信長の野望・創造

『毛利の野望(40)徳川戦(徳川家滅亡)』信長の野望・創造プレイ記

【初回記事リンク】『毛利の野望(01) スタート』
『毛利の野望(01) プレイ始めました』信長の野望・創造プレイ記
信長の野望・創造プレイ記始めます

12/12に発売となりました、信長の野望・創造。
雪にも負けず何とか本日届いたのでプレイを始めました。

ファーストインプレッションとしては
「戦がいまいちな気が?」
「内政重視かなぁ…でも...


※ネタバレがありますので注意して下さい。
【前回のあらすじ】


一時は北条家と戦争になってしまった・
が、冷却期間をおいてみたら徳川と戦争をおっぱじめたでござる


(続きを読むが出ていたらそちらから)↓






【石田三成参上】

おぉ・・・三成さん・・・なんかイメージと違う


【それはさておき】

北条家が出しゃばってきたのでいったん徳川、織田との戦いを停止します。
軍を引くと全軍が綺麗さっぱり消えて無くなります。

とりあえず外交政策に勤しむことに。
北条へ贈り物をし、信頼関係を得てからごりごり工作をします。

その間に、島津とは婚姻を結び縁続きに。
同盟の更新が面倒になったからです。これで西半分は毛利の手中にほぼ収まったと言えます。


更に外交を進め北条とも同盟を結んだ後に徳川をすりつぶす最終攻勢に出ました。
英気を養った大軍団が襲いかかります。
駿府館はあっという間に陥落。蒲原もまもなく落ちました。


最終攻勢へと突き進む毛利軍。中野、富士吉田もあえなく陥落。
戦力差が違いますからねぇ。残すは、躑躅ヶ崎と犬居に。


この時点での状態はこんな感じ。


そして最終攻撃は二拠点同時に攻撃となりました。
最後の最後は元就のじーさまで決めました。まだ生きてるとかゾンビですか!


徳川家はいなくなりました。


【織田家殲滅戦】

と言うことで残る織田の城を全て平らげるため、休む間もなく軍勢を出撃させました。
山間の中部ゾーンを突き進みます。


街道が整備されていないのがなかなか辛いのですが長野県あたりへも進軍。
向かうところ敵なしの毛利軍はほぼ抵抗を受けることなく突き進んだのでした。


次回で最終回となります!


今回はこの辺で・・・


タイトルとURLをコピーしました