ウイニングポスト9 2021

サイレンススズカ産駒が活躍【Winning Post 9 2021】プレイ記[048]

  1. ウイニングポスト9 2021のプレイ記録 / 前回までのあらすじ
  2. クラシック勢と主力の戦い
    1. フクスアリ 父:サイレンススズカ 母:マンファス
    2. フクスルーレット 父:サンデーサイレンス 母:フクスナイト
    3. フクスキッド 父:サンデーサイレンス 母:アグネスフローラ
    4. フクスゲージ 父:サイレンススズカ 母:シーキングザパール
    5. フクスシェーディ 父:ブライアンズタイム 母:シーキングザパール
  3. 古馬勢の活躍
    1. フクスヤマブキ 父:Kingmanbo 母:フクスチェイン
    2. フクスストローク 父:エルコンドルパサー 母:フクスソリダリティ
    3. フクスルーラー 父:サイレンススズカ 母:アグネスフローラ
    4. フクスエレジー 父:サイレンススズカ 母:ヒシアマゾン
  4. その他の個別戦績
    1. ヒストリックスター、ポルトフィーノ、ルアシェイア
    2. フサイチパンドラ
    3. フクスクアック 父:エルコンドルパサー 母:フクスソリダリティ
    4. フクスビギナー 父:サンデーサイレンス 母:ウインドインハーヘア
    5. フクスクラブ 父:サイレンススズカ 母:フクスチェイン
    6. フクスエギー 父:オグリキャップ 母:デアリングダンジグ
  5. 2歳馬勢
    1. フクスシービー 父:Kingmanbo 母:フクスチェイン
    2. フクスウーラー 父:サイレンススズカ 母:アグネスフローラ
    3. フォゲッタブル
    4. フクスアーティクル 父:シンボリクリスエス 母:フクスソリダリティ
    5. フクスインゴット 父:サイレンススズカ 母:シーキングザパール
  6. 年末処理
    1. まとめ

ウイニングポスト9 2021のプレイ記録 / 前回までのあらすじ

この記事はWinningPost9 2021のプレイ記録です。

サイレンススズカ産駒が躍動していました。
リーディングサイアーになれそうな勢いで勝利を重ねていました。

WP9 2021プレイ記-0235

うちでいえば、フクスアリが牝馬三冠を狙えそうな位置にいました。

プレイ方針

  • 好きな名馬を購入して大いに楽しむ!
  • 自家生産馬を名馬と競わせて勝利させる!
  • サイレンススズカを自家生産し血脈を作る!

クラシック勢と主力の戦い

牝馬三冠をねらうフクスアリ。
フクスルーレットが海外で躍動などなど色々な動きがありました

WP9 2021プレイ記-0240

フクスアリ 父:サイレンススズカ 母:マンファス

フクスアリは牝馬三冠を獲りに行きました。

ローズS

秋華賞の前哨戦であるローズSは3馬身差での勝利。
そこまで圧倒的な力を持ってないためギリギリですね。
秋華賞も大丈夫かが気になりました。

秋華賞

本番の秋華賞はレジネッタ相手に4馬身差の勝利。
圧勝ではないものの及第点を獲得しました。
これで牝馬三冠をゲット!

その後エリザベス女王杯にでましたが、フクスルーレット、ダイワスカーレットに負けて3着となりました。
一線級と闘うにはスピード不足のようです。
四冠馬にはなれませんでした。

アメリカンオークス

アメリカ遠征は1.25馬身差での勝利となりました。
ギリギリなのでこれ以上上を望むのは酷という物ですが。
最後まで頑張って欲しいなとは思います。

フクスルーレット 父:サンデーサイレンス 母:フクスナイト

(母父:父:ミスタープロスペクター)
フクスナイトはGI8勝の牝馬です。
フクスルーレットはオペラ賞を4馬身差での勝利。
6歳牝馬ですがまだまだ若いもんには負けません。

その後エリザベス女王杯にも出走して優勝をかっさらいました。
牡馬が混じるといまいち勝ちきれずそれ以外のレースは惨敗という結果に終わりました。

フクスキッド 父:サンデーサイレンス 母:アグネスフローラ

いまいち勝ちきれないレースが続いていました。
京成杯AHでは、ジョリーダンスに敗北
中日新聞杯でもフクスフィツカルドに敗北。
後は掲示板も厳しいという助教となっていました

フクスゲージ 父:サイレンススズカ 母:シーキングザパール

サイレンススズカ二世のフクスゲージ。
逃げ馬として頑張ってくれていましたがやはり年には勝てず。
イギリスチャンピオンSでは完敗。
これはワールドチャンピオンシリーズでもあったので仕方ない結果ではあります。

ジャパンカップ

ここでは国内馬相手に勝利します。
マツリダゴッホ、ウオッカなどが相手でした。
まだまだ国内勢には勝てる力を残していました。

有馬記念はもとより距離適性がないレースなので期待はしていませんでした。
ギリギリ4着に食い込んでくれたので良かったです

フクスシェーディ 父:ブライアンズタイム 母:シーキングザパール

フクスシェーディはイギリスチャンピオンSでは惨敗。
長い距離が苦手なので菊花賞は回避
ハリウッドダービーに出走させましたがこちらも2着といまいち勝ちきれませんでした

古馬勢の活躍

古馬勢も頑張ってくれていました。

WP9 2021プレイ記-0241

フクスヤマブキ 父:Kingmanbo 母:フクスチェイン

(母父:シンボリルドルフ)
フクスヤマブキの秋初戦はセントウルSでした。
キンシャサノキセキ相手に勝利して意気揚々とスプリンターズSに挑みます。
そしてフクスストロークにコテンパンにやられました。
そしてマイルCSにもでましたが。
残念ながら3着と好走はするけど…という展開になりました

フクスストローク 父:エルコンドルパサー 母:フクスソリダリティ

母父:ノノアルコ

スプリンターズS

フクスストロークはスプリンターズSから始動しました。
敵はフクスヤマブキ、キンシャサノキセキでした。
結果は2.5馬身差での勝利でした。
GI取れたのは大きいですね!

天皇賞(秋)

スプリンターズSから天皇賞という謎のローテになりましたが。
出走してみたフクスストローク
そしてフサイチパンドラ相手に勝利しました。
ディープスカイや、ダイワスカーレットもいたんですけどね。
ここで勝利出来るとは。

マイルCS

どんなローテだよという流れになりましたが。
マイルCSにも出走します。
そして2.5馬身差で勝利します。

国内GI3連勝。短距離も中距離もお任せあれみたいな。
そんな子に育ってました

フクスルーラー 父:サイレンススズカ 母:アグネスフローラ

サイレンススズカ産駒のフクスルーラー。
府中牝馬S(GII)で2着に2.5馬身差つけての勝利。
その勢いで阪神カップにも出走しましたが見事に勝利。
短距離路線に活路を見出しました。

フクスエレジー 父:サイレンススズカ 母:ヒシアマゾン

こちらもサイレンススズカ産駒です。

メイトロンS

アイルランドに出張して出したレース。
ここではぶっちぎりの勝利だったようです。
アイルランド芝適性もありましたね。

BCフィリー&メアターフ

ここでも危なげない勝利を見せてくれました。
良い感じに海外競馬を荒らしてくれています

香港カップ

締めくくりは香港に飛んでのレースでした。
フクスリベンジも一緒にいましたがこちらは…という結果。
リベンジも残念ながら7着となっていました

その他の個別戦績

その他の馬の個別戦績です。

WP9 2021プレイ記-0242

ヒストリックスター、ポルトフィーノ、ルアシェイア

ヒストリックスター

2勝クラスの名古屋日刊スポーツ杯を勝利しました。
それ以外は…という感じ。

ポルトフィーノ

3勝クラスの奥羽Sを勝利しました。
それ以外は…という感じ。

ルアシェイア

3勝クラスの内房Sを勝利しました。
以下同文…

これらの史実馬はそこまで実力が無い子達なのでこのレベルが限界の様です。

フサイチパンドラ

フサイチパンドラは京都大賞典を勝利しました。

天皇賞(秋)にも出走し2着という結果でした。
大勝ちはしないですが着実に賞金を稼いでくれました

フクスクアック 父:エルコンドルパサー 母:フクスソリダリティ

母父:ノノアルコ
すっかり元気のなくなったフクスクアック。
ヴェルメイユ賞は2着という結果に終わりました。

出すレース出すレース勝てずという感じになってきてそろそろ引退も見えてきました

フクスビギナー 父:サンデーサイレンス 母:ウインドインハーヘア

フクスビギナーは、白山大賞典を勝利しました。
後はこれと言った勝利もなくという結果でした

フクスクラブ 父:サイレンススズカ 母:フクスチェイン

(母父:シンボリルドルフ)
サイレンススズカ産駒のフクスクラブは3勝クラスの甲斐路Sを勝利してやっとOP馬となりました

フクスエギー 父:オグリキャップ 母:デアリングダンジグ

まだまだ頑張っている7歳牝馬のフクスエギー。

チャンピオンズCを4連覇してました。
これだけは強いという謎の強さを見せています。

JBCレディスクラシックも勝利。

ダート女王の名を欲しいがままにしていました

2歳馬勢

2歳馬勢の活躍です

WP9 2021プレイ記-0243

フクスシービー 父:Kingmanbo 母:フクスチェイン

(母父:シンボリルドルフ)
遅いデビューとなったのはフクスシービーでした。
ギリギリの2歳デビューは、大差での圧勝劇でした
クラシック戦線間に合うか…

フクスウーラー 父:サイレンススズカ 母:アグネスフローラ

2歳新馬勝利したのはフクスウーラー。
こちらも遅いデビューとなりました。
圧勝では無かった物のそれなりの成績なので今後が楽しみです

フォゲッタブル

史実馬です。
ギリギリ勝利という感じなのでこれ以上上を目指すというのは厳しいかも知れません。
史実ではステイヤーなので天皇賞春を取れたら良いなぁと言う感じですかね。
菊花賞を目指します

フクスアーティクル 父:シンボリクリスエス 母:フクスソリダリティ

母父:ノノアルコ

フクスアーティクルは、京都2歳Sで勝利。
その勢いでホープフルSへと進みました。

ホープフルS

ナカヤマフェスタやフクスインゴット相手に勝利しました。
1 3/4差なので激戦となりました。
そこまでの力が無い割には頑張ってくれたなぁという印象。
来年のクラシック戦線が楽しみです。

フクスインゴット 父:サイレンススズカ 母:シーキングザパール

サイレンススズカ産駒のフクスインゴット

サウジアラビアロイヤルCを勝利。
東スポ杯2歳Sも勝利。
順調に勝ち進んできたためホープフルSでも勝利すると思っていました。

しかし歯が立たないという状況に…
まさかの敗北で悲しい結果となりました。
サイレンススズカ産駒なので頑張って欲しかったんですけどね。

年末処理

ということで、あっという間に年末となりました。

WP9 2021プレイ記-0244

GI結果

なんだかんだうちの馬が多く勝利していました。
有馬記念がいたいですねぇ。ダスカに負けるとは。

フクスエレジーが海外で表彰

米国で最優秀古馬牝馬、芝牝馬に選ばれていました。

リーディングサイアー:サイレンススズカ

ついにリーディングサイアーとなりました!
サイレンススズカ産駒の活躍が光りましたねぇ。
サンデーサイレンス抑えるとは。
これが続くと良いんですけどね!

引退馬

フクスゲージ

サイレンススズカ筆頭のフクスゲージが引退となりました。
GI12勝という素晴らしい結果を残してくれました。
長く頑張ってくれた良い馬でした。

フクスストローク

こちらも引退となりました。GI7勝という立派な戦績を残してくれました。

フクスエレジー

サイレンススズカ産駒のこちらも引退となりました。
有力なサイレンススズカ産駒がいなくなってしまいましたが。
こちらは繁殖でがんばって貰わなければなりません。
良い子が生まれたらいいんですが。

まとめ

サイレンススズカ産駒が色々と頑張ってくれた年となりました。

来年も有力な史実馬があまりいない展開は続くので自家生産馬がどれだけ活躍してくれるか。
それが楽しみです

※このページでは、コーエーテクモゲームスが権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました