ガイアの夜明け 感想

『ニッポンの山は”宝の山”!?~カネのなる木が生えている~』【今日の「ガイアの夜明け」感想】

今日のガイアを3行で

  • 山がお宝になるかもしれないというお話について
  • 木材が今高騰していて木材がお金になるかもしれません!
  • 売れないような山でも人によっては価値があるようです

※この記事はガイアの夜明けを見ながら自分のメモ書き的な感じで書いている記事です。

息苦しい世の中ですが密にならない山遊びはどうでしょう

千葉県いすみ市の山林で竹を伐採する男性
梶さん(40)の山です
奥さんと2人の子供の4人家族だそうです。

この山を2020年6月に購入 120坪

鎌倉に済んでいる梶さん一家。
たまに来て山遊びを楽しんでます。

価格は20万円でした

「コロナがなかったら山を買ってなかったかも知れない」
「自粛で家の中で仕事をしていることが多かった
 より開放的な場所に行きたいなと」

今、コロナもあり山を持つのがブーム

切り出した竹で作っていたのは丸太のブランコ。
遊ぶ姿が懐かしい感じを醸し出してました。
夜になると薪を囲んで友人とバーベキュー。

新鮮な魚介類、サザエ伊勢エビなどなど

サザエのむき方を教えたりして、パパの株も上がります。

「この光景は相当良い」
「山を買って良かった。家族も含めて楽しくしている
 この映像が達成感があるやって良かった」

楽しむだけではなく山に価値を見いだす人が増えています。

日本の国土の7割を占める山の魅力の再発見というのが今日のガイアのようです

山いちば

京都市の中心部にあるオフィスビル

山いちば

山不動産を扱う会社

訪ねてみると2坪のスペースにある2人のベンチャー企業。
3年前に会社を作ったのが比賀さん(35)

「創業の年と比べると契約数3.5倍。問い合わせは5倍以上」

山いちばは、これまで30万坪以上の山を売却

そもそもどんな物件が?

売られている中で最も安いのが
和歌山の山。84万円(7700坪)
高い山だと、3321万円(20万坪)

山いちばの特長

生える木の種類や樹齢も公開しています。
高級木材が多い山もあります。
比賀さんは木が投資の対象になると思っていました。

そして航空写真を見るのが日課

「丸い。とげとげしてる。杉だ…こっちはひのきだ」

上空からの画像でどんな木が生えているかを見ていました
儲かる山を値踏みしていたのです。

「同じ土地、同じ条件、同じ広さの山があっても
 木の値段が良い山と悪い山だと値段は5倍違う」

京都市北部の山は4500坪150万円でした

そこで木に抱きついている男性がいました
山を買った人

大前さん71歳
木が可愛くて仕方ないという男性

「孫が4人いる
 買値は150万円だけど良質な杉とひのきが400トンある」

20年後には山の価値が50万円以上上がると見込まれてました
それを見越しての購入でした。

比賀さん
「株みたいに値段をチェックしなくても木は持っているだけで太っていく
 ゆっくりなペースだけど。それが山林投資の1つの魅力」

不動産営業マン時代の比賀さん。
坪500万円以上の高級物件を売っていました。

山は坪単価数十円だが何故拘る?

京都市北桑木材センター

比賀さんは京都で70年続く木材会社の3代目。
杉880本を出品

競りが始まります

1万4000円
1万6000円
2万8000円
あっという間に完売しました。

「この木は2万8000円だったが、5年前だったら1万円台後半」

ここ数年で木の値段が急騰していました。

戦後の復興期は経済の急成長を受けて木材需要が高まり植林されてました

しかし外国産の木やコンクリートが普及して需要が激減。
最盛期の1/5に落ち込みます。
しかし2000年頃から上昇基調となりました。

木造の家が人気となったり建築技術が向上したり。
今では建材として17階建ての木造ビルを計画されています。

建築材として見直されている

木を前面に押し出した建物を見ると良いですよね

国産木材の需要は増える一方だそうです

奈良県吉野郡1万4000坪の山を売ることに。
ひときは高い金になる木があるそうです。
自分の目で価値を確かめに行きました。

「左側は抜けるそうなので、落ちたら命の危険がある」

金になる木は簡単には行けない場所に
慎重に登っていきます。。

1時間歩くと足を止めました。

そこには杉の木が。
住宅の天井や床につかうポピュラーな建材。

「立ってる状態だと5000円~6000円」
「特に良い木は金に見える」

切り出す前の値段を次々に出します。
市場に出すまでに価格は3倍以上

吹雪の中木を査定をしていきます。
撮影スタッフがついて行けなくなった頃山の価値を高める金になる木が。

「細い杉の後ろにあるのがケヤキ」

100年超え

丈夫な上木目が美しい磨くほどに光沢の増すケヤキ。
神社仏閣や高級家具などに使われます。
杉やひのきの10倍の価格で売れます。

「金目の物は見えるので1本だけ光って見える」
「ものすごくいい山。投資対象として面白い山」

現地調査をまとめた資料

土地の価格は坪30円の41万円
立木査定額 195万円

木と土地を合わせて2,368,740円となりました。

木が育てば山の価値は上がります。

東京品川にスーツ姿の比賀さん

奈良の山を買いたい人が現れたのです。
購入希望者は男性会社員50代

「定年後に林業したいと考え山を探していた」

今では珍しいことではないそうです

「ようやく自分に合った物件に出会えた。
 入手できたのがとても嬉しい」

売買の最終的な書類を交わしてネットバンクから入金。

「着金の確認が取れたので領収書です」

山いちばの手数料は売値の3割

山1つお買い上げした光景でした。

「どうせ山を買うなら土地だけでなく自分の財産になる木にもっと注目して買って欲しい」

山で生活をする男性

宮崎県美郷町
山を買った人が

菅原さん39歳

「こっち側がうちの山」

山で色々な事をされている具体的にはどんなことを?

「原木椎茸の栽培。カブトムシ、クワガタなどの飼育
 キャンプ場の運営をしている」
「しいたけミヤマクワガタを送ったので見て下さい」

クワガタ掴む松下さんというレアな姿が。
椎茸は肉厚です。

「木の栄養だけで育っている。他には太陽、水、風。
 自然環境だけで育てる椎茸」

何故クワガタと椎茸?

「子供の頃から椎茸を栽培している場所に行くとカブトムシがいっぱい獲れるのを知っていた
 子供の頃から考えていた。それをビジネスに繋げようと思った」

やってみてどうだった?

「収入は会社員時代より減っているが
 時間や体の負担を考えたら今の暮らしの方が良い
 家族5人が暮らすには十分な収入がある」

好きなことをして暮らせるという事はかなり理想?

「夏休みの延長みたいな感じ」

こういう生活もいいですねぇ。
ちょっと羨ましいです

山王と呼ばれる男

山で大もうけして山王と呼ばれる男性が。

福島県猪苗代町
待ち合わせ場所に現れたのが永野さん
プロ雀士・不動産投資家という肩書き。
30歳です。

実に変わっている人でいきなり並べ始めたのは資格の免許証など。

防犯設備士、危険物
資格を100個以上持つ資格コレクター

変な人でした。
新築の家が買えるか買えないかという時計をしてます。
1000万円のシャネル限定販売の腕時計だそうです。

山でどんな儲けを?

シャネルのフルダイヤの高すぎる腕時計つけたまま雪山の中へ。

「この山は「カネのなる山」」

どこで儲けているか分かる?

鉄塔が建っていました。

「電柱敷地料が入るので自分が買った」

電柱敷地料

山には鉄塔と送電線が数百メートルにわたって横断。
使用料などを東電が支払います。

年間で10万円

1年で10万円儲かる山。いくらで買った?

税込44,000円

濡れ手で粟です。

新潟県にも竹林を持っています
そこではタケノコが取れます。
たけのこを採る人に貸してるようです
それでも設けています。

山を買い出したのは数年前
全国に数百の山を持ってるそうです

「日本の全市町村で山を持つのが目標」

凄いですねぇ…こういう人も

売れる山もあれば売れない山もある

横浜の小さな不動産会社リライト

ちょっと変わった物件を扱っています。

代表は田中さん
取材の最中客がやってきます。、

売主と買主でした。
物件の引き渡しです。

「1円あれば出して下さい」
「それを受け取って下さい」

これで商談成立

売主は埼玉某所にある1円の物件を売却しました

1円の物件は、築50年既に15年あまり空き家。

荒れ果てているが裏山など150坪付いて1円

何故売る?

「何もしなくても固定資産税は出て行く草取りもある
 近所の人たちとやりとりしないと行けないし。
 本当に困る。お金あげても持っていって欲しい」

そういう理由があったそうです。

ただ0円だと贈与になる可能性なので1円で売買してるそうです。

買主が家を買った理由は趣味がリフォームだからだそうで。

こんな1円の取引はよくあることだそうです。

窓に貼っている物件情報には1円がズラッと。
戸建て1円などなど殆どが制約御礼

難あり物件の駆け込み寺

1円の物件を手がけても儲からないと思うが?

「困っているからやってあげたい
 長い目で見ると収益に繋がる」

実は難あり物件の売却から高額物件の取引に繋がることが多いそうです。

そこに千葉在住の男性が助けを求めてきた

「IC近くの山なんですが」

千葉・成田市に住む門井さん45歳

「地元の不動産会社には最初から無理と言われた」
「やっぱり子供たちのためこの子達に背負わせたくない」

「千葉県成田市の山の頂上の一部を所有している」
「竹藪の右側とか…何ヶ所かに点在している」

門井さんの相続は山の一部1000坪。
田畑十数カ所というバラバラの土地。

門井さんの所有された経緯

「4年前に祖父が他界し相続で所有することになった」

杉の木が生えている土地などもありました。

山を所有していて大変なことは?

「道路に木が倒れると片付けないと行けない
 知らないうちに倒れる事もあり連絡が来る。あとは税金
 相続した土地で年間20万円の税金がかかる
 綺麗にするにも大変
 素手では出来ないのでチェーンソーなど道具が必要」

山を持つ苦労というのもありました。

2月上旬
訪ねてきたのがリライトの田中社長

初めての対面
あの売れない山の資料を突き合わせて作戦を練ります
どんな不動産屋も断ってきた物件

「何とかします。今まで売れてない物件がない」

必ず売ると約束して退路を断ちました。

千葉県成田市翌日

田中さんが売れない山を見て回ります

「トレジャーハンティングみたいな感じ」

松下さんの入った場所より奥へ
竹林は結構荒れていました。

「もう倒れている」
「土砂崩れなど起きたとき向こう側が心配」

更に奥へ。
「長靴にすれば良かった」と革靴で。

「こっちは傾斜地。崖になっている
 ガチの服装じゃないと行けない
 眺望も見えない」

荒れ放題の山は田中さんの想像を超えてました。

「これだけの山は素人では管理出来ない
 維持管理をして貰える人に繋いで行くのが大切な事」

山を歩き回る事1時間
売るヒントが見つからなかった

田中さんは学生時代バスケに明け暮れて体力には自信が。

大手不動産会社に就職して営業全国No1目指して駆け回ったそうです。
いつしかノルマ優先主義に疑問を感じて独立。

「誰かを助けられるなら助けられる人でありたい」
「門井さんもそうだが本当に困っている
 本当に困っているときにそれを「はい。さよなら」はできないししたくない」

「他の不動産会社よりも難あり不動産を多く扱っているので
 そういう面でも何とかしてあげるべきだろうなと」

2月中旬
現地に入った田中さん

物件を興味を持つ人を連れてきてました。
脱サラして農業を始めたい30代夫婦

田んぼを案内

「この左の1枚と2枚」
「インターから近くて良いですね。」と好感触。

この流れで山も売り込みます

「山はどうだろう。いる?」
「山林は受け取らなくても良いなら別に僕は…」

結局購入には繋がりませんでした。
一筋縄ではいかない

更に調査していると
「何かいる。鳥かイノシシか」

服やマスクにひっつき虫をつけて調査も大変です。
地道に買ってくれる客を電話で探します

電話している人は…

「購入相談があった人にはアドレスを張っている」

1円物件などを売り買いした顧客リスト

そこから探します
荒れた山に価値を見いだすにはどうしたら

田中さんがあることを思いつきました

2月の晴れた日
田中さんが装備の一団を引き連れて山へ
手にしているのはチェーンソー
木を切り倒していき荒れた山が切り開かれていきます

道でも作るのかと思ったら…

「切りきってしまうと危ない。必ず手で倒すように」

チェーンソーで木を切る練習

チェーンソー販売会社の社長を連れてきました
木を切っていたのはお得意先。
販売会社の社長が客のための練習場所を探してました。

「いくら切っても沢山ある。打って付けの場所
 こういう場所があるとありがたい
 凄く練習できる」と、チェーンソー販売会社GMEの方。

「あまり技術を持ってない人が十分に練習できる
 こういう場所があると色々な作業を試すことが出来る」

山が荒れてることを逆手にとり、好きなだけ切れる場所があると売り込んだようです。

どんな物件でも売ってきた田中さん。

「ざっくばらんにどうです?」と社長に声をかけます。

「いいですね最高です」
「売主としては引き受けて貰える用であれば…」
「買っとくかここ。今答えないとダメですか?」
「じゃぁ買う方向で」

と、話が纏まりそうでした。

しかし実は急転直下。
チェーンソー会社じゃないところからいい話が。
山は購入を前向きに考えたいとのこと。

「何とかなるだろう」

売主
「私に取っては重荷になってた物でも他の人だと
 宝の山だと活用する道が開けたのであればそんなに良いことは無い」

あの山と田んぼは茨城のブドウ農家が苗作りのために買ってくれたそうです。
約束を果たせました

リライトの田中社長
「同じように困ってる人は助けていかないと出来る事はやっていかないと」

「意外とそばに宝の山があるかもしれませんよ」と締めくくられてました。

まとめ

山林も場合によってはお宝になるんだなぁと思いました。
電柱敷地料か…鉄塔となると高いんですねぇ。
なんてのを思いながら眺めてました





タイトルとURLをコピーしました