ウイニングポスト9 2020

ルーラーシップとゴルトブリッツ。今週のサイレンススズカ血統【Winning Post 9 2020】プレイ記[034]

競馬シミュレーションゲーム:ウイニングポスト9 2020(Winning Post 9 2020) をプレイ

この記事はウイポ9 2020のプレイ記録です。

前回までのプレイ

2011年…

WP9 2020プレイ記-0170

新たなダート王ゴルトブリッツがブイブイ言わせてました。
そしてルーラーシップも地味に頑張ってGI勝利を稼いで暮れていました。

ルーラーシップ 父:キングカメハメハ 母:エアグルーヴ

良血のルーラーシップ。
秋古馬三冠に挑戦させる事にしました。

WP9 2020プレイ記-0174

オールカマー

天皇賞秋の前哨戦ですが。レコード勝利となりました。
エイシンフラッシュとかが相手ですが負けるはずも無くでした。

天皇賞(秋)

そして本番の天皇賞秋。
相手は、ヴィクトワールピサでした。
結構苦戦はしましたけれども何とか先着。
厳しい戦いとなりました。

ジャパンカップ

ジャパンカップ更に相手が強くなります。
相手に出て来たのがオルフェーヴルでした。
相手に不足はない!とけっぱってくれた結果が優勝でした。
これで一気に秋古馬三冠が近づきます。

有馬記念

そして最後の有馬記念。
距離的にも何とかギリギリ持ちそうな所。
そして見事トップで駆け抜けました。
エイシンフラッシュやオルフェーヴルが相手でした。
もう完全な圧勝劇となりました。

まだまだ元気なので後1年は…

ゴルトブリッツ 父:キングカメハメハ 母:エアグルヴ

ダートを駆け巡っているゴルトブリッツ。
国内戦ではほぼ負け無しの無双状態でした。

南部杯

マイル戦ですがしっかり勝利してくれました。
どの距離でもある程度動けるのが強みとなりましたね。

JBCクラシック

こちらもしっかり勝ちきりました。
輸送連続で辛い部分ではありますけどね。

チャンピオンズカップ

こちらもあっさり…というほどでもないですが。
2.5馬身差で何とか勝利しました。
やはり目立つ建物は駄目だったかも知れません。


東京大賞典

そして今年最後の東京大賞典。
こちらも見事に勝利となりました。
国内ではもう圧倒出来る力がありますね。
海外では違いますが。

サイレンススズカの系譜

サイレンススズカ産駒たちの闘いです

フクスジョンヌ 父:サイレンススズカ 母:ファインモーション


WP9 2020プレイ記-0175

アメリカンオークス

国内GIは他にまかせるとして海外へ出ました。
それじゃないと被って勝てませんからねぇ。
その甲斐あって、アメリカンオークスで勝利となりました。

フクスフロード 父:サイレンススズカ 母:ファインモーション

上とほぼ同じ構成です。

ロデオドライブS

大きな差は作れていませんが見事に地元に根付いてるんじゃないでしょうか。

BCフィリーLメアターフ

ここで勝てるとは思っていませんでしたがギリギリ勝利。
それでもしっかり勝ちきれる力を持ってるのがいいですね。

明治大学

フクスオーラス 父:サイレンススズカ 母:フクスシャルダン

母父:カコイーシーズ

オーラスもそろそろ引退を考えて動いていました。
GI欲しいなと思っていましたが取ってくれたんです。
これで安心して引退出来ます。

ターコイズS

こちらも勝利しましたが…という感じでした。

2歳勢

2歳勢の挑戦について

フクスニコラス 父:ディープインパクト 母:フクスケンタッキー

(母父:ハンセル)
WP9 2020プレイ記-0176

新潟2歳S

取りあえず重賞をしっかり勝ちきってくれました。
潜在能力はかなり高いようです。
相手も弱かったですけどね…

東スポ杯2歳S

続けて東スポ杯へ
こちらも相手はそこまで強い相手がいませんでした。
ということで完勝してしまいました。

ホープフルS

ちょっとタイトル隠れちゃいましたがホープフルです。
ここでは相手が強くなります。
勝てるかどうか気になりましたが…しっかり勝てました。
来年のクラシック戦線を荒らしてくれる存在になりそうです。

ジャスタウェイ 父:ハーツクライ 母:シビル

ジャスタウェイもデビューとなりました。
ちょっと遅くなっちゃいましたが。

新馬戦・1勝クラス

まだ条件戦という感じにはなっていますが。
強さはある程度見せてくれてますね。
このまま来年のクラシック戦線に乗るかどうかです。

フクスグラス 父:グラスワンダー 母:マンファス

マンファスが母ですからダート馬です。

JBC2歳優駿

ダート2歳戦。
ここもほぼ完勝と言っていいほどの強さでした。

全日本2歳優駿

2歳ダート王決定戦も負けることはありませんでした。
しっかり勝利して圧勝しての終了。
来年はアメリカ挑戦となります。

フクスゴーグル 父:ディープインパクト 母:エアグルーヴ

超良血もデビューしました。

WP9 2020プレイ記-0177

新馬戦・1勝クラス
新馬戦はほぼ完勝というほどの強さ。
1勝クラスも圧勝。
超良血ですから弱い訳がないのですが…
ここからどう成長していくかですね。

フクスバウンド 父:キングカメハメハ 母:ファレノプシス

牝馬クラシックに挑戦しているフクスバウンド。
彼女の結果はといえば…

紫苑S

秋華賞トライアルは、自家生産馬でワンツースリー。
表彰台独占という感じになりました。
抜け出てるのがフクスバウンドです。

秋華賞

ここでも完勝と言える結果を見せてくれます。
牝馬三冠とれなかったのが悔やまれます。

エリザベス女王杯

こちらもしっかりと勝利してくれます。
距離が短いと弱さが出てしまうのが難しい所です。
マイル行けるかなぁ…

フクスパサー 父:アグネスデジタル 母:フクスページ

母父:ナリタブライアン

フクスパサーは海外で頑張ってくれました。

フラワーボール招待S

アメリカ芝GIで勝利を収めてくれます。
ここからしばらくはアメリカで戦います。

BCディスタフ

ブリーダーズカップもしっかり勝利。
牝馬相手なら負けませんね。

メートリアークS

この程度の相手なら大差勝利だってできます。
儲かるレースではありませんがGIというタイトルをかっさらうには美味しいですね

フクスストリーム 父:キングカメハメハ 母:アグネスフローラ

来年の牝馬クラシックに出せそうな馬が出て来ました。

WP9 2020プレイ記-0178

アルテミスS

重賞挑戦もしっかり勝利しました。
相手も強く無かったですしね。
牝馬相手ならなんとか。

阪神JF

そしてクラシック登竜門。
こちらも2馬身差で勝利。
結構最後の展開はヒヤヒヤでしたが終わってみれば2馬身差。
強かったなぁという感じでした。

その他

フクスフォールド 父:キングカメハメハ 母:エアグルーヴ

良血ですがいまいち勝ちきれず。
勝ったのはセントライト記念ぐらいでした。

フクスヒューズ 父:テイエムオペラオー 母:スターリーロマンス

珍しくテイエムオペラオー産駒。
新馬戦は圧勝していました

年末処理

最優秀ライバル対決は、ルーラーシップとオルフェーヴルの闘いでした。
勝ちましたけどね!
ルーラーシップ。
ルーラーシップがこんなに強くなるとはねぇ。

WP9 2020プレイ記-0179

GI結果

結構多くの馬がGIを勝ってくれました。
ダートはゴルトブリッツが押さえて。
クラシック戦線は全然ダメでしたが。
年の後半はほぼうちの馬が占めてしまうと言う状況。
後半に燃え上がりましたね。

表彰馬

ほぼうちの馬。オルフェーヴルだけが入り込みましたが。
ディープインパクトが意外とリーディングになりません。

年度代表馬はルーラーシップでした。
秋古馬三冠がでかかったですね。
春秋グランプリ制覇も。

引退馬

今年は引退が少なくて。
フクスオーラスと、フクスラクションズの2頭。
牝馬なので繁殖入り…繁殖埋まりすぎてヤバイです。
オーラスもラクションズもサイレンススズカ血族。
良い子を産んで欲しいです。

まとめ

ということで、2011年も終わりました。
終わってみれば史実馬に助けられつつも。
意外と自家生産馬も頑張ったなぁという感じでした。

もっと強い馬が出来れば…

来年は牡馬牝馬とも楽しみです。

閲覧ありがとうございました。

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
タイトルとURLをコピーしました