ガイアの夜明け 感想

今日のガイア

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。
 誤字脱字、支離滅裂となってますがお気になさらず


節電! 創電! か。

歩いて5分の職場が…車で90分とか半端無いですねぇ。
え? ログハウスが職場??
コンフィデンスソリューションシステム…という会社が高崎から軽井沢へ移ったそうで。
ソフトウエア会社ですなー。
ふんふんガソリンスタンドの管理ソフトか。

停電を避けるために軽井沢に移ったというわけですか。
中部電力か~。中部電力管内かー。中電だって結構キツキツですけどねぇ。
避暑地だけ合って快適に仕事をしているようですが。

だから首都を北海道にしちゃえばいいのにねぇ。
土地も電力いっぱいあるのに(゚∀゚)

セブンイレブンの節電策…。

東電管内の1000店に太陽パネルか~。半端無いなぁ。
セブンイレブンは15%なんて甘い甘い。25%だ! と頑張っているようです。
総額100億円とか凄いよなぁ。
太陽パネル、LED照明、冷却ケースを省エネタイプに…。
それでもまだ10%しか節電にならないのか。

そしてやり出したのは、京セラと共同開発にて「スマートセンサー」で電気の利用状況を見える化すると。
配電盤に取り付けるタイプのようです。
え? 設備ごとの電気使用量、金額が出てくるとか凄いなぁ。

オーナーさんはオーナーさんでやり方があるわけですしねぇ。
本部は言えば良いだけだから楽でしょうよ。
結局本部に逆らえないんだから…ねぇ? とか改めて思ったり。

必要ないと思った時には冷房を消しなさい!
フライヤーもセーブモードが使ってない!
とか…どうやら追加注文が多いからのようです。

そういう気づきが出来るのはいいのかもしれませんけどね。

はー。冷蔵庫のドアを開けっ放しで作業しちゃ駄目ですよね。
夜中に二つも空調は必要ない!とか…いろいろありますねぇ。
打ち水だ! フライヤーはいっぺんに使おう!

見える化することで従業員のやる気も出てくるようです。
へー。この夏は揚げ物が売れているようですよ。暑いから。
それも山盛りにしたら売れ行きが良かったとか(笑)

次にセブンイレブンが目を付けたのは…地下エネルギー?
地下には暖かい空気、冷たい空気があると。
はー。地中5mの温度は15度で安定しているから、空気を外から送り込んで吐き出せば冷暖房いけるんじゃね?というもんのようです。

面白いシステムもありますな~。

日本の電力は、「火力」「水力」「原子力」で9割ですもんねぇ。
原発は3割弱。

新エネルギーが1.1%だというんだからしょっぱいですねぇ。

可燃ゴミ可燃ゴミ…そして発電。可燃ゴミ発電によって23区内で25万KWh発電できるようです。
ゴミの投入量を増やせば発電量が増えると。
電力が危機だから稼働率を上げていこうとしているようです。

「バイオマス発電」ゴミとか、木くずとか、そういうので発電していくと。

茨城のひたちなか市には民間のバイオマス発電があるようです。
木材系燃料100%を燃料にしているようで、廃材とかを集めて燃やしているようです。
首都圏に4100KWhを売電しているようです。

今は廃材がガッツリ集まってきているようでして…。そりゃぁ…震災瓦礫ね(´・ω・`)
茨城も被災地ですからねぇ。
瓦礫をリサイクルして発電と。

ただ今回の震災瓦礫は、津波により「塩分」が含まれているのが問題のようで。
炉を傷める可能性があるようです。

どうやら茨城県内のは随分と処理が終わったようでして、東北の各県に広げていくかどうか…。
塩分で大切な虎の子が壊れたら大変ですし…。

流石に宮城の震災瓦礫はかなり状態が厳しいようです。
でも「やりがいがある」って。
宮城県との話し合いも順調だったようで、持って行ってくれるような有り難いと。
バイオマス発電は、考える方向と沿っていると。
どうやら宮城の瓦礫も発電の材料になりそうですね~

こう言う仕組みを一気に進められるようにして苦のが政府の役目だと思うのですが。
今の無政府状態…もとい無能政府状態じゃどうしようもないですからねぇ…。

タイトルとURLをコピーしました