ガイアの夜明け 感想

今日のガイア

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。
 誤字脱字、支離滅裂となってますがお気になさらず

復興支援についてか。

もう4ヶ月になろうとしているもの…そりゃ必要な物もかわりますよね。
って凄いなぁ…。物資の量が凄まじいなぁ。
溢れる善意かぁ…。

隣の山形県でも1万5000個もの物資をあずかっていたらしいですが。
今ではニーズが無くなって送る場所が無くなって閉まっているとか。
うーん…。

支援物資を引き取りバザーで販売しお金に換えると。
ただ酷い物も多いという現状…。使い古した古着とかそんなの送った人もいるんだねぇ。
黄ばんでたり、汚れてよれよれだったり、片方だけの靴下とか、名前の書いてあるシャツとか。
ふんどし…て…。どう考えても…ねぇ?(;´Д`)

引き取った物資の8割が廃棄処分とか。
結局は被災地にゴミを送った形になってしまったと。善意が善意じゃなくなっているのは。
本当に勿体ないですねぇ。

夏になってきたので、今必要なのは殺虫剤とかが必要だとか。
とかいったらまた集まっちゃうんでしょうねぇ。
タオルも雑巾加工してくれると助かるとか。
地域などによって全然要望が変わるから難しいですよね。支援ってのは。

ふんばろう東日本支援プロジェクト。600名ほどが参加しているようです。

物資を求める被災者の生の声が書かれているサイトですね。
被害者の住所がメールで送られてきて、それを送付するという。
個人間での支援の取り組みですか。
でも、ちゃんとプロジェクトの代表がちゃんと現地で聴いて回ったりしているんですね。
そして聞き取ったニーズをちゃんと反映すると。
地道な活動ですねぇ。

…ってか、廃家電凄い数だなぁ。津波の威力だもんなぁ。
そりゃぁ…家電は必要ですよねぇ。
そして「被災地に家電を送ろう!」プロジェクトとなったようです。
団地の側でビラを貼りだしたらガッツリ家電が集まり始めたようで。
「新品」まで。

ちゃんと動確して動く物を集めているんですね~。
1日平日なのに250台も集まるとは。
そしてそれらが配られて皆さん喜んでますねぇ。冷蔵庫もらって喜んでw
それらにはしっかり送った人の連絡先があるようで。
その後の繋がりになるかもしれないとか…。いろいろ考えてますねぇ。

「お手紙プロジェクト」なんてのもあるんですねぇ。
物資の支援から心の支援…か。

津波の被害で心に傷を負っていたおっちゃんも…。
お手紙プロジェクトから手紙もらって、ついでに花の種もらってニコニコと。
こう言う心の支援も大切ですよね…。
私みたいなひねくれ者にはあれなんですけどね。

へぇ。すかいらーくボランティアが夕食支援をしていたのか。
16万食の支援とか凄まじいなぁ。3億円。8月いっぱいまでとか凄まじい。
全国に3622店舗のグループですからねぇ。

そうか。仙台工場から北海道と東北のすかいらーく系列に送っていたのか。
その仙台工場から被災地へと送っていたと。
へぇ。新人研修を兼ねて新人を送り込んでいたんですな。なるほどなるほど。

ってか、かなり豪華だなぁ~。
あ~。話しかけたりして交流も計っているんですね。人との繋がりを学ぶか。
最期のあいさつも…。あぁ…。名簿…。重い物が詰まってますしねぇ(´・ω・`)

あ~。パンの缶詰の会社。パンのアキモトさん(゚∀゚)
支援を続けていたのか。

最初はとても喜ばれていたパンの缶詰^^
凄いなぁ…全国から善意が届けられている。凄い額が…。
だからパンを作り続けて送り続けているようですが。
辞めたくても辞められない状況に???

でも被災地では断る状況も出てきてしまっているようです。
今後は支援は仮設住宅に向けてという感じに変化して言っているようです。
仮設住宅には支援物資が届かないですからねぇ。自立のためのだから。
なるほどな~。

ただ、アキモトさんは本業に大きな影響が…。
大口の取引先だった那須塩原の観光ホテルの経営がやばいことに。
原発事故の風評被害によってお客さんが来ないと。福島原発100kmに近いからか…。

そうなると本業…。本業がなぁ…。
なのでパンの缶詰を本格的に売りだそうと動き始めたようです。
支援と商売の両立って本当に難しいですからねぇ。

大手企業の備蓄用に販売をしようと…。
今の時期はタイムリーですしねぇ。

それにより大口のお客様も出てきたようです。
金城学院高等学校か。避難所に指定されている学校さんのようです。
1600缶。
新入生が入るたびに購入するという約束まで。でかいですね~。売り上げ的にも。

会社が潰れるほど支援しちゃいかんわけですし。
いや。いや~。難しいですね。
タイトルとURLをコピーしました