ガイアの夜明け 感想

『アイリスオーヤマ 強さの秘密を探る!』【今日の「ガイアの夜明け」感想】

今日のガイアを3行で

  • アイリスオーヤマ特集でした
  • 新たな洗濯機の開発をしていました
  • 次々新たな事業を生み出して売上げ1兆円を目指してました

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

アイリスオーヤマは絶好調

簡単便利な家電、マスク、お米まで、その数25000点あるアイリスオーヤマ

コロナ禍でも破竹の勢い

「一気に1兆円のハードルを越えていく」

松下奈緒が見つけた更なる成長の種
今宵はピンチをチャンスに変える絶好調企業を取り上げたガイアでした

新入社員も大勢

東北で桜が満開を迎えた4月1日
ある会社の入社式が開かれていました

新入社員651人(過去最高)

その会社とはグループ29社を抱えるアイリスオーヤマ

それを率いる43歳の社長は大山氏

「新しいチャレンジはどんどんやっていく
 共にこの会社を大きくしていきましょう」と挨拶。

新入社員に聴いて見た

山崎さん
「アイリスオーヤマはいち早くマスクの製造を始めて業績を伸ばした
 その対応力と行動力に惹かれて入社を決めた」

記憶に新しいマスク騒動
新型コロナの影響で店頭からマスクが消えました。

その頃アイリスオーヤマでは重要会議
2020年4月の月曜日でした。
新商品プレゼンの月曜会議

「国内生産商品について報告致します」

役員が商品化するか話し合い社長が即断で決断する会議です。

提案
「世界中でマスク需要が高まり全く足りていない状況
 日本での生産枚数を月1億5000万枚に増やしたい」

マスクを1から立ち上げたいという提案。
投資合計は30億円

それを聞いた大山氏

「かなりの投資になるけれどスピードが命。じゃあやろう
 1日でも早く立ち上げましょう」

即断即決でした。
そして会議から3ヶ月後
アイリス工場にマスクの製造ラインが。
例のない速さ。
月1億5000万枚を生産することに。

早速店頭に並びました。
多くの人がマスクを手に入れる事が出来るようになった。

「国産だし安心」

今やマスクはアイリスを代表する商品になりました。

2020年10月26日月曜日

月曜会議を除くと

「中国から韓国から仕入れているウエットティッシュの国内内製化の提案」

担当者提案はウエットティッシュの国内生産

「2021年もコロナは終わらないかなり大きな市場が残る
 やりましょう」

即決でした。

我々は変化はチャンスと言っている
何か大きな変化がある時にはたくさんのビジネスチャンスが生まれる
それを上手く使い業績を伸ばしたい

話題のノートPC

3月22日月曜日

何かあると思い月曜会議行って見ると

このご時世の提案

「ノートパソコン」

その狙いは

コロナ禍でテレワークの増加とオンライン授業は今後どんどん加速していく。
機能を絞った低価格ノートパソコン
最低限の機能に絞った

「あとはどう売るかだね」

と即決。

機能がなさ過ぎる性能が低すぎて使えないという噂ですが…
私は絶対買いませんね。
売れてるのですかねぇっ

アイリスオーヤマグループ

売上高6900億円従業員15400人

一大企業です
それを育て上げた人物

アイリスオーヤマの大山健太郎会長 75歳

丁度誕生日だったようで。

「後期高齢者になってしまいました若いつもりが」
と、笑顔が絶えません

業績はどうですか?

「皆さんお困りの中で言うのもあれだが絶好調ですね」
「生活スタイルが変わったピンチはチャンスというが
 我々はピンチ”が”チャンス」

そんなアイリスオーヤマ1年密着したそうです。
思いも寄らない物が次々登場します。

家電から日用品まで手がけるアイリスオーヤマ

55年前に作った最初の製品はカキなどの養殖に使う養殖用ブイ

大山健太郎氏が父からプラスチック工場を引き継いで初めて作ったそうです。

その得意のプラスチック製品を世に出していきました。
軽い植木鉢、クリア収納ケース

アイリスの名を有名にしたのは

LED電球(2010年発売)

大手の1/3の値段でだすと爆発的に売れました。

今は家電に力を入れています
リーズナブルだけではなく「なるほど」機能が売り

炊飯器は銘柄別で炊くIHジャー炊飯器。
ブランド米もアイリスオーヤマ。

日用品から大型家電まで2万5000点あります。

そんなアイリスを1代で築いたのは大山健太郎氏
3年前息子の大山氏が引き継ぎました。

コロナ禍でも絶好調の理由

宮城県角田市
小さな町に一際目立つ建物
注目の絶好調企業アイリスオーヤマ本部

8:00 社長が出社。

階段を使い上層階へ。
「気がつくと歩かない事が多いので」

2003年にアイリス入社。
アメリカ子会社のトップなどを歴任し経験を積みました
3年前会社をここまで大きくした父親から引き継ぎました。

今の思いは

「先代に近づかなければと言うプレッシャーはある
 路線を変えて独自色を出すのでは無く
 その現場や変化に応じた対応を心がけている」

売上高
2018年度4750億円でしたが
2021年度8500億円

ほぼ倍にしました。
先代に聴いて見ると

「50年でやった売上を倍増するのだから何も不満はありません」

今は家電が大きな柱

売りは低価格

過剰機能の引き算で使いやすくしました。
安くて機能性が良いイメージ

「なるほど家電。」がキャッチフレーズ

4300円のオーブントースター

何がなるほど?

ピザが焼ける大きさ
この価格帯では珍しいそうです。

ヨーグルトメーカーのポイントは?

牛乳パックがそのまま入れられるそうです。

なるほど

簡単時短で本格的な圧力調理が出来る電気圧力鍋が最近の売り。

「使いやすそうなので買っていこうかなと」

実際の使い心地は?

自動メニューは操作はシンプル。
80種類のメニューに対応します。

ワンタッチで完了

「簡単なんです」

1時間後豚の角煮が出来ました。柔らかい。

「よくできました」
「買って良かった」

今や家電は売上の6割を占めている

1月アイリスグループ決算発表会
家電を強化する事を宣言

「今年最大の目玉は大型家電。
 テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫
 更なる新商品を投入したい」

大型家電は2017年から本格参入。
単価の高い家電に力を入れる事に

開発は大阪で

多くの家電メーカーが拠点を置く大阪
ここにアイリスの家電開発の総本山があります

大阪R&Dセンター

スタッフ120人
「なるほど家電」の開発をしています。
いくつものチームが競い合っていました。

経歴を聴いてみた

「三洋電機で設計を」
「前はパナでテレビの開発」

元大手家電メーカーの人材を積極採用
そのノウハウを活かしている。

2年前に転職してきた山本さん52歳
「以前は大手メーカーで開発をやっていた。洗濯機」

そんな山本さんが取り組んでいるのが

乾燥できるドラム式洗濯機

新しいドラム式洗濯機の開発
実はアイリス2年前にドラム式投入
他社より安い12万8000円です。

低価格を実現するため乾燥機能を引き算

それなりに売れたが…口コミを見ると

「ドラム式は乾燥機能が便利だと思うが乾燥機能なし」
「ドラム式洗濯乾燥機出してほしい」

などと意見されていました。

そこで乾燥機能をつけた新商品開発です。

「大手とは違う切り口でシンプルな感想が出来る洗濯機が出来ないか」

価格は10万から15万

早速改良に取りかかります。
取り付けたのはヒーターとファン
大手は高性能部品を使うが標準的な物に。

洗濯物を入れてテスト

大手メーカーのグレードの高い奴なら洗濯から乾燥まで1時間
しかし3時間から3時間半かかりました。
時間はかかるが乾きます。

「乾いてるこんな感じ…」

綿のズボンはしわしわでした。
綿の特性で乾くと繊維同士がひっつきやすくなる。

大手の製品の中では乾かしながら皺を取る機能も…

値段が跳ね上がる

どう解決するか
大手とアイリスとの違いをこう感じていた

「大手でも技術者一人一人はアイデアを持つが
 千本ノックのようにアイデアを出すんだ考えるんだ
 こういうエネルギーは他ではない」

すぐにメンバーとアイデアの千本ノック。

「縦型では風乾燥が普通にある」
「ドラム式にも採用」
「とにかく色々なアイデアを」
「途中止めてみたるとどうなるかなと
 干してみたら思ったより皺が取れて良い感じ」

気になるアイデアはすぐに試します。
乾燥を途中で止めて少し湿ったままのズボンを干します

完全に乾くと皺はそのまま伸ばして干す事で皺がなくなります。

「干すという作業はいるけどその間他のことをして貰ったり
 寝る前に干せば朝には綺麗な状態にはなっているはず」

細かい皺がなくなります。

完全に完成させた物、途中で干した物を比較すると
綿パンは結構皺が違いました

Yシャツも良い感じでした

その後実験を繰り返し…

80%乾燥させた状態が一番良い事がわかりました。

アイリスオーヤマ本部月曜会議

商品に出来るかの運命が決まる鍵に。
山本さんは大阪からリモートで参加

80%乾燥で皺が取れる新機能

セールスポイントをアピール
乾燥機能付きモデルを追加発売

大手では20万円前後だが148000円で提案。

現物を用意して貰いました

洗濯物が出て来て実物でアピールします

早速確認する社長

「あえて80%で乾燥を停止して皺取りが…
 ふんわり皺取りモードを搭載」

「そうすると乾燥してるといっても
 もう1回物干しで乾燥させるという事?」

「手間をかけて貰う事になる」

「逆に面倒臭いんじゃないの?」

その通りな辛辣な意見でした。

「アイロンなどをかけずにそのまま着用頂ける
 新しい生活ツスタイル提案の機能…」

「100%乾燥できないの?」

「100%機能乾燥もある。それプラスふんわり皺取りモード」

「一応選べるのねお客さんは…うーん
 チャレンジングではあるけど値頃ではあるんですね
 承認しますが、ちゃんと消費者に伝わるように」

条件付きながらGOが出た

「今までに無い切り口の商品だったので
 決済頂けるかドキドキだったけど良かった」
「アイデアを出せば行きいて貰える土壌がある
 新しい事はやりやすい」

3月とあるホームセンター。
あの洗濯機が並びました。

ちゃんと伝わるようにと80%をアピールしてました。
更にCMも作りました

キャンペーン価格12万円台で様子見
皺が付きにくい

「こんなに違うのは魅力的」

まずは順調な出だしでした

「顧客第一は変わらない
 新しい需要が日々発生しているので
 それをいかに早くキャッチするか」

攻め続けるアイリスオーヤマ
悲願がありました。

アイリスオーヤマの悲願

2022年に一気に1兆円のハードルを越えていきたい
「更なる新規市場を創造していきたい」

1兆円まで3000億円足りない状態でした。
20年度6900億円です。
2年以内に1兆円を目指します

今後の鍵を握る事業がありました。

広くて綺麗で格好いいオフィス
天井照明オフィス家具床も全てアイリスグループの商品
BtoB
企業相手のビジネスで急拡大

BtoB事業部はショールームも兼ねたオフィス。

ミーティングは液晶テレビに見えるホワイトボードに記載してました。
ディスカッションしながら画面に書きながら…
カメラが付いている14個のマイクもあります。

これ1台あればテレビ会議オンライン会議も可能です
先週から発売したそうです。
照明は全部アイリスオーヤマのLED証明。

「人の生体リズムに合わせて朝日は明るい夕暮れになる
 自動的の証明をコントロールしている
 ワークライフバランスを保つオフィス」

一番力を入れているAIカメラ事業。

「実際に映った人の性別年代マスクをしているか
 メガネしているかなど色々な情報が取れるようになっている」

AIカメラとLED照明を組み合わせて新しいビジネスを展開しようとしていました。

ユニディ

アイリスグループのホームセンターです。

LED事業部本所さんが来ました。

最新のLED照明を取り付けてました。

ここで通信をして色、明るさを変えたり出来る
自由自在に色を変えられます。
オレンジになったり。

松下さんに説明していたAIカメラ
これで店内の客の行動をチェック出来ます。

実証実験
証明の色を買えて客の行動に変化が出るのか調べる

暖色系
全然変わりますね

実験に協力するのはマーケの第一人者
早稲田大学の恩蔵教授。

照明だけでは無くマーケティング分析をセットにした事業を検討してました。

照明も頭打ちになり第二フェーズ
LED発売から10年 次の10年は照明+α

実験開始

1ヶ月に渡り調べます。
面白いデータが取れている

照明で購買行動が変わるか

今まで通り
温かみのある電球色
昼光色

この3つを1週間ずつ試しました。

どんな事が分かるのか

注目したのはレジ前に置いてついで買いを狙ったバウムクーヘン

その売り上げの変化。
それぞれの色の売上を確認すると

暖かい色が一番バウムクーヘンが買われやすい
売上が11%アップしました。
※昼光色と比較

更にミーティングではコロナ禍のいま興味深いデータ

レジ前の証明の色温度変化
暖色へ変化するにつれスコずつ距離が伸びました。

暖色系には列の間隔を広くする効果も

明るい照明 62.6cm
暖かい電球色 111.8cm

暖かい色の照明ほど他の人とのk寄りを長くとるようです。
離れる事が分かった。

マーケの分析の専門家も興味津々
このデータは素晴らしく綺麗

色々と事件をするけどこれだけ見事に取れる事はない
証明とマーケティング分析をセットにしてスーパーなどに売り込みます。
上手く行けばビッグビジネス

1月28日
売上げ1兆円に向けて
ソフトバンクロボティクスと合弁会社を設立

サービス専用ロボット業界でNo1企業に。
アイリス大山のロゴ付きロボットが自動掃除ロボット
ルートを設定すればそこを忠実に綺麗にします
更に配膳ロボットなども、。

アイリスグループ
まずはロボットを販売する事業からスタート。
ロボットを機に広範囲の社会課題を解決し成長しようとしていました。
大山さん更に更に攻めます

水も

2/18 のアイリスオーヤマの富士山工場
2年以内に1兆円を目指す大山さん
新たな事業に乗り出した

水の製造

富士山の天然水炭酸水
2月から売り出しました

何故このタイミング?

「特に今年は震災から10年で客の感度も高い
 実際に地震が起きたら水がなくなる
 突発的な需要に対応」

大山さんの口から出て来たのは
「先日の福島県沖の地震を受けて更なる投資をしようと…」
5日前に発生した東日本大震災の余震

それを受けて製造ラインを倍にすることに。
先の見えない時代に勝ち続けるにはどうするべきか

社長は
「変化が激しいときは決断が早い会社が生き残る
 事前に予測は出来ないのでその分何か発生した時にいかに早く対応するかがポイント」と語っていました

まとめ

確かにアイリスオーヤマは色々お世話になってます。
ただあのノートPCは…ねぇ?
そんな事を思っていました




タイトルとURLをコピーしました