ガイアの夜明け 感想

今日のガイア

今日のガイアはっと。

遺言ツアー・・・か。1泊2日で書き上げるとw
なんだろうなぁ。自己啓発セミナーみたいなもんだよなぁ。行政書士付きのw
15万8000円!? た、たっけぇ。その金相続させてくれ! なんてw

俺もそろそろ書いておかないとなぁ。
・・・相続するようなもんもそれほどないけどw


信託銀行の地下金庫には大量の遺言書が保管されているのか。
ほっほぅ。とんでもない金庫の中に入ってましたw

それにしても、兄弟から訴えられるとか半端無いなぁ。
母の介護のために家を買った妹が家を奪われたと兄貴達から訴えられるという。
酷い話ですよ。妹が勿論勝訴しまして事なきを得たわけですが。
相当、家という財産をあてにしていたんだろうなぁ。兄貴達。
裁判まで起こして。

1000万円未満の財産の人が遺産で一番争うらしいです。
金がない人の方が争う・・・か。はぁぁぁぁぁ。
200~300万円で争うことが多いようです。

金持ち喧嘩せずとは言いますが、まさにそのとおりのようです。
貧乏ってホント辛いですよね・・・辛いんです(。´Д⊂)゚。

毎年相続で50兆円動くとか・・・ぱねぇ。そんなんだったのか。
ってか、遺言書キットが売れる時代ってのはw
2415円・・・か。でもちょっと気になるなぁw

書き間違えると効力が失われるのが遺言書だそうです。
厳しいんだなぁ。公証役場行くと5万円~15万円かかるんだから2415円は確かに安いw

パソコンでの遺言書は無効! 正しい法律用語で! 修正は不可!
・・・ぱねぇw

家族内の会話にもなるか・・・
こりゃまた売れるぞぉ。この遺言書キット。明日からしばらく売り切れだ!

一澤帆布? あぁ。なんか有名な話ですよねw
創業から100年以上経っているようです。

一澤信三郎帆布・・・長男と三男が対立してと。裁判泥沼。
三男側が勝訴して決着したと。
一澤帆布が無くなって、信三郎帆布が残るという結果になってしまったようです。
ま、先代が悪いわな~

次は四男が近くに店を作ったそうです。一番親父と仲良く作ったから自分も作るんだ!らしいですよ。
不思議な争いですなぁ。

でも中小企業では多いようでして。
銀行ではバックアップするという事業もあるようです。
銀行としても損失となるから・・・なるほど。確かにそうだよなぁ。

ファインという中小企業のお話。赤ちゃん用などの様々な歯ブラシを作っているようです。
年間出荷本数300万本。お~。

その会社の社長が次がせるのは誰になるのか!
長女・・・次女・・・三女・・・この内の誰だ!
で社長が決めたのが、一番自由奔放に育った三女だったと。不思議だなぁw
かなりガクブルみたいですねぇ。三女は。

ってか、父親が既に見越していたとかぱねぇ。すげぇ。父親の愛情w

早速の試練があったりとなかなか社長業は大変のようです。
初めての交渉は何とか試用までいったようです。

うーん。なるほどなぁ。
取りあえず遺言書キット手には入ったら親にプレゼントするかw


タイトルとURLをコピーしました