020プレイ記-0187

フクスコリーン 父:グラスワンダー 母:フクスソート

母父:サイレンススズカ
この子もサイレンススズカの血族でしたね。

サウジアラビアロイヤルカップ、アルテミスSと2個のGIIIを勝利しました。
ただ阪神JFでは負けてしまったので…
GIIIぐらいまでの馬とはなりそうです。

フクスアリー 父:アグネスデジタル 母:ファレノプシス

良血馬のフクスアリー。

新馬戦勝利後、ファンタジーSを勝利します。
相手もうちの馬であるトーセンソレイユでした。
トーセンソレイユ有利でしたが見事な勝利となりました。

そして阪神JFで見事勝利を収めます。
フクスコリーンが本命だったんですけどねぇ。
強かったです

フクスロビン 父:キングカメハメハ 母:フクススクウォン

母父:サイレンススズカ

この子もサイレンススズカの血族です。
うちの馬はほんとサイレンススズカだらけですねぇ。

2歳新馬で勝利して京都2歳Sもしっかり勝ちきりました。
そしてホープフルSを勝利します。
この強さは来年のクラシックを楽しませてくれそうです

フクスストリーム 父:キングカメハメハ 母:アグネスフローラ

ローズステークスとエリザベス女王杯を勝利しました。

WP9 2020プレイ記-0188

エリザベス女王杯勝てるとは思いませんでした。
見直す必要があるなぁと思いました。

フクスパサー 父:アグエンスデジタル 母:フクスページ

母父:ナリタブライアン
5歳牝馬という事でそろそろ引退となりますが。
アメリカで最後の力を振り絞ってくれました。
ロデオドライヴS、メートリアークSと勝利しておしまいとなりました。

その他の馬たち

フクスマラブー、フクスバウンドなどが重賞勝ち。
2歳馬勢ではトーセンソレイユ、アステリックス等が出て来ました。
トーセンソレイユとアステリックスは、ネオユニヴァース産駒。
ネオユニヴァースも少し活性してきたかも知れません。

年末処理

年末処理となります。

WP9 2020プレイ記-0189

日本ではあまり勝利していない感じですね。
結構勝っているんですけど海外が多かった気がします。
オルフェーヴルが強かったんだなぁと。

日本年度代表馬:フクスグラス

クラシックで三冠馬が生まれなかったのもありまして。
アメリカで三冠馬となったフクスグラスが年度代表馬に。
最優秀ダート馬、最優秀3歳牡馬にも選出されました。

ダート馬が取るのは珍しいですよね。

米穀年度代表馬:フクスグラス

米国でも年度代表馬に選出されました。
米国4冠達成しましたからねぇ。
日米で年度代表馬となりました。

欧州年度代表馬:ルーラーシップ

まさか欧州でも年度代表馬に選ばれるとは…
凱旋門賞、KGVI&QES、インターナショナルSと勝利したのが大きかったようです。

うちの生産馬が独占するという状態となりました

WP9 2020プレイ記-0189

引退馬です。

フクスバウンド:華麗なる一族

パッとしない活躍ではありましたが。
銅で殿堂入りしてくれました。
キングカメハメハ、ファレノプシスという血統ですからねぇ。
華麗なる一族です。

ルーラーシップ

何故か称号は貰えませんでした。
結構な成績残してるんですけどね。
GI12勝なのにねぇ…。それでも金の殿堂入りです。

フクスパサー:条件不問のワールドホース

芝ダートどちらでも勝てるという馬でした。
GI13勝という輝かしい成績です。
牝馬なのによく頑張りました。
良い子を産んでくれることでしょう

という感じで有力馬の引退もありましたが。
来年に繋がる力も成長しているので楽しみです

閲覧ありがとうございました。

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました