ガイアの夜明け 感想

『withコロナ 日常を取り戻せ!』【今日の「ガイアの夜明け」感想】

今日のガイアを3行で

  • 各国のwithコロナ対策を取り上げてました
  • 各国それぞれの事情で動いてました。イギリスが怖い
  • 抗原検査キット唾液式のはあてにならないのが分かりました

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

コロナ対策について

皆さんはやったことあります?
コロナの検査
多くの人がやるようになるかも知れない。

感染者が劇的に減り宣言解除された日本。
これからが大切です。

海外はどうでしょう

感染者は減っていないがパーティーが日常になってる国。
そのトップは?

「コロナをインフルエンザと同じにして強制しなければならない」

検査検査の国ドイツ。

「街の景色が変わった」

そこら中に検査場があるようになりました。

そこらで売られてる抗原検査を独自に調べて見たりと。
意外な結果が出たそうです。

感染対策か経済か

今日のガイアはコロナについてでした。

新型コロナ患者の急激な減少

神奈川県鎌倉市のある場所
プレハブの建物
神奈川県立臨時医療施設

新型コロナウイルス専用の施設

命を守る最前線です。

外で待機してると救急車が到着。
搬送されている人はストレッチャーのまま運ばれて行きます。
自力で車椅子の人も。。
ギリギリの状態でした。

8月20日 1日2万5851人の感染者。
過去最多でした。

臨時医療施設の入院患者の多くが60代以下の若い世代となっていました。
開設当初から闘っている會田医師
病棟に入るのでカメラを託します

「レッドゾーンに入りました。」

カーテンで仕切られた異様な空間
皆コロナと闘ってます。

その病棟には120人が入院。

會田医師も1500人の患者の治療をしてきたそうです。

「聞こえる。大丈夫?」
「辛かった」
「どういうときに苦しくなる?」
「咳をしたときそれが酷いですね」
「咳をした後に苦しくなる」

その病棟は中等症の患者を扱っていました。
肺炎や呼吸不全などの症状です。
重症化するケースも

酸素の投与などが必要な場合もあります。

「今は亡くならせてはいけない人ばかりなので全員に最大の治療をという感じでやれることを徹底的にやる」
「増えるのは予測出来ていたが本当に悪い人ばかりが来ている」

コロナがピークだった頃ですので一番厳しい時でした。

0時になっても症状の重い人たちが搬送されてきてました。

10月上旬

會田医師を訪ねると病棟が暗くて誰もいません。
レッドゾーンも入れました
現在使われていないそうです。

入院患者

8月120人→10月6人

「入院に至るような状態の悪化した人がいなくなった」

感染者が減った理由はワクチン接種

医療従事者の方々の苦労のおかげですね。
政府もワクチン確保しましたしねぇ。邪魔されつつも。
問題は色々ありますがある一定の成果がでてます。


激減している新規感染者

要因の1つはワクチン接種
2回接種が65歳以上は90%
接種対象者 73%に広がりました。

世界の国や地域の中でもトップクラスの接種率

第5波の特長

感染者は過去最多だが死亡者は第3波第4波より少ないです。
現在入院している人も新しい薬や医療機器で回復しています。
病状が良くなり一般病院に転院する人も

「動くと息切れするがリハビリ頑張り家に帰りましょう」

會田医師
急激な状況の変化に戸惑いながら医師として何をすべきか考えていた。

「コロナが普通の風邪のようになるには早期診断、早期治療、入院に至る前の状態にする。それがワクチン
 ただワクチンが効かないような株に備える必要がある
 第6波に備えて着々と準備を進める」

ここ半年のコロナの感染者と死亡者のグラフ

随分と減ってきた

一方イギリスのグラフを見ると感染者数が減っていないのです

イギリス

コロナの最中であるのを忘れさせる日常、
コロナをインフルエンザと同じと位置づけるように舵を切りました
ほぼ日常通り通常通りの営業となっていて。
以前は外出禁止令が出ていたロンドンも皆普通に歩いている
マスクの着用義務もない
海外からの旅行客も受け入れていた

「コロナ前に戻りたかった」
「自宅待機も隔離も大変でしょ」
「かなり状況はいいね」
「誰もマスクしていないのは良い結果なんだろうね」

と、市民からは好評ですが…。

イングランドの入国ルール

感染者が多いなどの7ヶ国を除いてワクチンを打っていれば隔離なども必要無し

何故こんな状況?

大胆な決断が行われていました。
自らも感染したジョンソン首相
2月の議会で…

「長い目で見てインフルエンザと同じように」
「コロナと共に生きる道を」

いち早くワクチンを始めた自信と接種率も高いので解除となったのです。
2回目接種率は78.7%となっています。

政府の要人達が事あるごとに語った

「私たちはすぐに日常に戻る事が出来るだろう」
「多くの人にワクチンが行き渡りこれまでに無かった自由が得られた」

7月ウェンブリースタジアム
日常を取り戻そうと行われたイベントが。
コロナ前のような光景

サッカー欧州選手権の準決勝決勝

6万人以上が詰めかけました
収容人数75%まで入場を認めたのでした。
盛り上がりは会場外でも

そのおかげで準決勝決勝の3日間
9018件の感染が報告

追跡調査を実施しましたが方針を変えなかったのです。

7月19日ロンドンの夜の町ではナイトクラブの営業再開

マスクもせずに踊っていました。

集会の人数上限などほぼ全ての規制解除

「自由の日 おめでとう!」と騒いでました。

一方で…

制限緩和後感染者が急増
平均で1日36000人 死者は114人

感染爆発してました。

市民はどう思っている?

「国ではなく個人の自己責任で行動すべき」
「インフルエンザの一種みたいな物で今度はコロナと共生しないといけない」
「完全にコロナに打ち勝つことは出来ないでしょう
 だから経済を前進させた方が合理的だと思う」

一方で
「死者が出るのは1人だって許容できない
 日常に戻る事で死者が出る事実が隠れている」

死ぬのも自己責任と割り切りました。
それが許せるか許せないかですかね。
国民の命を守らないといえばその通りですが。
経済を優先したのがイギリスですね。

経済は動き出してました。
9月13日イギリス最大のアルコール見本市
日本の展示コーナーも
エシカルスピリッツという会社が出品してました。

「東京で蒸留したジンです。お試し如何でしょう」

酒粕を材料にしたジン。環境に優しいのも売り。
たくさんのオファーを得たそうです。

「基本的には店を開けている
 新メニュー作ったり新しい購買をしていて
 再開所かコロナ前より店を積極的にやると答える人が多い
 日本と環境が違うと感じる」

皆さんイギリスのやり方をどう思う?

個人的には怖いです。
自分の命は自分で守りなさいとある意味責任を放棄したようなものですからねぇ。
ワクチン効かないのが一気に爆発したらどうなることやら…

シンガポールの場合

イギリスとは全く違うやり方で日常を取り戻す国がシンガポールです。

現地リポート
「マーライオン公園に到着しました人出が出てます」

朝ですがエクササイズしたりチャリ乗ったりしてる人が。

自転車が空前のブームだそうです。
自転車乗ってる人がたくさんいました。

マスクをしないといけない規制ですが。
外で運動しているときは外して良いそうです。

世界でもシンガポールは規制が厳しい国の一つ

しかし感染者数は非常に多くなっていました。

感染が広がった原因が8月10日規制緩和

外食禁止→最大5人可能に

外国からの入国者ほぼ閉鎖 → 入国可能に

在宅勤務→半数出勤可

緩和の根拠→2回接種済み
ワクチン摂取率 83%と高かったのです。

しかも
「ファイザーを3回接種」しました。
9月には3回目を開始していたが…

8月は日に59人感染だったのが規制緩めて
10月になると3590人を記録
日本の人口に換算すると1日79000人が感染したことになる

感染爆発した場所があるので向かいました

ショッピングの一角が静まりかえってました。
どこも開いてません

クラブドルチェ

KTVラウンジ

接客してくれる女性と酒飲んだり踊る店だそうです。
キャバクラとかそういう感じでしょうか。

地元の新聞には
KTVでクラスター88人
KTVクラスターが拡大
などなどが踊っていました。

スタッフの女の子達のロッカーはがらんとしてました。

9月24日
新型コロナウイルスのタスクフォースが規制強化に乗り出しました。

「9月27から10月25日までの1ヶ月間
 個人的な集まりは2人
 在宅勤務を基本として
 職場の交流は最小限に」

外食は2人まで仕事は在宅勤務となりました。
店に入るにも厳しくチェックされるように。

感染が起きたとき追跡できるように記録を残す
新型コロナ接触追跡システムも稼働

屋台街では白いポロシャツの人を多く見かけるように

感染防止パトロール隊

「マスクをしてくださいね」
「飲み終わったらマスクを」

食事以外ではマスクしているかチェックしてました。

新嘉坡政府は
重傷者死者が少ないから以前のような締め付けはしないとしています。

シンガポールから何を学ぶべきか

日本がこれと同じ道を辿りそうですねぇ…。
第6派も目の前です。
北海道も徐々に感染者増えてますから。

ドイツの場合

現在ドイツでは65%がワクチン2回接種済
屋外のマスク着用義務もありません。

でも1日感染者8035人
ピーク時の31%だそうです。

ドイツの街角でよく見かけるのが
一部で話題になっている物

無料でコロナスピードテスト

「5分で検査すると20分で結果が出ます」

PCRより精度は落ちるがコロナで感染してるか分かる抗原検査が受けられます。
週末は7時から23時半まで。
街角のカフェにもありました。

「コロナテスト予約無しで無料」

大人も子供もいつでもどこでも検査

ドイツ政府の対応でした。

「飲みに行きたいときもすぐに検査をうけられる
 街の景色がガラッと変わった。そこら中に検査場がある」

抗原検査はこんなやり方も

ベルリン名物バイクタクシー
乗客ではないオッサンが乗ってました。

移動式の抗原検査


コロナバイクの経営者

「4月に始めました。バイクタクシーの仕事がなかったから」

今では色々な所に止めて検査していました。

ただこれがワクチン接種は進まなくなっている理由とも。

そこで無料の抗原検査10月11日から原則有料に

再びシンガポール

在住3年西岡さん
馴染みがない抗原検査だが海外の多くの国では日常的に取り入れていた。

小学生の娘はオンライン勉強中

それが終わると母親が突然言い出します
「テストをします」

シンガポール政府

全世帯に「抗原検査キット」を無料配布

検査キットで検査をします。
検査液をたらして15分待つと線が1本だけ。
陰性です。

「週末に子供が友達の家に遊びに行く
 行く前の自宅で調べることでお互いに安心感があるので凄く便利」

子供
「もう慣れたけど時々ドキドキしてちょっと痛くなる」

世界中で広がる抗原検査
日本ではどうなっているのか

コロナの検査方法

PCR検査

 コロナに感染しているか調べる
 鼻や口、唾液の遺伝子を薬液をつかって増やして検査。
 9割程の精度があります。

抗原検査

 コロナに感染しているかしらべる
 鼻や口の細胞を採取して行います。
 とても身近な物
 精度は落ちるが結果が早い

抗体検査

 血液採取して調べる
 今コロナにかかっているかでは無くコロナの抗体があるか調べるもの
 かかっていたかが分かります。

感染者が減ってきたとはいえ油断できない日本。
抗原検査を使おうという動きがでてます。

根源検査キットの販売

医療用の抗原検査キットを厚労省が9月27日に解禁しました。

ウエルシアでは急遽決まったのでこんな物を使った
医療機関向けのキットを個別に詰め替えて対応。

厚労省が承認した15種類を薬局で販売開始しました。

買い方としては。薬剤師から説明を受けます。

「鼻の中に2センチ入れてくるくる回して粘液を取る…」

そして譲り受け書に記入します。
内容が理解したか確認したかなどが必要です。

ウエルシアでは薬剤師がいる1600店舗で販売するそうdせう

緊急措置に対し担当大臣は

「PCR検査や他の検査と同様に非常に大きな役割を果たすと期待している」

巷の抗原検査キット(研究用)

以前から抗原検査キットは売られていた
ネットで調べると一杯出てきます。
私も買ったことがあります。

しかし医療用ではないのが色々
高いの4400円安いのは1000円を切る

ガイアではサイズも販売元もバラバラを20種類買いました。

どんな物が入っている?

似た物が出て来ました。
20種類のうち6個が中身が同じ物

気になることがありました。


京都府警

陰性しかでない未承認キットを販売したと逮捕

買った物の1つがそれにそっくりでした。
研究用と書かれています。

説明書を見ると

「臨床的な有用性は確認出来てない。診断等にもちいないで下さい」と記載が。

検査キットなのに診断に使えない


10月11日長崎市

コロナ治療薬やワクチンの研究をしている長崎大学病院で調べて貰うことに
感染症研究の第一人者栁原教授に聞きました。

「研究用」とは

「最初研究用で作られ検証されればそれが医療用になる
 検証されなければ研究用のまま。
 研究用だから悪いというわけではない」
「玉石混交で良い物も悪い物もある状態」
「検証してふるい分けしないといけない」

気になる物があるという

「こんなに沢山あると一般人は選べないですよね
 唾液と書いてあるのは辞めて下さいと話している
 検出が難しく厚労省でも承認している物が無い」

唾液は不純物が多いから検出が難しい

随分前唾液の奴買っちゃったなぁ…。
あれ駄目だったのか。まだ使ってませんが。

早速検査をします。

新型コロナウイルス検査センター
2020年設立

マイナス80度の冷凍庫からコロナウイルスを取り出しました

実験します

感染症研究の第一人者
栁原先生も興味津々

検体は鼻腔から取った物だそうです。
助教授の太田さんが検査

コロナウイルスが濃い、薄い、水を用意

厚労相承認医療用キット

「線が2本 陽性」

濃いのも薄いのも出ていました。バッチリです。

研究用キット

唾液使ったキットは除外
唾液はもう糞だというのが分かりました。


緑色の奴は濃いのも薄いのも出ました。

何も書かれてない奴は誤判定。薄いのが出ませんでした。

今回の結果だけだが5種類中1つが誤判定しました。

「もっと悪いと思った」
「まぁまぁ。抗原検査もちゃんと使いましょうと言うことになる」

栁原先生はこう言います

「今後私たちがwith コロナの時代でやっていくことで
 抗原検査キットも賢く使うべきだとおもう」
「正しい検査キットを正しい方法で正しく使う」

イタリアでは

イタリアではこんなことが

グリーンパスが必要

グリーンパスと言われるワクチン証明書が必要となってました。
コロナの震源地と言われたイタリア
現在感染者
日に2612人死者39人ほどに落ち着いています。
かなり多いように見えますが。

観光の再開ででグリーンパスが始まりました。
とある観光地でチケット売り場前に行列

イタリア全土の施設で提示を義務づけてます

グリーンパス

「グリーンパスは便利。スマホを出せば良いだけだから」

とある大学では。

「マスクとグリーンパスをお願いします」とチェック員

パスをみせずにはいろうとしてとめられる人が。

10月15日から職場でも義務化
違反すると1500ユーロの罰金です。

ワクチン接種を強制する施策

2回目80.6%という高確率

更に引き上げるために秘密兵器も
変わった注射器でした。
打ち方はおなじ腕に当ててワンプッシュ

「痛い?」
「いいえ全然」


痛くない注射…針無し注射

針無しでワクチンが体内に入るの?

ゴム手に打つと小さい穴が開いてワクチンが入っていました

強力なバネにより超高速でワクチンを押し出し注入するそうです。

注射を怖がる子供への接種へ活用されようとしていた

販売元(ガマステック)の方

「子供たち、私の子供そうだが
 針のある注射によるワクチン接種は抵抗がある
 この針なし注射器も子供向けの製品が完成するので期待していてください」

ドイツハンブルクの対策

小学校で始まっていたのは
「ペロペロキャンディを配って」

コロナ対策の切り札

小学校で1年生が登校します。

PCR検査
ペロペロキャンディとはPCR検査の検体を取得する棒でした。

試験段階だそうです。

ハンブルク州政府

8月から試験導入しました。
子供の感染を防ぐためです。
実用化も目指しています。

タイマーをセットして
「用意初めて」と先生の合図。

「口の中全体で舐めてね。下や歯の間とかも」

ペロペロ時間は30秒味は付いていないそうですが。

「棒を集めます!」

無造作に集めてました。
教室事に1つにまとめて回収。検査に回します。
陽性が出たらその日の夜に更に検査するそうです。

PCR検査はどうだった

「キャンディの方が良い。
 他のは鼻がむずむずするから」

コロナについてどう思う?


「コロナは検査よりもっと嫌」
「コロナは皆を殺すから」

校長先生は
「子供がマスクをしなくて良く遊べるような学校生活が戻る事を信じている」

各国様々なWithコロナ
この大事な時期で日本はどんな選択をするのか

まとめ

日本は規制を上手く使いつつなるべく広げない対策をして欲しいですねぇ
とはいえ経済回さないと駄目ですし。

これだけワクチンが広がればある程度は安心できますが。
効かない株が来たときのことも考え無ければですし。

いつまで苦しめられるんでしょうねぇ。
ちゃんと薬が出来るまでは…ですかね



タイトルとURLをコピーしました