ガイアの夜明け 感想

今日のガイア

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。
 誤字脱字、支離滅裂となってますがお気になさらず


震災から半年…か。

「福島を生きる」か。重いテーマだ。

賠償もねぇ…「損害が証明出来れば」だもんねぇ。
とはいえ。無限賠償なんてしてたら大変なことになりますし。

福島の浪江…に入っていく男性の話から。
線量計がアラームを発するほどの放射線量かぁ。

そんな浪江駅前には人っ子ひとりいないと。
あれ。あの景色…震災初期のころどっかのスレまとめで見た気がする。

原発から8kmのサンプラザというショッピングセンター。
そのサンプラザを経営しているマツバヤの総務部長がショッピングセンターの中に入ったようです。
意外と荒らされてないもんですねぇ。
なるほど。原発事故の損害算定まで商品は動かせ無いのかぁ。なるほどなぁ。
引き出物作っている途中に避難かぁ(´・ω・`)

浪江の人達の要望を丹念に聞いて調べて品揃えをしていたのがサンプラザ。
競合すら入り込めないほどの地元シェアがあったのかぁ。

震災以来給料は入らない。そりゃそうだわなぁ。
ハロワ行っても辛いんですよね。あの空気って凄い重いですからねぇ(´・ω・`)

猪苗代湖のホテルでマツバヤ社員総会が開かれたようですが、久々に合うという事で盛り上がってましたねぇ。
200人中91人が集まったそうですが。
マツバヤの社長若いのね-(51歳)。引き継いだばかりだったのか。辛いねぇ。
月商3億…たった250万円じゃどうにもならんですわな。そりゃ。

…で、突然「ネット事業」という事を始めると。え???
凄い方向に飛びましたねぇ。従業員からは戸惑いの声しか出ません。現場で働きたいと。
ただ客が戻ってくる訳でもなく。そんな金もなく。でも売り上げは必要と。
八方ふさがりですよね。

お金のやり取りの場じゃなくて、ヒューマンビジネスがしたいかぁ。
仮設でも『店舗』を。か。

やりたいけれども金がないですからねぇ。
ネット事業で足場が固まるのかという問題はあるとしても。

郡山に仮事務所を設けてネットビジネスを開始するようです。
自分達で商品を紹介するビデオを作って公開しようという作戦の模様。

「浪江のお客様が見てくれたら買ってくれないか」…か。か…(´・ω・`)
顔の見えるネットショップね。うん。

離ればなれになっている人達が集まる場所を作る! と。
相双エリアネットワークというポータルサイトを作ったようです。
地域コミュニティをネット上にか。ねー。うん。

そういうお客を大切にするマツバヤを応援する企業も少なからずいるようですので頑張って欲しいです。
良い企業が消えてしまうのはあってはならないですからね(`・ω・´)
ってかホント客の信頼厚い店舗だったんだなぁ。お客が店員覚えているほどだもん。凄いわ。

福島市の木乃幡というお餅屋さん。
南相馬にある和菓子店のようです。

一番人気は「凍天」だそうです。
なんか揚げてあるドーナツのなかに福島の名物「凍もち」が入っているようです。
カロリーは高そうですけど美味そうだなぁwww

うは。楽天スイーツ1位とったこともあるのか。すげぇ。しみてんw
でも「凍もち」の在庫がないのか…。工場が原発20km圏内にあるからと。
機械を取るために20kmに入ったようです。
検問所からたった1kmぐらいのところにあるのか。

ふむ。機械は10万cpm以下じゃないと持ち出し禁止なのか。
震災の被害は2200万円か。でかいなぁ…。
新築の自宅も住めなくなってしまって。
「神様いるなら殺したい」か…。重いですね。ホント重いです。
流石にテロップには出せないでしょうけど。しっかり放送は。うん。これが生の声ですもんね。

南相馬の店舗に仮工場を作ったようですが。生産量が全然追いつかない模様です。
そこで頼りにしたのは「もち吉」という九州の会社。煎餅と言えば「もち吉」だそうです。
「もち吉」の社長はモッタリした方ですねぇ。そうか。交流のある方だったのか。
「要望があれば絶対に作る」と、力強いお言葉を頂けましたが。
避難してた地域も放射線量が高いという事実に直面…。
子どもの年間被曝限度を超えるぐらいの放射線がただよっているようです。
そして仙台へ引っ越しとなってしまったようです。
子どもは外で遊べないとねぇ(´・ω・`)

子どもの安全が優先。流石親ですね。うん。
そして仙台にも出店か~。うん。開店から行列が出来る程か。すげぇ! 木乃幡
凍天…いいなぁwうまそうだなぁw
1日で1500個売れたとか凄いなぁ~。仙台出店大成功。でも福島には戻りたいですよね^^

「やせ細った状態で戻ってもしょうがない」か…。かっけぇ!

強いなぁ。福島の人達強いですね。ホント(`・ω・´)

タイトルとURLをコピーしました