ガイアの夜明け 感想

『人生、最期まで【我が家】で。家族で向き合う「在宅医療」』~今日の「ガイアの夜明け」感想~

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

今日のガイアを3行で

  • 在宅医療について取り上げていたのが今日のガイアでした
  • 織田病院ではITを活用した遠隔医療システムを構築していました
  • いしが在宅ケアクリニックでは自宅での看取りの手助けをしていました

終活を考える

東京都葛飾区にある200坪の家庭菜園。
農作業に励むのは78歳の井上さん。
スナップエンドウ、キャベツなどを育成しています。
年間50種類の野菜を育てているそうです。

朝食の支度をするのは妻76歳。

冷蔵庫から取り出したのは、自家製のお味噌。国産の丸大豆と赤穂の塩と米麹100%で作りました。

自家製味噌と自家製野菜と溶き卵を入れて健康的な味噌汁が出来ました。
取れたてレタスのサラダに、ロールキャベツに筍ご飯の豪勢な朝ご飯。

奥さんは葛飾区ラジオ体操連盟の会長。365日毎朝欠かしません

スポーツ吹き矢が大好きな旦那さん。腹式呼吸が身体に良いそうです。

健康に人一番気を遣い元気な2人だが、人生の最後を意識し始めたそうです。

そこである集まりに向かいます
受付名簿には、ライフネット東京@終活セミナー

終活とは

最期を見据えて準備する活動


参加者は親の心配をする40代から60代まで様々。自宅で死にたい人が多いようです。
家族に迷惑を掛けたくないという人は、病院や施設を選ぶようです。

人生の最後をどう迎えますか?

2025年には団塊世代が75歳以上になります。そのとき健康でいられるのか。

家族などはどのような選択ができるのか。
患者に寄り添う新たな医療の現場

それらを模索する医療現場などを追っていたのが今日のガイアでした。

織田病院の在宅医療

佐賀県鹿島市。人口3万人
100年以上にわたり地域医療を支えてきたのは織田病院。

救急車が到着し救急患者を運びます。高齢者でした。
ベッド数は110ですが年間3200人の新規入院患者を受け入れていました。
1/4が85歳以上です。

高齢者の入院が増え続けるなか、医療費抑制を進める国。
全国の病院に入院期間を短くすることを促していました。

それに織田理事長は危機感を抱いていました

「平均在院日数が12日。高齢者の救急や新規入院も増えている。そういう中でどうやって家に帰すか」

入院期間の短縮は簡単ではありません。

理事長の長男。織田医師の元に糖尿病の患者さん。
入院を終えて自宅に戻ったが病状思わしくないそうです。

返しても家で病状が悪化し、再入院するケースが後を絶たないそうです。

「病気の治療だけでは無く、退院後の生活まで考えないと、病院側は退院して貰うのが難しい」

そこで新たな取り組みを始める織田医師。

MBC(メディカルベースキャンプ)

MBCという在宅医療前線基地を作りました。
訪問看護師、ヘルパー、医学療法士など、在宅医療に関わるスタッフを集約します。
通常は別々の事業所にいるが一箇所に集約しました。

ここを拠点にして退院後2週間、医師やスタッフが患者を訪問して見守ることにしました。

MBCの巨大モニターにはどのチームがどの患者の家に向かっているか表示されるという最新システム。
緊急の呼び出しがあれば、近くの医師を向かわせる事も出来ます。

織田医師はITを駆使して在宅医療を充実させようとしていました。
「救急治療をして家に帰すとなると高齢者はスムーズに自宅に復帰するのは難しい。自宅を病院に近い状態にしたい」

深村さんの退院に密着

4/7。1人の患者が退院することになりました。
深村さん92歳。大腸感染症で1ヶ月入院していました。
肺にも持病が有り、酸素吸入が欠かせない状態です。

家族ぐるみで農業しているので父親が1人切りにするには心配と家族の方。
「昼は家にいないので調子の悪いときはどうしているかとか思っている」

そこで織田先生が取り出したのは切り札のタブレット。

病院と自宅をタブレットで繋いで遠隔で見守ろうという物でした。

さらにナースコール付きのスマートウォッチも。
心拍数を自動で病院に送ることも出来るそうです。

しかし最新機器の説明に首をかしげる家族。

「何が何だかさっぱり解らん」

92歳のじいちゃんはさらにちんぷんかんぷんでした、。

深村さんは我が家に1ヶ月ぶりに戻りました。
自分の部屋でホッと一息。

家族としては
「病院にいれば見てくれているので安心感があるが・・・」

不安がある?

付き添っていられないのでそこが一番不安

早速タブレットを試しますが・・・耳が遠いおじちゃんには使いづらい物でした。

順調に回復して自力で歩けるようにはなりましたが、タブレットには不満がありました。

画面が小さくて見づらい

「看護師さんとか見たことあるが誰か分からん」

かなり小さいタブレットのためじいちゃんには使いづらいようです。
さらにヘッドホンを付けてテレビを見ているおじいちゃん。
その為タブレットの呼び出し音に気がつかないこともありました。

そこでシステムの運営会社と共に改善点を探します

深村さんの不満を解消する手立てが見つかりました。
深村さんがいつも見ているテレビを交換し、色々な機械を繋ぎます。
テレビ画面の上に設置したのはカメラ。

病院からコールすると自動でテレビが切り替わる仕組みにしました。

大きくなった画面で、顔なじみの看護師を見つけておじいちゃんも満足。

病院側も大画面にした事とでヘルパーさん看護師など、同時に会話できるようになった
テレビで見守る在宅医療のスタート

設備投資はかかりそうですが・・・。

「気持ち的には家が良い+αでこうして体重や食事の管理がきちんと見れれば病院にいるよりは本人の満足度が高い。

進化する在宅医療の模索が続きます

どこで死にたいですか?

三重県四日市市の陣田さん
去年8月末期の膵臓癌と宣告された方です。

「15kgも痩せて全然食べられないのに抗がん剤投与されるのは辛い」

陣田さんは奥さんにある物を託してました

安楽死の宣言書

延命措置は一切お断りと記載されていました。
どのような医療を受けた以下の意思表示です。

人生の最後は住み慣れた我が家で迎えたい旦那さん
看取りたい奥さんの姿がありました。

治る見込みの無い病気になったときにどこで最後を?

この内閣府のアンケート調査の結果は。
自宅:55%
病院:28%
老人ホーム(福祉施設)5%
ケア付き住宅:4%
子供の家:1%

という結果でした。半数以上は自宅です。
しかし実際に亡くなった場所は。

自宅は13%
病院は75%
老人ホーム6%

患者とのずれは大きいです。溝を埋める為の試みが始まっていた。

いしが在宅ケアクリニックの取り組み

石賀さんという、在宅医療の専門医師がおります。
石賀医師が院長となっているのが、いしが在宅ケアクリニックです。

2009年開業で、四日市市では初となる在宅医療特化の診療所。
医師9人看護師11人が24時間対応しています。

率いているのが、石賀院長。年間300人を在宅で看取り全国トップクラスだそうです。

何故多くの患者が石賀さんを頼るのか?

最初の訪問では特に気をつけていることがあるそうです。

「不安いっぱいな方が多いので、初回は笑顔に出来るくらいリラックスして貰い、信頼関係が出来るまで時間を掛ける」

初めての診療を行う現場に密着していました。
初対面の患者は、竹腰さん。
末期の前立腺癌です。
介護しているのは妻と、娘。

コミュニケーションを取ろうとしますが、返事がありません。
もともと口数は少ないそうですが、脳出血で麻痺が残っているからしゃべりにくくなっているそうです。
寝たきりになってから家族との会話も減っていました。

話の糸口を探すため、壁にある写真に目をとめそこから会話の糸口を掴みます。
そうやって寄り添っていくことで、少しずつ打ち解けて行っていました。
最期には手を振ってくれるぐらいまで信頼関係を気づきました

在宅医療に取り組む原点

高校生の頃祖母を自宅で看取った経験だそうです。
10年間自宅療養していた祖母は穏やかに亡くなったそうです。

「家で死ぬことは楽な死に方だと思ったのが原点」

医学部に入り実習が始まると
「何でこんなに医師や設備も揃っているのにしんどい死に方しか出来ないのかと怒りを覚えた」

そういったことから在宅でのみ取りに力を入れるようになったそうです。

在宅での看取り実施は、全国の病院診療所の5%だそうでして。
これを改善するため、石賀さんはある取り組みを進めました。

いしが在宅ケアクリニックは末期癌などの患者を受け入れる

一番手がかかる末期癌などの患者を一手に引き受けるのがいしが在宅ケアクリニックです。
老衰、認知症は開業医に受け入れて貰うという仕組みにしました。

開業医も在宅医療に参入しやすくなると考えたのです。

そしてこれに答える医師も増えました。山中医師もその一人。
呼びかけに答えて3年前から週2回在宅医療に取り込むようにしました。

「癌末期の患者は医師に負担がかかる。石賀先生が来て心理的な負担やハードルが下がっている」

四日市では石賀医師が在宅医療を始めてから20施設が在宅医療を実施するようになったそうです。

3月石賀さんを頼る人が現れます。

稲垣さん68歳
去年末期の大腸癌で手術を去年8月に受けまして3月から在宅医療になりました。

癌が進行して腹水がたまり痛みが出ていました。
痛みを取るのが先決ということで、お腹の水を抜く処置をしていました。
緩和ケアがメインみたいですね。

心配そうに見守る、夫と息子

「最期まで自宅で過ごせたら理想」と、稲垣さん。
夫は「今できる事を叶えたい気持ちはある」と頑張って介護をしていました。

3日後。身体が日に日に弱っていました。

そこで石賀さんの提案。
「目標を決めないと桜を見に行くとか」

目標があれば生きる力がわくと考えました。

稲垣さんも「土日行くかな。花見」と前向きになりました。

4/8。望みを叶えるため花見に向かいます。

この地域きっての桜の名所へ、普段は離れて暮らす3人の子供や孫も集まりました。

自転車に乗れるようになったのを祖母に見て欲しかったようです。
孫の姿をその目に焼き付けます

「満開の桜の元で家族で過ごしたこの日はかけがえの無いものとなった」

このナレーションで先の話が見えてましたね。これが死亡フラグというものですね。

花見から2日後。
容態は目に見えて悪化していました。

在宅医療で支えてきた石賀医師が、旦那さんを別室に呼びます。
そしてゆっくり説明していた

「最期の時を迎える準備」

今後死にゆくに辺りどのような事が起こるかを事細かに説明していました。
眠る時間が多くなりうわごとを言うようになるそうでして…という事を切々と説明していました。
心の準備も出来ますよね…。

そして今週が山です

取材をしている途中に、切迫した状態となりました。

いや。ホント。良くここまで撮影して、それを放送しても良いと言ってくれたなぁと。
この家族の方々はホント良い人たちです。
そして辛いなぁ。いや。今日のガイアちょっと泣きました。

本当の人の死の瞬間を映していたのですから…。

生きていた頃の映像。
死んでしまった映像…。

リアルな死を見せられて結構衝撃的でした。こういうのが本当に重要だと思います。

それにしても、リアルな死亡宣告の瞬間。見ることないからなぁ。
やばいな。あの瞬間。
徐々に脈が弱くなり…という。

「2:55。死亡を確認させて頂きました」

最期まで自宅で過ごすことを望んだおばあちゃん。穏やかに亡くなりました。

旅立ってから2週間

自宅で最期を看取った家族には何が残ったのか

「なかなか元気なときには出来ない事も助けてあげないととなると、より親密に濃密な時間を過ごせた」と息子さん
「本人も多分も喜んでくれてると思っている。下手な介護は無いよと怒られるかもしれないが。私としては良かった」と旦那さん

自宅での看取りは、家族にとっても大きな意味がある
石賀さんはそう確信していました。

「在宅で関わった家族は誰でも別れは辛いけど、達成感ややりきった感を皆さん持たれる」
「自宅で望んだときに利用できるシステムを整えるのは我々の責任」

まとめ

住み慣れた我が家で最期を迎えたい。自宅でも安心して診療して貰いたい。そうした願いを叶えるためには家族にも大きな負担を掛ける可能性がある。
それは患者本人も望むことでは無い。
人生最後まで納得できるように過ごすためどんな仕組みが必要なのか。本日取り上げたのはその課題を乗り換える一歩かも知れないと締めくくられていました。

今日のガイアは本当に凄く考えさせられました。


タイトルとURLをコピーしました